2年ぶりのドイツ、そしてエッセンへの旅を終えました。
今回は前回と違って、エッセンフェアの会場だけではなく、市内を歩いたり食事を楽しんだりと
2回目にして趣の違う旅になったかなと思います。

そんな感じで、今回もドイツ~エッセンの旅路をBlogにまとめたいとおもいます。

あ、「今回も」と言いましたが、前回はmixiの日記に書いただけでしたね……
前回ご興味ある方はマイミク申請でもしてやってください(笑)


■2014年10月14日

▼成田発~イスタンブール(トルコ)経由~デュッセルドルフ(ドイツ)

14日は仕事を午前中で切り上げて成田へ。成田発は22:30予定。
18時頃にakiさんと日暮里で待ち合わせて成田へ向かう感じです。乗換えが無くて非常に便利。
前日まで心配されていた台風もなんともなくて拍子抜け(笑)

成田に着くと搭乗する便の出発が30分早まっている予想外の事態に。まあ早めに空港に行くようにしていたので問題はありませんが、早くなるってなかなかレアなことではないかなと。

ただ、搭乗時間は早かったものの、結局滑走路内でウロウロしていて飛び立ったのは23時前くらいでした。20分くらい遅れ。なんという緩さ。

今回利用した便はターキッシュエアラインズだったのですが、出発前に ふうかさんより「機内食チェックよろしく!」と言われていたので、akiさんと2人で食事に対して真剣に対峙(笑)
ターキッシュエアラインズはネットで評判を探ると賛否両論で、ただ食事はおいしいとの評判もあり、依頼される前から確かに気になるところではありました。

ということで、機内食!

IMG_0699

こちらが夕食(夜食?)
「フィッシュ or ベジタブル(パスタ)」という選択肢でしたが、ウチらの席に来た時にはパスタがもう無いということで2人ともこちら。フィッシュは「鱈」のソテーだそうです。

正直ヤバイ(笑)

味がどうこうより食感がヤバイです。メインのプレートが全部離乳食みたい。ブロッコリーも口の中でホロホロ……ドロドロと崩れるペーストっぷり。
鱈だけはパッサパサでした。一番おいしいのはエビのサラダでした。塩とレモンの味しかしませんでしたが……


IMG_0700


次に朝食(?)
夕食と感想同じ。以上(笑)
やっぱり食感が……


これはヤバイと思いました。行きも帰りもターキッシュなので、こんな内容が続くのかな?と……
そうこうしているうちに、イスタンブールのアタデュルク空港着です。翌朝の5時半くらいでした。


■2014年10月15日

アタデュルク空港はそりゃあもうターキッシュ一色と言っていいくらい、他社線をほとんど見ませんでした。日本人ツアー客も多くて、後方に紛れてツアーコンダクターの話を聞いてみたり。

IMGP4526

バーやカフェも充実していて綺麗な空港。
ビジネス以上のクラスだと専用のラウンジもあるらしく、きっと富裕層はもっと楽しい空港なんだろうなと。

専用のカートやセグウェイがびゅんびゅん走っているのも印象的。

↓こんなの
IMG_0701

このトランジットは3時間あったので、余裕を持ってお茶しながらダラダラ過ごしました。トランジットに余裕があるのは良いですね。前回はハラハラドキドキ1時間トランジットばかりだったので……

アタデュルク空港から発てば、2時間55分でデュッセルドルフです。


到着前にもう一度機内食。朝食?(2)の登場。

IMG_0704

見た目は大体同じ。でも全然まえの2食と違う!美味しい!

真ん中のオムレツ?がふんわりしていて美味しいです。
パイも美味しいし、ただのマッシュルームも美味しい。

特にパンは格別で、底辺がクッキーみたくサクサクでジャム塗って食べるの最高でした。
なんだろう?この差は?

