どうでもいい は なし

「調布のあな」のかんちょーこと、川口正志(本名プレイ)がお送りする
「どうでもいい話」or「どうでもいいは無し」
そんな毎日

2012年12月

2人でゲームもいいもんだ 【オドヴィル:奇妙な村】

世の中はクリスマスだのなんだのと大盛り上がり(?)でございましたが、ワタクシ達は、普通にご飯を食べ、普通にゲームをする週末でございましたw

ということで、実は初めてじゃないか?という2人でガッツリとゲーム会。
もちろん、2人専用のゲームを2人でプレイすることはありますが、3人以上でも遊べるゲーム(むしろ2人プレイの方がイレギュラーなゲーム)を2人でこんなに回したことは無……カルカソンヌ結構やってるかも?w

ま、まあ、そんな感じで結構イレギュラーなのは確かでw
通常4人でプレイ推奨のゲームがどのくらい2人で遊べるのか不安もありましたが、思っていたより遥かに楽しくプレイ出来ました。
デザイナーさんの力量に感服するばかりです。はい。


▼オドヴィル:奇妙な村(Oddville) ★★★
版元:What's Your Game?
作者:Carlo Lavezzi
DSC_1084


Raelさんが先日「調布のあな」に持って来ていて、推し推ししていたゲーム。
とりあえず値段も3,150円と手ごろだったため購入してみました。
今回は前述したようにakiさんと2人プレイ。


自分の手番で出来ることは、全員共通の、手札となる4枚の「労働者カード」を1枚プレイするか、「オドヴィルの村を発展させる」か。

労働者カードをプレイした場合は、1枚に基本「お金」「資源」「建物」のアイコンが記載されており、いづれか1つを選んで事項する。4枚ある労働者カードはそれぞれ得られる資源やお金の数、または無料で得られる建物が違うため(単純に1~4段階のレベル分け)たとえば、有利な建物を得るためには、同じカードに書かれているお金や、資源をあきらめなければいけなかったりするわけです。

基本、4枚使い切りで手元に戻ってきますが、手札に残った労働者カードの枚数分お金を払うと、即座に手元に全ての労働者カードが戻ってきます。強い労働者をすぐに使いたいなら有効なのかな?

オドヴィルの発展は、労働者カードで手に入れた建物を、これまた労働者カードで手に入れた資源を使って村に建てるアクションです。建てた建物は即ち勝利点となり、誰かが6つ建物を建てたら得点計算しゲームが終了。

建物には勝利点のほかに、建てた際に資源がボーナスでもらえたり、ギルドカード(プレイヤーに有利な特殊能力を毎ターン使えるカード)がもらえたりもします。更に、建てた建物が隣接する建物と道でつながっていると、つながっている建物のボーナスも得られます。(ギルドカードは除く)

そんな感じで、要は労働者カードで資源と建物を得つつ、得た建物を村に建てて発展させて勝利点を稼ぐゲームです。


ルールブックを読み合わせしながら、お互いゼロからの開始でしたが、akiさんは少々複雑に思えたらしく頭に?マークがw

2人プレイだと、資源の競合があまり発生しないため、お金の有用性が低く、かなりアッサリしたプレイ感でしたが、手番に何をプレイするか?という部分が非常に悩ましく、先を見越して運用していたつもりが、他のプレイヤーに無意識に阻まれてしまったりなど、発展させる対象が1つの村であることから、プレイヤー間の干渉も適度にあり、非常に楽しめました。

ゲーム後にakiさんと話したのですが、やはりお金が必要になることで、選択がさらに悩ましくなりそうなので、4人でプレイした時どのようになるのかちょっと楽しみという話になりました。

次回のゲーム会で勧めてみようと思います。
是非、遊んでみてくださいませ。

そんなこんなで、今日は「どうでもいい話」でした。

ではでは
 

素晴らしき行動力

遅ればせながら、先ほど「スペースアラート 日本語版」のプレオーダー入金を済ませました。

・スペースアラート(GEEKより画像転載させて頂きました)
pic951467_md.jpg


ご存知の方も多いと思いますが、「スペースアラート 日本語版」は、澤田氏個人の企画としてNew Games Order協力のもと実現した商品です。

▼詳しくはコチラ
SPACE ALERT 日本語版プレオーダー募集


正直、このゲームをやったことはありませんし、自分の中で「宇宙」をテーマにしたゲームはそれだけで2割くらい評価が下がる(要はあまり題材として興味が無い)ので、スペースアラートの日本語版がどうしても欲しいわけではありません。

もちろん、だからと言って全く食指が動かないゲームというわけでもなく、ゲームのシステムについては理解し、興味は持ちました。そしてなにより、この個人活動レベルから日本語版を作ろうという行動力は称賛に値すると感じ、プレオーダーに参加した次第です。

あまり儲けは考えていないようですが、願わくば、少し儲かって欲しいですね。

今回のような活動に限ったことではありませんが、儲けなしで続けてしまうと、消費者は良いでしょうが制作者が息切れしてしまいますし、長くは続きません。
こういう行動力と頑張りに正当な報酬が伴う業界になってほしい。
ちゃんと儲けが出て、今後も同じような動きがし易い土壌ができるといいなと本当に思います。

きっとそれは、消費者にとっても良い環境であると思うので。


ボードゲームシーンも日々新しい展開があって本当にワクワクします。
次は日本メーカー発の有名デザイナーによる完全新作ゲームですかね?

