最近は日本でもクラウドファウンディングでゲームを作る話がちらほら聞こえてきていますが、いま世界的に盛り上がっているのはやはり「キックスターター(Kick Starter)」ではないでしょうか?

私の周りでもキックをしている方をチラホラ見かけますが、私は今まで手を出していませんでした。
と言うのも、ちょっとお値段的に魅力をあまり感じないというのが正直なところで……

あくまで出資なので割安感はなく、出資額がトータルで多くなると色々オマケが付いてきたりもしますが、基本的にあまりオマケにも興味なくて、「ゲームが遊べればいい派」の私は手が出ない状況でした。

そんな折、送料込みたった5ドルで買えるゲームがあるということで初の出資となった次第です。

▼出資したゲームはコレ
photo-little (1)

▼動画

「5ドルやす!」と思いましたが、なんてことはない、クレジットカードサイズのボード(カード)とルールのみです。それでも送料込みで5ドルは安いと思いますがそれだけです。

しかし、かなり出資が集まっているらしく、オプションでコイン(ボール紙)とコインのシールが付いてくるとあり、更に割安感が出たのでキック(出資)しました。始めてのキック。

実際にキックしてみると、非常に簡単で、「Facebook」と「Amazon」のアカウントを持っていれば、ほぼ何の登録も無しに出資できてしまいます。参入障壁が低すぎてビックリ。この手軽さ、流行る理由が理解できました。日本のクラウドファウンディングのシステムってこの辺りどうなんでしょ? 

ボードゲームは製作に結構なお金がかかるため、どうしても国内生産品はカードゲームが主流になってしまっていますが、クラウドファウンディングがもっと流行って国産でもボードを使った骨太なゲームがたくさん出てきたら嬉しいですね。期待です。

そんな感じで、今回も「どうでもいい話」でした。

ではでは :-)