どうでもいい は なし

「調布のあな」のかんちょーこと、川口正志(本名プレイ)がお送りする
「どうでもいい話」or「どうでもいいは無し」
そんな毎日

バロニィのはなし【Barony】

▼バロニィ ★★★
(Barony)
版元:Matagot
著者:Marc André
IMG_1102


宝石の煌きを世に輩出したマーク・アンドレ氏による最新作ということで発売前から話題となっている本作。ルール量もたったの4ページという軽さで、到着後早速遊んでみました。 

コンポーネントの美しさに反して、ゲームは硬派な陣取りゲーム。
初期セットアップでは、各プレイヤー任意の場所3箇所に都市と騎士2個を配置してゲーム開始。
手番で出来ることは以下の6つ

  1. 都市を1つ指定して都市に騎士を補充
  2. 騎士を1へクス移動(2個まで)
  3. 騎士を村や要塞に変換(実質個数制限なし)して、土地を占領し資源点チップを得る
  4. 村1つを都市に変換して10勝利点を得る
  5. 騎士を1個ゲームから除外したうえで、ゲームボードの外壁の任意のへクスに騎士を1個配置
  6. 15資源点を支払って爵位を上げる(15勝利点を得る)
できることはこれだけです。
細かい制約がもう少しありますが、出来ることはこれだけ。
いずれかのプレイヤーが最高爵位(公爵)まで到達したら、そのラウンドで終了となります。

基本なにをやっていくかと言うと、騎士を移動させて、移動した騎士を村や要塞に変換し資源点チップを得たうえで、チップに書かれた資源点で爵位を取得したり、資源点チップには勝利点も書かれているので資源点チップ自体を集めたり、都市を建設して勝利点を得たり......とそんな感じです。

また、他のプレイヤーの村を騎士2個派遣することで潰して資源点チップを奪うことなどもできますが、あらかじめ、自分のコマ(騎士あるいは村)が2個へクスに配置されていれば攻撃されませんし、都市や要塞など侵入不可なへクスも出来るので、プレイした感想としては、この攻撃的アクションを成功させないようにいかに防御するか、あるいは攻撃されても影響の無いように資源点チップを管理していくかを考えるゲームになっています。
ゆえに、攻撃がそれほど起きるわけではなく、バチバチになるという印象ではありませんでした。 

IMG_1093


巷で評判のこのゲーム。
個人的な感想を言わせて貰えば、ちょっと無機質すぎるかなと。

同作者の「宝石の煌き」も結構同じ感想なのですが、シンプルさを追求し、システムとしてもスリムでよく出来ているとは思うものの、楽しさが渋すぎる感があると感じます。
それでも「宝石の煌き」は、攻撃的アクションが存在しないため、初心者でもそれなりに勧められる作品ではありましたが、本作は経験値が無いと攻撃的アクションが容易に発生してしまったり、手詰まりになることも予想されるため、シンプルではあるものの出しどころが難しいです。

あとは、初期配置が本当に重要で、ここでかなり経験の差が出てしまいます。
この辺りもちょっと出しどころが難しい理由になりそうです。

ゲーマー向けか?と言われれば、そうだとは思いますが、何分、ゲーム性に華が無いため、今は盛り上がっていますが、飽きる......というか、相対的に別のゲームが選ばれて遊ばれなくなりそうな印象も受けました。
宝石の煌きが既にゲーマー間で率先して遊ばれていない(経験の浅い方のほうが遊んでいる)印象なので......
固定メンツで繰り返し遊ぶのに適したゲームといったところでしょうか。

ゲームはそれなりに面白いと思います。
ただ、ちょっと渋すぎてテンションが上がらないかな~という感じです。
人も選ぶと思います。それなりに重いゲーム、考えるゲームが遊ばれるメンツでも、「面白いとは思うんだけど......」という含みのある感想が多かったです。 


確実に人を選ぶので、購入前に遊んでみることを強くオススメします。


囲碁や将棋が好きな方にはバチっとはまりそう?


