▼ブロックス3D ★★★
(Blokus 3D)
版元:Mattel(ビバリー)
著者:Stefan Kogl
IMGP3721
 
おなじみ「ブロックス」の3D版。
3Dになったことでかなり仕様が変わっていますが、根本はブロックスを外していない感じです。

ブロックス同様、自分の色のブロック同士が接するように今回は2人なので4段を上限にブロックを置いていきます。全てのプレイヤーがブロックをおけなくなるか、全てのブロックを置ききったらゲーム終了。

面白いのはここからで、ゲームが終了したら真上から盤面を確認しより多くのマス目分見えているプレイヤーの勝利です。ちなみにブロックが余ってしまったら余ってしまった個数分だけマイナス点となります。

今回はakiさんと2人プレイ

IMGP3565
 
4段制限は結構絶妙で、ブロックによっては立てて置いてしまえばすぐ得点になりますが、ブロックされやすく、次の手が打ち辛いので迂闊なことはできず。でもチャンスがあれば狙っていきたい気もするので悩みどころ。

逆に1段目だけ埋めると大抵重ねられてしまうので置き損になりますが、2人プレイだと底辺が埋まらない可能性もあるので、1段目がそのまま上から見えてしまう可能性も考えられ……どこに置いても置き方次第で得点が狙える良い仕様。

ここに最初気付かずに、てんとう虫のように上へ上へと伸ばす私とakiさんでしたが、横に伸ばさないと選択肢がどんどん狭くなることを悟り、一足先に横広がりへシフトする私。

案の定、akiさんは横に広げ難くなっていて、何回か置こうとした場所にブロックが置けず(自分のブロックと面していないため) 私の低層のブロックを上書きできない状況に。

これが響いたのか、そもそも2人だと点差がつき難いのか、わずか2点差で私の勝ち。
思ったより僅差だったのでお互い穏やかに終われました(?)w


----所感

実はあまり良い評判を聞かないブロックス3D。

言われているほど悪く無かったです。むしろ面白い。
これを4人でプレイするとちょっとマイナス評価になるのでしょうか?気になるのは後手番が圧倒的に有利なので、その点だけ何か制限がかけられないかな?というくらいで、他は見た目のよさ、ほどよい軽さ、ちょっとした思考が必要になるところもあり、悪くないと思いました。 

あと、2人で気軽に出来るのもよいですね。
普通のブロックスだったりネクソスだったりを2人でプレイしようとすると、1人2役しなければならないので。
個人的にはオススメです。

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは :-)