どうでもいい は なし

「調布のあな」のかんちょーこと、川口正志(本名プレイ)がお送りする
「どうでもいい話」or「どうでもいいは無し」
そんな毎日

2013年01月

権力抗争?悩ましい陣取り【フォルム・ロマノム】

市民を配置してエリアを支配し得点を稼ぐゲーム。
今回はakiさんと2人でプレイ。

▼フォルム・ロマノム ★★★★
(Forum Romanum)
版元:New Games Order(Kosmos)
作者:Wolfgang Kramer
DSC_1176.jpg

2プレイは、4人プレイと同じルールで、1プレイヤーが2人分のプレイをします。

まず同色の市民コマを規程数受け取り(4人プレイであれば各8個)手番で出来ることは、手元の市民コマを1個ボード上のマス目に配置するか、あるいは手元にコマがなければ、配置された自分のコマを1個別の場所に移動させるかのみ。

1つのマスに置ける駒は1個のみ。

これを繰り返して行き、7×7あるマス目の縦/横/斜め、あるいは、6~9マスで区切られた区画が埋まったら即座に決算が行われます。

決算は簡単で、縦/横/斜め/区画 決算の発生した場所のコマの色を確認し、最も多く配置したプレイヤーにその決算を行った範囲のマス数分(横1列の決算であれば7点)の点数が与えられます。

逆に、最も配置した数が少なかったプレイヤーは-4点となり、最も少ないプレイヤーが複数いた場合は各プレイヤー -2点となります(何人同率でも-2点)

最も多く配置したプレイヤーが同数で複数居ただった場合は、「均衡状態」としてそもそも決算が始まりません。

縦/横/斜め/区画 すぺてについて決算が終了、もしくは均衡状態でこれ以上決算が出来ないとなった場合にゲーム終了となります。

単純な内容ながら、手ゴマが少ないため、後半になるほど悩ましい感じ。

複数の決算を狙えるマスを優先的に埋めていく自分に対し、積極的に決算を終わらせにかかるakiさん。

「え?もう決算入るの!?」

なんて言いながら、マイナス点を重ねていく自分を尻目に、akiさんは序盤から順調に点数を稼いでいきますが、

点数も貰う!マイナスも貰う!

そんな立ち回りをしていたakiさんと、なるべくマイナス点を取らないように立ち回った自分との差は徐々に埋まり、最終的には僅差で自分が勝ちました!

これ、かなり面白いです。

本当にやることはシンプル。考えることもシンプル。
でも、戦略として、攻めに行くか?守りに行くか?妨害に行くか?という選択肢がしっかりと存在し、なかなか悩ましくなっています。

時間もそれほどかかりませんし、コンパクトで持ち運びやすく、値段も超手ごろ。オススメです。

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは


 

シャチ、タコ、ゴリラ!雑多な饗宴【たのしい動物園】

その名の通り「楽しい動物園を作る」そんな雰囲気(!?)のゲームです。

ZooSimというゲームのリメイクのようですが、残念ながらこれも絶版。
ひろぴさん、すずめさん、私の3人でプレイしました。

▼たのしい動物園 ★★★
(O Zoo le Mio)
版元:Zoch
作者:Leo Colovini
DSC_1159.jpg

プレイヤーは最初に衝立となる小屋と、初期タイルの代わりになる小屋の庭のようなタイルおよび8金を受け取ります。

この小屋が非常に小さくて、衝立としては機能しない……
更に、お金のマーカーがどうみてもお金に見えない……
「EDO」のお米マーカーみたいなやつですw

準備が整ったら、動物園のエリアを表すタイルをランダムに5枚場に並べ競りが始まります。

競りは、各プレイヤーが任意の数のお金を手に握り一斉にオープンすることで行われ、同点だった場合は、優先順位を決めるフラッグマーカーの位置によって勝敗が決まります。

見事タイルを競り落としたプレイヤーは早速、自分の動物園にタイルを配置するのですが、この配置がなかなか悩みどころで、カルカソンヌのように地形の絵柄を合わせるのは勿論、タイルに書かれている星の色を併せることも重要です。

