どうでもいい は なし

「調布のあな」のかんちょーこと、川口正志(本名プレイ)がお送りする
「どうでもいい話」or「どうでもいいは無し」
そんな毎日

caroの和訳にちょっとミスある模様「caro」

先週の土曜日に受け取りましたメビウス頒布会ゲーム。
通称「メビウス便」

最近では、頒布会を知らない方も多いようなのでご説明すると、ボードゲームショップの「メビウス」さんが毎月定期的に3~5個の新作ゲームを10,000円~13,000円で発送してくれるシステムです。

・失礼して頒布会案内のページ直リン
ゲーム頒布会

・もうひとつ失礼して今までのラインナップ
過去の頒布会ゲーム

ゲームを始めて間もないころ、ちょっとゲーム欲が出てきたころ。
色んな方が、お店で見たことないような面白いゲームを沢山持って来てくれて「どこで買ったのか?」なんて聞くと、「今月のメビウス便」とか「昔メビウス便で来た」なんて話が良くありまして。
ちょっとスペースの問題などあるので悩んだのですが、結局自分も取り始めました。ちょうど、取り始めて一年くらいでしょうか?

そんな頒布会が今月も届きました。
今月は3点「caro」「エスケープ」「バナナマッチョ」


エスケープとバナナマッチョはEssenで見ていたので知っていたのですが、「caro」はどうにも記憶にない。
記憶にないどころか、BGGにもほとんど情報が無いw

そんなワケで、ちょうど頒布会のお知らせが来た日にメビウスおやじさんとお会いする約束があったので現物見せてもらいました。

■カロ(caro) ★★☆
版元:Noris
作者:Annedore Krebs
DSC_0993.jpg

説明を聞くと、4色の木製タイル(重量感アリ)を並べてくだけのゲームとか。
並べたときの隣の色との組み合わせで点数が即座に入り、各プレイヤー4色×3個の木製タイルを全て置ききったら終了。それだけのシンプルなゲームとかとか。

その日は説明を聞いただけだったのですが、やっと一昨日プレイすることができました!


caroプレイ中
DSC_1019.jpg


確かにシンプルすぎるほどシンプルなゲームですが、非常に悩ましい。
自分の得点を稼ぐためには、ある程度他人の得点も容認する必要があり、そのなかでもいかに他人が稼ぎ辛い配置をするかという考えどころが満点なゲーム。ちょっと長考しがちなので、見かけより長いゲームでした。

草場さんにインストしていただいたのですが、ルール和訳に若干の間違いがあるとのこと。

ルール和訳では「同じ色を斜めに3個以上並べてはいけない」とありますが、正しくは「同じ色を3個まで並べて良い(4個以上並べてはいけない)」だそうです。確かに、3個置けないのは非常に厳しいw

今回は4人でやりましたが、4人だと結構長いゲームなので、2人でガチバトルも面白いんじゃないかと思いました。2人くらいなら時間潰すのによさそう。

派手さはないので、たくさんは流通しなさそうですが、高級感は若干あるので、ちょっとオシャレなインテリアゲーム的な展開が生まれれば、値段も安いし売れるかも?な感じw
ゲーム会的には微妙ですが、個人的にはオススメです。好きなタイプ。

今日は、ルール訂正の部分があったので、ちょっと「どうでもいいは ナシ」でした。

 

第25回 調布のあな

昨日はたくさんの方にお集まりいただきありがとうございました。

飛び込みもあり、43名もの方にお越しいただけました。
途中、会場が手狭になったため、急遽隣の会議室を借りてパーテーションをとっぱらって拡張したりと、バタバタしましたが、楽しかったと何人かに言っていただけて嬉しかったです。

■主宰者持ち込みゲーム達
DSC_1013.jpg

■新作は別の場所にフェイス陳列
DSC_1016.jpg



ゲームもやはり時期的なものかと思いますが、新作を中心に47ゲーム、61プレイとたくさん回っていました。
もしかしたらもうちょっと回っていたかもしれません。見落としていたらすいません!
DSC_1035.jpg


【プレイリスト】※順不同
・すきもの
・ニューアムステルダム
・バナナマッチョ×2回
・キーフラワー×2回
・Caro×3回
・貸モッツァ×2回
・街コロ+
・ウィ ウィル ウォック ユー×2回
・テラミスティカ×2回
・ラブレター
・エスケープ×2回
・テラノバ
・ボードゲームニムト
・蟻の国
・クー
・ディセント 第2版
・ダチョウサーカス
・マウワー
・アフリカ
・ベルサイユ
・ザックンパック
・マインス
・マンカラ×2
・ピッチカーミニ
・ラコタ
・マンションオブマッドネス
・メリクリウス
・ウボンゴデュエル×2回
・12星座ゲーム
・YOMI
・ツォルキン
・いかさまゴキブリ
・秦(QIN)×2回
・チケット トゥ ライド
・クク
・ライナークニツィアのスペクトクラム
・シャドウハンターズ×2
・フリート
・ロンド×2
・ベガス
・小吃大胃王
・ブラフ×2
・ボトルインプ
・オドウィル
・ラミィキューブ
・フォッペン
・ストライク

頒布会のゲームが間に合ったので展開しましたが「エスケープ」は予想どおりなかなかのバカゲー(良い意味で)でした(笑)エッセンで観たときの印象そのまま(笑)

音源を携帯へ落として持って行ったのですが、携帯だと音量が小さく聞き辛かったので、次回はiPadに入れて行こうかと。ただ、iPadだと、直接メーカーサイトから音源を取り込めないんですよね……iTune経由ならいけるのかな?良い方法があったら教えてください。


次回は、2013年1月5日(土)を予定しています!