日本で作られた機内食はマズくて、イスタンブール発の機内食は美味しい。
なんとなくホッとはしましたが、日本発のご飯がおいしくないというのは納得いかず。
腑に落ちない機内食の変遷でした。なんじゃこりゃ。

機内では、以前ちょっと気になっていたけど、お金払ってまで観るか微妙に思っていた「幕末高校生」を鑑賞。
そして、予想通りの内容。キャストは好きだけど、内容がどうしようもなかった。終了。

ほどなくしてデュッセルドルフ着。大体20分くらいの遅れ。

荷物を無事に受け取って、さて、ネット繋げてみるか~なんてWi-Fiを試してみたところ問題発生。
全然通信がつながらない。Wi-Fiルータの液晶には「connect」となっているけど、携帯端末は使えない感じ。
マニュアルのトラブルシューティングを見ながら色々試してみた結果、なんとか2G回線で繋げたけど、メッチャ遅くて使い物にならず。

この時点で到着から2時間近く経ってしまっていたので、仕方なくそのままケルンへ向かうことに。
開幕の攻撃強すぎないですか?強キャラすぎないですか?

結論から言えば、ケルンへ向かう電車のなかで設定がうまく出来て通信開通。
事なきを得たのですが、マニュアルにあったトラブルシューティングを全部試しても解決しなかったのは本当に不安でした。

▼ライン川横断~ケルン市内観光~ボードゲーム屋めぐり

今回はケルン観光をはさむべく、デュッセルドルフでノルトライン・ヴェストファーレン州のグループ周遊チケットを購入しました。

IMG_0705

5人まで利用できて41ユーロ。これで特急(ICE、ICなど)以外はトラム(バス)まで州内乗り放題です。
ケルンまで電車1人片道11ユーロくらいかかるので、本当にお得なチケットだと思います。

ケルンではケルン中央駅の1駅手前、ケルンメッセ/ドイツ駅で降りて、徒歩でライン川を渡ることに。
ちなみにケルンメッセ/ドイツ駅の「ドイツ」は国名のドイツとは綴りが違うのでどういう意味なんだろうかなと。
知っている方がいたら教えてください。

IMGP4538


ライン川は本当に広く、川岸に並ぶ街並みも綺麗でした。外国情緒溢れるってやつです。

IMGP4528

渡った橋は「ホーエンツォレルン橋」
橋渡る前に騎士の像

IMGP4536

柵には錠前がびっちり……縁結び?

IMGP4537

ロックシード持ってきて付けたかった(笑)

IMGP4541

程なく歩くとケルン大聖堂が見えてきます。
ケルン中央駅まで歩ける距離です。

IMGP4575

ケルン中央駅前に着くと、本当に目の前がケルン大聖堂で圧巻です。

IMGP4546

IMGP4551

大きすぎてフレームに入りきらないので、当然……

IMGP4547

こうなります(笑)
一生懸命ケルン大聖堂をフレームに収めようとするakiさん。

大聖堂まえも賑やかで沢山の人の往来があります。
IMGP4550

ここで荷物をロッカーに預けてケルン観光へ。
ロッカーも変わっていて、車の立体駐車場のように入口が一箇所で、中でグルグルと回って収納する機械でした。使い方が微妙にわかりませんでしたが親切なおばさまに教えていただいたり。
みなさん親切。

まずは目の前の大聖堂の中へ向かいます。

IMGP4552

IMGP4567

とにかく壮大です。でかいです。この遠近感が素晴らしいです。

IMGP4554

IMGP4556

IMGP4574

ステンドグラスも非常に精巧。
近くで観ると感動します。

IMGP4557

IMGP4562

他にも聖母像やら棺やら。
時間がなかったので宝物庫と上層階はパスしましたが十分楽しめる内容でした。綺麗。

ここから、しばらくはakiさんのリクエスト観光。
しかし、観光のまえに、ドイツといえばこれ!