この星は、展示されている動物によって色が決まっており、隣接するタイルに描かれている星の色が同じであれば、数が合算され、それが人気度となります。

人気度はタイル配置の瞬間から適用され、それぞれの星の色ごとに最も人気のあるエリアに2人、2番目のエリアに1人のお客さんが訪れます。

これが即ち、決算時の勝利点に結びつく感じです。

また、道を繋げて環状にすると、道の内側のエリアにベンチが1つ建ちます。このベンチはお客さんと違って移動しないため、固定の点数となり、非常に有利。

星を取るか?道を取るか?「とりあえず」なんて無計画にタイルを競り落としてしまうと悩ましさが倍増w

他にも、樹木が園内に一番生えているプレイヤーには木のトークンが2本、2番目のプレイヤーには1本与えられます。

競りと配置を繰り返し、場に出した5枚のタイルの競りが全て終わった後、「お客さん」「ベンチ」「木」のマーカーの個数×ラウンド数分の点数と自分の動物園に配置されたタイル枚数と同じ数のお金を各プレイヤーは受け取り、これを5ラウンド繰り返してゲームは終了です。


タイトルは「たのしい動物園」ですが、本当に世知辛い世界。
展示されている動物も、ライオンやゴリラといった動物は解るのですが、なぜか水生生物のイルカとか、あまつさえタコとかw

でも、そんな微妙なチョイスも、絵柄は綺麗だし箱庭的な造作の楽しさもあるので、結構配置のときにワクワク。
これが「たのしい」を形成しているのでしょう。

このゲーム、後半に行くほど得点効率が良いので、前半そこまで頑張らなくてもいいかな?なんて思っていたのですが、そもそもタイルを増やさないと収入が無いので、拡張は余儀なくされるところ。

しかし、気付いた時には遅く、すずめさんがかなり勢力を拡大している真っ最中。

慌ててタイルを競り落として、ベンチやお客を引き寄せるものの、なかなかタイルの枚数差は埋まらずに独走を止められない事態に!

そのまま、すずめさんが順調に得点を伸ばし勝利。自分は2位、ひろぴさんはボロボロに崩れ去っていましたw

「このゲーム、拡大再生産ゲームじゃないか!」

と悔しそうに言い放ったひろぴさんの顔が忘れられません。

競りゲームはかなり敷居の高いジャンルだと思いますが、このゲームはそれほどシビアな競りを要求されませんし、見た目も楽しいので、初心者にも気軽に勧められるゲームだと思います。

まあ、相手が全員ガチ過ぎたら初心者さんは辛いでしょうがw

それはどんなゲームも同じってことで。

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは


妄想カレシカノジョと幸せに!【カップル危機一髪】

先日、調布のカフェにて、ふうかさんが持って来てくれた「カップル危機一髪」を、ふうかさん、トド吉さん、aiさん、私の4人でプレイ。

▼カップル危機一髪 ★★★☆
(Relationship Tightrope)
版元:Überplay
作者:Reiner Knizia
DSC_1184.jpg


「綱渡り」のリメイクで、最近では「フィフティフィフティ」とか「陰陽」とか~という説明を聞いて、ああ、見た目に寄らずクニツィア作なんだなとw

システムは簡単で、まず各プレイヤーへ1~50のいずれかの数字が書いてあるカードを9枚配り、次に、場には1~9の数字と様々なトラブルが書かれたこれまた9枚のカードを山にして置きます。

ディーラーを決め、山から1枚トラブルのカードをめくり、ディーラーから順番に数字が書かれた手札のカードを1枚ずつ時計周りにカードを表向きにして出して行きます。

出された数字カードを比べて、数字が最も大きかったプレイヤーは青い色の棒を、数字が最も少なかったプレイヤーはピンク色の棒をトラブルカードに書かれている数字の数だけ受け取ります。

この棒?は全てマイナス点ですw

ただし、青とピンクは相殺するため、青い棒を仮に3本持っていたとしても、ピンクの棒を3本引き取れば相殺されて失点はゼロとなります。なかなか良くできている。

これを9回繰り返し、山が無くなったら一度決算して、それを4ラウンド繰り返した後、4ラウンド合計失点の一番少なかったプレイヤーが勝利となります。

てか、このゲーム、失点棒が少ない人は脳内彼女(彼氏)と上手くやっている人なんだそうなw

確かにシステムだけ見るとクニチーっぽいんですが、いかんせんテーマがおバカで笑えます。

トラブルカードのイラストも、便器にハマってしまうなど下らなさ満点!

