ゲームマーケット出展情報その(6)でございます。
そろそろ終わります。ネタもないですshine! 

【追加事項】
  • SOQさんからツォルキン届きました!
    IMG_0816

    2セットございますが、先着の方にちょっとしたオマケがあります。
    おたのしみに!

【持ち込みゲーム個別紹介】 第五弾

これで最後になります。
紹介できていないものも少しだけありますが、まあ、大体ご紹介できたと思います。

IMGP4781サンマルコ
アランムーンの傑作エリアマジョリティ

ベネツィアを舞台にカードの分配・使用・エリアマジョリティ・決算を行う傑作。特に親番のカード配分は、相手が何をしたいか、自分は何ができるかのバランス取りが非常に悩ましくも面白い仕上がりになっています。
ボードのアートワークも綺麗で非常に所有欲をくすぐられる作品です。

海外でも評価が高く、ちょい高めくらいで安定していますので、高騰前に是非。


■エルカバレロIMGP4778
エルグランデのクラマー&ウルリッヒが作ったタイル配置ゲーム

カルカソンヌ+エルグランデ(風味)という説明がしっくりくる作品。
基本は地形に沿ってタイルを配置し、騎士カードを使ってミープル代わりに騎士タイルを配置するといった具合。アートワークはエルグランデを彷彿とさせ、システムはカルカソンヌを匂わせるという作品。
箱に若干ダメージがあるのでお求めやすく提供させていただきます。 


IMGP4783■マカオ
俗に言う「苦しいフェルト」最近のオススメ

このゲームも絶版というのですから、本当に絶版早い。ドイツアマゾンで購入した日が懐かしく。
毎ターン増えてくるノルマとそのノルマを達成するための資源のままならさが非常に悩ましく、「もっとこうすればよかった」という後悔とリプレイ欲が押し寄せる作品です。

ちょっと印字ズレがどうしても出てしまうので調整が必要なものになるのですが、カードの和訳シールをお付けします。


■ タージマハルIMGP4784
クニツィアによる比較的重めの作品

カードを使って宮殿を建てたり、交易品を集めたりしながら得点を重ねていくゲームです。
各ラウンド、各アクションで最も多くのカード(シンボル)を場にプレイしたプレイヤーがアクションの権利を得ますが、プレイ枚数に制限が無いところがミソで、あまりカードを使ってしまうと以降のラウンドが不利になり、かと言って中途半端に出してしまうと無駄になった時のダメージが大きいというジレンマがあります。名作です。

クニツィアの看板抜きで面白いと思います。


IMGP4782■フォレヒュッテ
ドーラによる店舗経営的なお金稼ぎゲーム

店に座席や施設を増築して客を呼び込む経営ゲーム。
呼び込んだ客は他店に奪われても、基本お勘定をして去ってくれるのでとりあえず呼び込むことが先決です。
呼び込んだ客は出ていかないとお勘定はしてくれませんが、店に多く留まっているときに手番を捨てて決算をすれば、客の数に応じたお金が手に入るので、呼び込みと決算をうまく使いこなすことが目的になります。

プレイ感覚が結構独特で面白いです。隠れた名作ではないでしょうか?
若干箱にダメージがありますので、お求めやすく提供します。 


■ディ・マウワーIMGP4786
一風変わったバッティングゲーム

「ディ・マウワー」は英語で言えば「The Wall」つまり「壁」です。
バッティングゲームですが、親はバッティングさせるように、子はバッティングしないように立ち回るところが面白いです。
こちらもちょっと前まではあったのですが、もう市場からほぼ消えています。お求めはお早めに。 



IMGP4780■ 石の家
「石」を競り落す独特な競りゲーム

基本は、3種類の競りで「石」を競るゲームですが、この「石」を何に使うかと言えば「積んで家を作る」ために使います。故に、競り落す石に価値があるわけではなく、要は「積みやすそうな石」を競り落すというなんともバカバカしいゲームです。しかしながら、ゲームを始めるとみな真剣に石の鑑定を始め、これが実に面白いゲームです。

こちらもあまり市場では見かけなくなってしまいました。この機会に是非。 


■ワイアットアープIMGP4779
記念すべきAleaの小箱ナンバリング1

他のプレイヤーと協力しながら、それでも自分だけ相手を出し抜いて賞金を稼いでいくゲームです。
自分用に購入しましたが、よく見たら持っていた……というよくあるアレです(笑)
ちょっと箱にダメージが見られますので、お安く提供します。

買い逃している方がいらっしゃいましたら是非。



IMGP4787■楽しい動物園
本当にたのしい?動物園

手番順を競って、先手番から欲しいタイルを獲得し自分の動物園を作っていくゲームです。
同じ動物を隣接するように固めたり、ベンチを設置したり、樹木を植えたりと思い思いの方法で得点を重ねていきます。
競りがとても難しく、タイル配置によっては元手が圧倒的に足りなくて不利になるので、ドイツ人から「最低保証賃金として1金毎ラウンド全員もらうようにすると良いよ!」とアドバイス貰いました。
是非ためしてみてください。

最近、リメイクが出ていたような?このゲーム自体もズーシムのリメイクですが……


■ビッグショットIMGP4785
ランドルフによる苦しい競りゲーム

競りの相場を考えると共に「借金の限度」を考えなくてはいけないというなんとも借金まみれなゲーム。全員がマイナス得点なんてこともしばしば起こります。
比較的サックリ終わるので、1回目は様子見で2回まわすとまた面白い展開が味わえるでしょう。

こちらも絶版になっています。ケルン観光中にシュピールブレッドで見つけてきました。



IMGP4788■ブラックロック城
落とし穴のギミックが秀逸なギュンター・バースの傑作

バースは「ミスターダイヤモンド」などもそうですが、本当にギミックが素晴らしく。このゲームも落とし穴を見分けるゲームですが、本当にちょっと経つと分からなくなります。バランスも良く出来ていて、置き方によっては発動しないなど、簡素な素材で良くここまでといった感じです。

今回はフランス語版の未開封品と、ドイツ語版の箱ダメージ品をご用意しました。
興味のある方は是非。 


■ビッグディールIMGP4790
手番で自分のリソースをこねてこねてコネ繰り回すゲーム

手番では資源の購入売却以外は何を何回やってもOK!この自由度ゆえに理解されず埋もれていたゲームですが、理解するとこれほど面白いマネジメントゲームはないなという印象。
「もう手番ですることがない」と思っていても、実はまだまだ出来ることが沢山あって……なんてことになりがちで、その奥の深さにうなります。 

残念ながら絶版ですが、広めたいので取り寄せました。「こねこね経済ゲーム」を是非体感してみてください。 


と、長々と紹介させていただきましたお持ち込みゲーム。
若干漏れているものもございますが、それは当日のおたのしみということで、この辺でお持ち込みゲームの簡単なご紹介を締めたいと思います。

長々とお付き合いありがとうございました。

※ゲームマーケットの話(Blog)はもうちょっとだけ続きます

11月16日(日)は、H35-36という比較的待機列の入口からほど近いところにブースを構えておりますので
是非、お立ち寄りください。
また、朝からのご参加ではないという方は、入口から直進していただいて、一番奥の通路を右手に曲がっていただければ、ブースがあると思います。
是非、よろしくおねがいします。


そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは :-)


▼ゲームマーケット2014秋 関連エントリ一覧