▼銅鍋屋 ★★★☆
 (Kupferkessel Co.)
版元:GoldSieber
著者:Gunter Burkhardt
IMGP3579
 
2人用として評判の良い「銅鍋屋」が届いたので、早速開けてプレイしてみました。

コンポーネントには15種類の怪しげな材料が描かれたカードがそれぞれ4枚ずつ(各1~4の数字が振られています)、計60枚と、黒と白のコマ、4枚のコーナーカードのみ。

まず最初にカードを6×6の配列で並べていきます。コーナーのみ別に4枚用意されているコーナーカードを使い、あとはランダムです。残ったカードは山札として、各プレイヤーは山札から1枚カードを獲得してゲームスタート。

手番が来たら、カードに書かれている数字だけコマを動かします。動かす場所は、カードを並べた外周で、辺1枚分の移動で1コマと数えます。コーナーのみ、辺の数(実質2辺ありますが、1辺とカウント)は無視して1コマと数える感じです。

次に止まった場所の列にあるカードを1枚得て手持ちのカードに重ね、カードを取った場所に山札カードを補充します。止まった場所がコーナーだった場合はカードは獲得できません。これで手番終了。次の手番では重ねたカードに書かれた数字分また外周を進みカード獲得を繰り返し、山札がなくなって補充できなくなった後、いずれか1列が枯れた時点で終了となります。

得点は、カードに書かれた数字に依存し、同じ材料のカードを何枚持っているかで難点入るか決まります。
  • 1枚しか獲得していない場合
    書かれている数字の合計分マイナス点
  • 2枚獲得している場合
    数字に関係なく0点
  • 3枚獲得した場合
    書かれている数字の合計分プラス点
  • 4枚(全て)獲得している場合
    書かれている数字の合計+5点分プラス
更に、1の数字が書かれているカードをより多く獲得したプレイヤーは+5点獲得し、数字の背景が自分のコマの色と同じカードを獲得している場合、そのカードの得点は2倍でカウントされます(マイナスも2倍)

他に、厄介なカードとして「爆弾」の描かれているカードがあり、爆弾カードを獲得したら相手の獲得した一番上のカードを廃棄させることが出来ます。魔女の帽子が描かれたカードは獲得すると手番にもう一度移動することが可能です。

今回は、akiさんと2人プレイ 

IMGP3562

とりあえず自分のコマと同じ色のカードは得点が倍なので積極的に狙うことに。akiさんも同様で、あとは枚数も気にしなければならないため、2枚以上の獲得は最低限考えないとなと……

しっかし、イキナリ悩ましい。
ほしい材料を欲望のままに獲得しに行くと、次の手番に進めるコマ数がどうにも美味しくない。材料ごとの枚数あわせもありますが、とにかく多くカードを得る方が有利だと思ったので、不用意にカードを獲得してコーナーストップしてカード得られないターンを作ってしまうと単純に不利になる予感。

でも、あのカードはほしい!!

みたいな、論理的思考と単純な欲望が本当に葛藤しますw

akiさんも考えがちですが、こちらから見ている限りでは順調に枚数を重ねている様子。私は、セットコレクトをちゃんと完成させたい欲が勝り、たびたびコーナーストップで離されて行く感じ。

更に、akiさんいやらしく「爆発」のカードを獲得してこちらの計算を狂わせてくる!あああ

「4」の数字が書かれたカードを爆発させられたりすると(しかもそれが既に得点圏内だと)本当にお通夜な気分になります。なんという悔しいゲーム。 しかもakiさんは、私が揃えると得点が倍になる白いカードの数字4を爆発させてくれて、本当にお通夜終わって涙溢れる告別式モード。 

結局、こちらは効果的な妨害も出来ず、そのまま大差で負けてしまうのでした。この手のゲームでakiさんに負けるのはちょっと悔しいw


----所感

「なんともよく出来たゲーム」というのが第一印象。

「取りたいカード」と「必要なカード」は大抵合致せず、強烈なジレンマを伴います。また、先々を見通した立ち回りが必要になりますが、考えれば考えるほど思い通りに行く気がせず、その効率性が正しいかも解らなくなってくるという……「わからないや」と思わす苦笑してしまうくらい頭の中が混乱するゲームです。

そんなゲームなので、もっと気軽にカジュアルに遊ぶのも楽しいかもしれません。カジュアルに遊んでもそのシステムの秀逸さはきっと体感できると思います。

こちらの「銅鍋屋」は絶版品で、海外でもそこそこ評価が高いためちょっとお高めですが、最近「Glastonbury」というリメイク品が出ているそうです。ルールは変わらずに4人まで遊べる仕様とのこと。ただ4人だと戦略性が落ちるらしく、推奨は2人だとか。近々メビウスさんで扱うのかな?って感じ。

リメイクされたら是非遊んでほしいゲームです。

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした

ではでは :-)