あ、ランドルフの作品が既に大昔にありますねw
アラレちゃん……


ということで、今日は若干「どうでもいいは無し」的な感じで。

ではでは
 

エスケープをプレイしてみた【エスケープ】

以前、ゲーム会でプレイされていたのを紹介した「エスケープ」を実際にプレイしてみました。

▼エスケープ ★★☆
(Escape: The Curse of the Temple)
版元:Queen Games
作者:Kristian Amundsen Ostby
DSC_1050.jpg

10分間でプレイヤー全員が寺院から脱出できたら勝利。
ひとりでも脱出できなければ敗北という完全な協力ゲーム。

内容については以前の日記を

残り10ミニッツの戦い「エスケープ」

実際やってみると非常に難しいですねw

本当に10分があっという間です。宝石の活性化に時間掛かるのはもちろん、移動するだけでもかなりの期間を要するためかなり計画的な拡張が要求されたり、そもそも拡張しているヒマがなかったり……

途中2回あるスタート地点への召集も視野に入れて拡張計画が必要です。
本当に忙し過ぎますw

「鍵!鍵!あと鍵3つ!!」

「オレ自力でたいまつ4つだした!活性化する!!」

「誰か助けて!!!動けなくなった」

なんて、状況が刻一刻と変化し、その状況をみんなでワイワイと共有するのはたぶん見ていると楽しいのでしょうkが本人たちは本当に必死ですw

今回は5人でプレイしたのですが、宝石の活性化はそこそこ出来たものの、出口すら出現させることができず終わってしまいました。

かなり大雑把なゲームなので好き嫌いは分かれそうですが「愛すべきバカゲー」といった感じでしょうか?
もう一度リベンジしたい気にはさせます。

また、今回プレイしたのは基本セットのみ。エキスパートルールもあるのですが、そんなのクリアできるのでしょうか?w


そんなこんなで、今日も「どうでもいい話」でいた

ではでは
 

蜘蛛や目玉が材料に……【アルケミスト】

昨日のゲーム会にて、色々と最近買ったゲームを消化したかったのですが、
結局、ツォルキンとテラミスティカをやってしまったため、ほとんど未プレイ品は消化できずw

そんななかで、初プレイだったのはこの「アルケミスト」でした。


▼アルケミスト(Alchemist) ★★★
版元:AMIGO
作者:Carlo A. Rossi
DSC_1055.jpg


プレイヤーは手番になったら3つの行動から1つ選んで実行する

・手持ちの素材から任意の素材を利用して薬のレシピを作成する
・他のプレイヤーが作成したレシピを利用して素材を精製する
・手番をパスして任意の素材を手に入れる

レシピを作る際と、薬を精製する際に勝利点があるため、基本は素材をそろえて精製し勝利点を獲得していくのですが、最初に配られる目的カードに書かれた素材が最も消費されことでボーナス得点が得られるため、いかに目的に設定された素材を使いやすいレシピに加工して他のプレイヤーへ使わせるかも勝利への鍵になります。

各レシピの勝利点も自分で設定するため、もちろん高い勝利点を設定すれば利用してもらえるのですが、そうすると勝利点を相手にトスすることにもなるため、そのあたりの駆け引きが重要。

前日寝ていなかったため、半分以上頭が寝ていてw
システムを完全に理解する頃には終盤でした

あと、ゲームで使う「素材」が、基本よくあるキューブなのですが設定が「蜘蛛」だったり「目玉」だったりw
ボード上には絵が書いてあるためなかなかの雰囲気。

30分ほどで終わる軽さで、考えどころもあり、他のプレイヤーとの干渉度も適度と非常に良いゲームかと。
頭が冴えている状態でもう一度やりたいですねw

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした

ではでは
 

本日は、プチ身内会

「調布のあな」の延長で、たまに身内会をやっているのですが、いま正に真っ最中!

最初3人だったので、また結局「ツォルキン」から(笑)
初の3人プレイ、3人だとNPCとして、延々と回り続けるワーカーが6個置かれるのですが、このワーカーがなんとも邪魔で悩ましい。
いきなりセオリー崩される配置で手が遅れましたが、なんとかモニュメントで稼いで勝てました。
写真とりわすれ。

次に、5人でテラミスティカ。
DSC_1053.jpg

今回は教団員を使用し、教団プレイにしようと頑張ったのですが、なかなか点数が伸びず3位。
教団員のアビリティを使用する目的で、他プレイヤーの建物に隣接する場所へ建物を建てたり増築したりしても
結局、相手が魔力を欲してくれなければ教団の信仰をあげることができず。
このあたりがMustではなく、Mayらしく……なかなか機能しませんでた。

それでも、信仰は頑張りましたよ!
DSC_1054.jpg


他にもエスケープや、アルケミストなど、重いものから軽いものまでいろいろ。
詳しくはまた明日以降にでも。

本当にどうでもいい話でした。

ではでは
 
調布のあな
次回の「調布のあな」は
8月15日(土)開催となります

詳細&参加表明はコチラ
↓↓↓
http://twipla.jp/events/154272
ただいま紹介期間中です



【調布のあなスケジュール】

・第55回:2015年 8月15日(土)

・第56回:2015年 9月 6日(日)

・第57回:2015年10月11日(日)

・第65回:2016年 4月 9日(土)

・第66回:2016年 5月14日(土)

記事検索
オークション
アクセスカウンター
  • 累計:

RSS
Twitter プロフィール
ギルティギア界のそらい館長であり、「調布のあな」のかんちょーです。今は監査のお仕事…でも人を楽しませる仕事にしか興味アリマセン!カピバラさんには超思い入れアリアリアリーデヴェルチ!最近すっかりボドゲ野郎、あとお酒があれば本望!知り合い及びorそらい館知っているという方はリプライ下さい~フォロー返します