IMG_0713

K@MPUSのサンドイッチで腹ごしらえ!
2人の一番のお気に入り。むしろこれしか食べないのです(笑)

ケルンルードヴィヒ美術館とローマ・ゲルマン美術館を横目に見て、向かうは「ヴァルラフ・リヒャルツ美術館」

途中、ケルンの旧市役所庁舎まえで結婚式をしているところに遭遇

IMGP4577

旧庁舎はかなりカッコイイたたずまい

IMGP4578

こんな感じです。

オーデコロンの店「ファリナハウス」へも寄ってみてakiさんのお母様へのお土産を物色しましたが、オーデコロンはいかんせん男性用の香りなので、お母様には合わないと断念。

オーデコロンって「ケルンの水」って意味らしいです。確かに「ケルン」って英語読みしたら「コロン」に読めますね。納得。

ヴァルラフ・リヒャルツ美術館には少量ですがモネやレンブラントの絵が所蔵されており、ムンクの絵なんかもありました。ただ、普通のビルのような建物で、ぱっと見美術館に見えず、ぐるっと区画を回って探してしまう建物でした。オーデコロンの店の斜向かいにすぐあったんですけどね……

美術館を観覧したあとは、やっと私のターン!
ボードゲームショップめぐりです。

トラム9号線を利用してホイマルクト→ツルピッヒャープラッツ近くにあるSpielbrettを目指します。

IMGP4581
 
トラム!トラム!

IMGP4583
 
Spielbrettは、ツルピッヒャープラッツ駅からトラムの線路沿いに道を進み、2つ目の信号から右手前の道を覗くと看板が見えます。

IMGP4584

IMGP4585

ゲーム屋や!

中は地下2階まであり、1階と地下1階は新品が置いてありますが地下2階はちょっとした個人倉庫のように雑多に中古品が置かれています。
AMIGO版のパトリツィアや、メディチあたりの若干レアなものも多く、とりあえずビッグショットを手に取って購入。
シシミジとかもあったけど、某氏以外反応しなさそうなので見送り。
他に新作の「ラ・イスラ」と「ベガス・ブルーバード」も購入。翌日の購入物(荷物)が減らせるように買えるものは買っておこうかなと。

つぎにWORTSPIELへ。
こちらは、先ほどの信号までもどって、トラムの線路沿いに歩いた左手にあります。
すぐ近く。この辺は数年前に、おのさんとふうかさんの辿った軌跡です。

IMGP4586

IMGP4588

こちらは「ゲーム屋」というより「児童書専門の本屋」もしくは「おもちゃ屋」といった感じ。
ゲームはあまり置いていませんが、マニラの未開封品が棚のうえのほうに積んでありました。
再販がなければ買っていたかもしれません。なかなかにレアな一品。 

次にトラムに乗って1駅戻ってhive worldへ。

IMGP4589

IMGP4592

品揃えはこの店が抜群によかったです。

IMG_0714

絶版の浅いゲームなら多少ありますし、既存品のラインナップはフリーク寄りです。
ケルンに来たらマストで寄る店だと思います。

ここでもう18時を結構回っていたので時間切れ終了。

ケルン中央駅へ戻ってあとは帰るだけ

だったのですが!

ストライキだか不発弾だか知りませんが、電車がストップし帰れない状況に。
結果的に40分くらい遅延して、しかも各駅しか捕まらなかったのでViseさんとした夕飯のお約束はキャンセルすることに。ほんとすいません……

でも、ケルンの駅は非常に綺麗でした。写真撮る時間はふんだんにあったのでパシャパシャ。

IMGP4594

IMGP4595

IMGP4596

なんとかエッセンにたどり着いたのは22時ころ。
店もほとんどやっていなかったため、エキナカの適当なパン屋でサンドイッチを買って夕食としました。
適当に買っても美味しいからドイツのパン食、侮り難し。

 IMGP4600
やっと着いたエッセン中央駅

IMGP4598

今回泊まったメーベンピック ホテルエッセンはエッセン駅の目の前という好立地です。
郵便局も近くて素晴らしいです。

チェックインして、一昨年と同じようにガウンに身を包んでチェアーに腰掛け「優雅ごっこ」を堪能しようかと思いましたが、シェラトンと違い、アメニティにガウンが無かったため断念。

疲れていたのでそのまま寝てしまいました。

一日目からどっと疲れたドイツ旅。
翌日からは待望のエッセンフェアです。


どうでもよく つづく :-)