次回も是非よろしくおねがいします~


今日はちょっとだけ「どうでもいい話」でした。
 

Essen Spiel 2012 四天王

今日は、明日の「第25回 調布のあな」に向けて、主宰としてインストできるように「エッセンの話題作をプレイしておきたい!」というワガママを通すため、突発的に呼びかけたところ、突発にもかかわらず、HTPさん、馬場さん、ひろぴさん、ヒリュウくんの4人の方にお集まりいただきプレイ会を実施出来ました。感謝。

あともうひとつの目的として、勝手にですが今年のエッセン話題作の中でも評判の高い作品「キーフラワー」「テラミスティカ」「ツォルキン」「蟻の国」の4つを四天王と位置づけ、本日はとりあえず未プレイだった「キーフラワー」と「蟻の国」をプレイして、最終的に私的な序列をつけてみようかなと。


結論から言うと、私的には以下のような順位となりました。

1.ツォルキン
2.テラミスティカ
3.蟻の国
4.キーフラワー


ハッキリ言って「ツォルキン」はダントツです。圧倒的に面白い。

DSC_1003.jpg

なにせ手番の行動がシンプル。
ワーカーを置くか、回収するかだけ。
アクションはワーカーを回収する時に発生し、もちろんそのアクション自体は多岐に渡るのですが、それぞれが心地よい分散と収束性を持っているため、アクションの選択肢が多いわりに非常に一貫性のあるまとまったゲームという印象が残ります。

一方で、次点のテラミスティカは、この点で「収束性」より「分散」が際立ち、プレイヤーごとのソロプレイ感がツォルキンより強いと感じます。

945764_1832355235_175large.jpg

ゲームとしての面白さは申し分ないのですが、得点方法も多く1人あたりの手番も長めであるため「みんなでひとつのゲームを遊んでいる」という感覚が薄く、私的には「面白いけど、楽しさは薄い」という位置づけです。
何度もやりたくなるゲームではありますが、ゲームが単純に楽しいからというよりは「三国無双で全キャラクリアしておきたい」といったものと同様の再戦欲でしょうか?


3番目に置きました「蟻の国」は、リソースマネジメントと陣取りを上手く組み合わせた秀作でした。

DSC_1005.jpg

非常にシステムとしては綺麗にまとまっていると思いましたが、ちょっとバランスの面で難しいなと。
と言うのも、ラウンド数(手番)の少なさ、カツカツのリソースマネジメントという2つの「ギリギリ要素」があるがゆえに、初手からかなり戦略を絞って立ち回る必要がある一方で、陣取りの要素で一度計画が阻害されてしまうと軌道修正が非常に難しく、立て直せずに沈む展開になりがちなのではないかと。
実際、半分くらいゲームが終わった時点で「こりゃー勝てないな」と分かってしまう点が残念でした。

ありんこ相撲させて遊んだりしちゃいましたw

DSC_1007.jpg



最後は「キーフラワー」です。

DSC_1008.jpg

これもシステムは独特でうなる部分はあります。確実に。
何がひっかからなったかといえば、方針をある程度決めて立ち回らなければ点数が稼げないゲームであるにもかかわらず、毎季節のタイルはランダム、競りに使うために取得するミープルもランダムという具合にちょっとランダム性が強いかなと。
戦略的な部分と、ランダム性が同居しているといえば聞こえは良いですが、若干バランスがランダム性に傾いている感があり、ゲームのコンセプトとの違和感を覚えました。
まあ、なんといっても、ラウンドが4ラウンドしか無いですから結構このランダム性はキツかったりするのですw


そんな感じで、トレンドと言うか4つ全てのゲームにいえることは「手番が少ないため、まず勝ち筋(戦略)を立てて、ブレないことが大事」ということだと感じるのですが、その「ブレない」をシステム的に素直に実行できるゲームが「ツォルキン」、実行できるがあまりにもプレイヤー(キャラクター)間でバラバラすぎてソロプレイ感が残念なのが「テラミスティカ」、阻害されると立て直しづらく残念なのが「蟻の国」、そもそも方針が立て切れず勝ち筋を狙いにくいのが「キーフラワー」といった感じで、そのまま順位になりました。

あくまで私見なので、楽しさはそれぞれだと思います。
参考程度にしていただければ幸いです。


色々書きましたが、まあ「参考になるかもわからん」ということでw
今日は「どうでもいい話」でしたー

 
調布のあな
次回の「調布のあな」は
8月15日(土)開催となります

詳細&参加表明はコチラ
↓↓↓
http://twipla.jp/events/154272
ただいま紹介期間中です



【調布のあなスケジュール】

・第55回:2015年 8月15日(土)

・第56回:2015年 9月 6日(日)

・第57回:2015年10月11日(日)

・第65回:2016年 4月 9日(土)

・第66回:2016年 5月14日(土)

記事検索
オークション
アクセスカウンター
  • 累計:

Twitter プロフィール
ギルティギア界のそらい館長であり、「調布のあな」のかんちょーです。今は監査のお仕事…でも人を楽しませる仕事にしか興味アリマセン!カピバラさんには超思い入れアリアリアリーデヴェルチ!最近すっかりボドゲ野郎、あとお酒があれば本望!知り合い及びorそらい館知っているという方はリプライ下さい~フォロー返します