そんな感じで、 今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは :-)


マルコポーロの足あとのはなし【Auf den Spuren von Marco Polo】

▼マルコポーロの足あと ★★★★☆
(Auf den Spuren von Marco Polo)
版元:Hans im Glück
著者:Simone Luciani & Daniele Tascini
IMG_1090

ツォルキンでおなじみ(?)のルチアーニ&タスチーニのコンビがハンスより華々しくリリースしたというだけでやらずには居られない作品。

正直、昨年のエッセンで発表したお二人の新作はゴニョゴニョ......って感じだったので、期待半分、不安半分といった気持ちでプレイに望みました

・・・・・・が!

そんな半々精製のバファリン仕様などどこ吹く風。結論から言えば、最高に面白いじゃないですか?!

ってことで、今日も「どうでもいい話」でした

ではでは :-) 



というのは、あまりにも味気ないので、久しぶりの作品紹介エントリをもうちょっと楽しもうと思います。
もうちょっとだけお付き合いくださいませ。


ゲームはダイスを使った変則的なワーカープレイスメント。

IMG_1077


各プレイヤーにはダイスが5つ配られ、ラウンドの始めにまずそのダイスを振り、手番になったら手持ちのダイスを1~3個使って次のアクションから1つ選んで行います。
  • 資源を得る
  • 資源とラクダを得る
  • お金を得る
  • 交易路を進む
  • 契約書タイルを獲得する
フェルトのブルゴーニュのように、ダイス目によってアクションが決まっているのではなく、アクションはどのダイス目でも実行できるものの、大抵は同じアクションなら目が大きいほど高い効果が得られます。

これだけ書くと「なんだ、大きいダイス目が出たほうがいいなら運要素満載じゃない!」と思われるかも知れませんが、ここがちゃんと考えられていて、大抵のアクションは1人のプレイヤーが実行してしまうと、以降同じアクションを実行するプレイヤーは使うダイスの目の数だけお金を払わなければなりません。

交易路を進むためにも莫大なお金が必要で、常に金銭的にカツカツなこのゲームにとって、この「2番目以降のアクションコスト」はバカにならず、特に「効果的にダイス目は3あれば足りるのに6しかない」なんて場面もあって、大きなダイス目が裏目になることも結構あり・・・・・・システムに唸ります。

また、「ラクダ」のリソースを消費することで、ダイスの振りなおしが出来たり、ダイス目を操作する救済措置も用意されているので、単純な「運」で決まるゲームというわけでもありません。

アクションが多く用意されているように見えますが、ゲーム自体は結構シンプルで、結局目的としては、「交易路を進んで街に商館を建てていく」か、「リソースを獲得して契約を達成していく」だけ。
得点要素もさほど多くないので、この決まった目的の中でどれだけ点数を稼げるかに掛かっていますが、ゲームはたった5ラウンドしかなく、本当にカツカツ感溢れるプレイ感です。

志半ばでゲームが終わります。リプレイ欲を刺激するコツを心得た長さです。

そして、なんと言ってもこのゲームのテンション↑ポイントは、全員が特殊能力を持つキャラクタータイルを1枚持った状態でゲームを開始するところ。ツォルキンの部族のようなタイルで、その能力がハンパない!

大体、どのキャラクターも「ルールを1つ無視した能力」を持っています。

分かりやすいところで行くと、「ダイスを一切振らず、好きなダイス目でプレイできる」なんてキャラも・・・・・・もう別ゲームです(笑)


ダイスをじゃらじゃらと振る楽しさ、
加えて、出たダイス目に一喜一憂できるダイスゲームならではの醍醐味、
得点効率を先の先まで手を読んで考えるユーロゲームの深み、
相手とアクションの競合が発生するか否かの読み合い、
カッツカツのリソースマネジメント、
などなど

面白さをパズルのように組み合わせて非常に上手くバランスも取られている秀作ではないでしょうか?

