▼餌付け ★★★☆
 (Futterneid)
版元:2F-Spiele
著者:Friedemann Friese
IMG_0214

今年エッセンに赴いた吉原さんが現地で買ってきたフリーゼの新作
まだ日本には入ってきていないということで食いついて遊ばせて貰いました。

ゲームはお菓子の奪い合い。
最初に「3」「2」「-1」「-2」「?」の書かれたチップを各プレイヤーは受け取り、それぞれのチップを5つあるお菓子にベットして行きます。このチップの数の合計がそのお菓子の価値となり、もちろん、どのプレイヤーが何のチップを出したか分からないためお菓子の価値を予想しながら奪い合うことになります。
「?」のチップは特殊で、「?」のチップの次に出されたチップの数字をコピーします。

手番が来たらお菓子のストックから2個お菓子を取って一時保管場所に移動させるか、他のプレイヤーの一時保管場所からお菓子を奪うかの2択。ストックからお菓子を取る場合は、前の手番のプレイヤーが2個ストックからお菓子を取れば+1個の3個、3個取っていたら+1個の4個までお菓子を一時保管場所へ移す事ができます。

他のプレイヤーの一時保管場所からお菓子を奪う選択をした場合、奪われる側のプレイヤーは1個だけ一時保管場所からお菓子を獲得し、手元に置いた後、残りの全てのお菓子を渡します。
お菓子を奪ったプレイヤーは奪ったお菓子の全てを獲得し、手元に置くことができます。また、一時保管場所に置いたお菓子も、一巡して手番が回ってくるまでに奪われなければ手元に置くことができます。いずれも手元に置いたお菓子はもう奪われることはなく、ラウンド終了まで確定です。

これを繰り返し、全てのお菓子が獲得された(確定された)ら1ラウンド終了。チップをオープンして得点計算をし、各プレイヤー好きなお菓子を1個除外した状態で第二ラウンド。2ラウンド目も同様に行い、1,2ラウンドの合計で最も勝利点を稼いだプレイヤーの勝利です。

今回は、吉原さん、進藤さん、オクイさん、中尾さん、私の5人でプレイ

IMG_0213

お菓子の価値が分からないので最初は適当にお菓子を取っていくのですが、ストックから順にお菓子を取っていくと獲得できる数が+1個ずつ増えていくので4個、5個とストックからお菓子が取れて「これでいいのかな?先手番不利じゃない?」なんて一瞬みんな思いましたが、実はそんなことはなく。

ストックから一時保管場所に大量に置かれたお菓子はカモでしかなく、確定前に他のプレイヤーが容赦なく奪っていきます。

オクイさん「あれ?これ欲張ったらアカンねんな?沢山ストックから取った人がお菓子殆ど持ってない」

お菓子をストックから取れるのは最低2個からなので、2個とって奪われても痛み分け。3個とって2個奪われたら単純に損することに。こんなことを考えると3個すらストックから取れなくなり、胃キリキリ系ゲームに変貌を遂げます。 

終盤に差し掛かると、各プレイヤー2個獲得がベースとなり、3個すら取るプレイヤーが皆無に。

皆コツを掴んできて、2ラウンド目にはお菓子の個数差はほぼ無く、あとはお菓子の価値次第といったところ。そんななか、かなり獲得するお菓子に偏りを見せていた(そしてそれが成功した)中尾さんの勝利で終了しました。 


----所感
かなり自由なシステムなのに、その自由は見せ掛けの自由で、出来るからといってやってしまうと痛い目を見るという……なんですか?これ人生ですか?w

非常にシンプルなゲームですが、お菓子を確定させるプロセスが悩みどころで、「欲張ると損をする」という主張が中々明確に読み取れます。非常にシステムとしてよく出来ていてお見事。

得点が秘匿情報なので、ちょっと勝ち負けの部分はフワッとしていますが、サクサク進んで非常に楽しいゲームなので、見かけたら是非プレイしてみてください。付属品のお皿とかも良い感じ!

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは :-)