▼トイレにハマる図w
DSC_1186.jpg


失点の少ない人に「脳内彼氏とうまく行ってるね!(苦笑)」なんて言ってみたり、逆に失点を茶化されたら「脳内彼女とうまく行っちゃってもいいの?いいの?」と反撃してみたりw

テーマがおバカなだけで、会話が盛り上がるのはいいですね~

陰陽であれば手に入りますが、ちょっとこの「カップル危機一髪」が欲しくなりました。
今度エッセン行けたら探して来ようw

勝ったのは最後にパーフェクトを出して、うまく失点を抑えたakiさん。
最下位は私でしたw

私以外はみんな1度はパーフェクト出していたので、もうダントツのビリ。
これは妄想力が足りないということだとおもいますw

そんな感じで、今回も楽しくも「どうでもいい話」でした。

ではでは



 

仙川のゲームカフェへ行ってみた

先日、調布経済新聞(web)の街コン記事(え?)に載っていた仙川の「ドリム」というお店について、「ボードゲームも扱っていますよ」的な記述があったため、ボードゲーマー数名がツイートしていたところ、ふうかさんと「じゃあ行きましょうという」流れに。

ふうかさん、トド吉さん、akiさんと共に昨日視察(?)へ行ってきました。


▼仙川駅
DSC_1178.jpg

仙川駅は京王線で新宿駅から快速を使えば20分くらい。

調布市と世田谷区の間に位置し、北に白百合女子大学、南に桐朋学園女子部と、徒歩10分圏内に2つのお嬢様学校を抱えるため、若い女性が喜びそうなオシャレカフェやスイーツ店などを多数擁する商店街があり、調布一商店街が賑わっている街です。

昔はなーんも無い街だったんですけどねw

ここ15年くらいですっかり様変わりしました。

ちょっと早目に着いてお茶していると、トド吉さんから「もう店の前です」という連絡を受け急いで目的のお店へ

▼店舗外観
DSC_1179.jpg

商店街からはちょっとだけ離れた場所にひっそりとたたずむ店舗「ドリム」
到着すると、ふうかさんとトド吉さんが既に店の前に居たので、声を掛けて「正面の焼肉屋が気になるね~」なんて話をしつつ手探りタイム。

店内はカウンター席6席と、樽テーブル(4人席?)1つでしたが、地下に20人程度の席があるとのことだったので、とりあえず潜入決行。

カウンターはTCGのお客さんでほぼ満席。地下は空いているようなので、システムを確認すると「130円以上のオーダーしてくれれば地下利用OK、時間制限なし」らしい。
早速、飲み物をオーダーし地下へ。

地下は、ちょっと幅のあるウナギの寝床といった感じの構造。
TCGのお客さんがチラホラ居て、特にゲームもせず話をしていました(後程、非公式大会が始まりました……)

とりあえずテーブル席についたものの、ボードゲームをするにはちょっとテーブルの幅が狭く、さてどうしたものか?と暫く飲み食いしながら雑談。

店員さんが来た折にテーブルを2つ使わせて貰ってなんとかスペースを確保し、「ツォルキン」「ラミィキューブ」「コロレット」「カップル危機一髪」と、4種類ほどプレイし撤退しました。

大体、時間にして5時間くらい?

終わった後、店員さんに呼び止められ少しお話したのですが、実は自分たちが「ボードゲームが出来る店」と宣伝してからほぼ初めて来た客とのことw

ボードゲームはこれから本格的にやろうと考えているらしく、まだ料金等のシステムを決め兼ねている……など、ちょっと相談めいた?お話がちらほら。

ちなみに、その店員さん(店主さん?)が最近ボードゲームにはまっているらしく、店内には私物のボードゲーム(貸出するようです)が飾られていました。

▼ボードゲーム棚
DSC_1180.jpg

若干、苦言を言わせていただけるなら、ちょっとTCGのお客さんの声量がキツかったですね。
TCGってあんなに騒いでやるものだとは知りませんでしたw

貸切であれば良いと思うのですが、他にお客さん(今回は私たちになりますが)が居るのであれば、あそこまでうるさくされるとインストも難しいですし、出来れば店側のフォローは欲しかった。
そこが改善されないと、ボードゲームとの共存は難しいかも?