難点を言えば、まあ「物凄く目新しい!」という部分は無いかもしれません。
ディ・スタウファーもそうですが、目新しさが無い分、システムの美しさでカバーしていて、それがカバーの領域を超えているといった印象です。


しばらくは、ゲーム会で「とりあえず1回はプレイ」という感じになりそうです。
ツォルキンに比べて「フードデイ」のような縛りが無い分、精神的にはちょっと楽だったりもします(笑)

まだ流通はこれからかもしれませんが、見かけたら是非遊んでみて欲しい作品です。


そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは :-)





 

今更ですが・・・第52回 調布のあな ありがとうございました!

おいおい!終わってから何日経っているんだよ?!
というツッコミは華麗にスルーしての「調布のあな」エントリです。

開催はゲームマーケットより前の5月2日(土)
実に10日後のご報告となります(汗)

IMG_1056

今回は、カルカソンヌ日本選手権予選も同時に行うことから、部屋を5部屋(和室は2部屋を1部屋に統合)確保し、階数もワンフロアではなく2フロアに別れて行うという荒業的な回となりました。

IMG_1050

 自分持ち込みもいつもよりちょっと多めの多目亭。
 GW初日ということもあり、辺に気合が入っています。

IMG_1052
 
カルカソンヌ日本選手権予選はワンフロア上の階で行いました。
参加者は16人。めでたく2名の決勝進出者を出すことが出来る人数に!
そして、決勝進出を決めたのは「やきにくぼんばーさん」と「根岸さん」の2名!
おめでとうございます!

写真撮らせてもらったのですが、モロ顔見せなので・・・こちらで(笑)



メビウスママさんも駆けつけてくださったのですが・・・写真撮るの忘れた!
写真を撮るクセをつけないとダメですね。

お越しいただき本当にありがとうございました。

IMG_1057

カルカソンヌでかなりの時間席をはずしましたが、特に問題も無く。
有志の方たちが手伝ってくれるお陰で最近は楽させてもらっています。本当にありがたし。

大会があったので多少水増しされておりますが、参加者もほぼ欠席なしの105名様!

調布の魅力は、この出席率の高さだと思います。
欠席の方も、ほぼ連絡いただけるので本当にありがたい。本当にありがたし。ありがたし。

2次会もたくさんの方にご参加いただきました。
ただ、サイゼリヤのパーテーションが若干高くなってしまったため、連帯感の無い席次になり残念。
なるべくたくさんの方と話したいのでふらふらするも、ただの不審者になりそうなので中々難しく(笑)
お話できなかった方、すいません。

そして、いつもありがとうございます!(何回でも言う)


さて、次回も場所は同じくして、日程は6月6日(土)開催となっております。
既に、募集は開始しており、現在65名様の参加表明をいただいております。

定員は72名様とさせていただいておりますので、ご希望の方はお早めに是非。

【参加表明はこちらから】 ※現在は既参加者様経由での表明を受け付ける期間となっています
http://twipla.jp/events/144901

また来月もよろしくおねがいします!

ではでは :-)


【みなさんのtwitterでの反応】

 
調布のあな
次回の「調布のあな」は
8月15日(土)開催となります

詳細&参加表明はコチラ
↓↓↓
http://twipla.jp/events/154272
ただいま紹介期間中です



【調布のあなスケジュール】

・第55回:2015年 8月15日(土)

・第56回:2015年 9月 6日(日)

・第57回:2015年10月11日(日)

・第65回:2016年 4月 9日(土)

・第66回:2016年 5月14日(土)

記事検索
オークション
アクセスカウンター
  • 累計:

Twitter プロフィール
ギルティギア界のそらい館長であり、「調布のあな」のかんちょーです。今は監査のお仕事…でも人を楽しませる仕事にしか興味アリマセン!カピバラさんには超思い入れアリアリアリーデヴェルチ!最近すっかりボドゲ野郎、あとお酒があれば本望!知り合い及びorそらい館知っているという方はリプライ下さい~フォロー返します