あとは、テーブルの広さですかね?
これは改善するようです。

ゲーム後は、帰り際に近くで見つけたインド料理屋で閉店まで雑談したのち、仙川駅で解散しました。

▼インド料理屋
DSC_1187.jpg

▼カレーうまうま
DSC_1188.jpg

今後も色々なゲームカフェやゲームバー、プレイスペースなど積極的に突撃したいと思いますので、是非、お店をご存知の方はお知らせください~

そんな感じで、今日も「どうでもいい?話」でした。

ではでは


 

大富豪?大貧民?【ハギス】

昨日はakiさんと、遅ればせながら新年のご挨拶がてらテンデイズさんへ。
色々お話させていただいていたら完全に写真を撮り忘れ。

タナカマさんとゲームの話をしている脇で、akiさんは店内にあったボードゲームナビに載っているタナカマさんの写真を見つけて喜んでました。
oh!マイペースw

そんななか、akiさんが興味を示したハギスと、買おうと思っていたQin(秦)を購入して撤収。
帰りに近くのバーミヤンでハギスをプレイしました。

▼ハギス ★★
(Haggis)
版元:Indie Boards and Cards
作者:Sean Ross
DSC_1172.jpg

2人もしくは3人で行う大富豪のようなゲーム。

今回は2人でプレイしたので、お互いにランダムで14枚ずつの手札を持ってスタート。残ったカードは除外しますが、この除外カードを「ハギス」と呼ぶそうです。

手札は2〜10の数字と4種類のシンボル(3人プレイだと5種類)がいずれも1つずつ書かれており、数字が大きい方が勿論強いカード。
また、手札の他にジャック、クイーン、キングの3枚を各プレイヤーは追加で受け取ります。
この3枚はそれぞれ11、12、13の数字として使える他、ワイルドカードとしても使用できる万能カード。

これらを使い、相手が場に出したカードより大きな数字のカードを場に出すことで手札をなくしていきます。

カードを場に出す際は、同じ数字を複数枚だったり、同じシンボルの連番になっているカードをまとめて出したりすることも。この辺は本当に大富豪と同じですね。

ハギスならではなのは「ボム」という出し方があり、異なるシンボルまたは同じシンボルの3・5・7・9のカードもしくはワイルドカード2枚を出すことで相手が出したカード無視で勝つことができます。

カードを場に出した際に相手がパスしたらそのゲームは勝ちとなり、勝った場合はそのゲームで場に出されたカードすべて受け取り、次のゲームでスタートプレイヤーとなります。

どちらかの手札がなくなったらワンラウンド終了。

手札がなくなったプレイヤーはまず相手プレイヤーの残った手札とワイルドカードの枚数×5点を得ます。
次にその残りのカードと、ハギスをすべて受け取り、ゲーム中で獲得したカードと合わせてカードに書かれている点数を得ます。

点数は、3・5・7・9のカードが1点、ジャックが2点、クイーン3点、キング5点となっていて、他のカードは点数になりません。

また、負けたプレイヤーもゲーム中に得たカードの点数は貰えます。

これを繰り返し、今回は250点に先に達した方の勝ちとしました。

本当は、この他にベットのルールがあるのですが、チップが手元になく得点計算が煩雑になりそうだったので今回は端折り。

最初akiさんの手札が悪かったらしく、いきなり60点くらい差がつきご不満顔w

大富豪と違って、このゲーム負け方が非常に重要で、負けるにしてもなるべく手札を無くして負けないと点数差が大変なことになります。
かといって、手札の枚数を減らして接戦に持ち込めば、今度は獲得したカードの点数のウェイトが大きくなるので、ただ減らせば良い状況ではなくなってくるという。

なんという難しさ。

とはいえ、手札の運もあるので初心者でも十分楽しめるゲームではあります。

結局、2人ともなんとなくコツをつかんだ結果、なんと1点差で負けるという悔しい展開にw

これは、旅先などに持っていけばいくらでも時間潰せるゲームですね。
大富豪やるくらいならこちらオススメです。

ところで、自分の地域は「大富豪」ではなく「大貧民」だったのですが、どちらが主流なんでしょうか?w

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは


 
調布のあな
次回の「調布のあな」は
8月15日(土)開催となります

詳細&参加表明はコチラ
↓↓↓
http://twipla.jp/events/154272
ただいま紹介期間中です



【調布のあなスケジュール】

・第55回:2015年 8月15日(土)

・第56回:2015年 9月 6日(日)

・第57回:2015年10月11日(日)

・第65回:2016年 4月 9日(土)

・第66回:2016年 5月14日(土)

記事検索
オークション
アクセスカウンター
  • 累計:

Twitter プロフィール
ギルティギア界のそらい館長であり、「調布のあな」のかんちょーです。今は監査のお仕事…でも人を楽しませる仕事にしか興味アリマセン!カピバラさんには超思い入れアリアリアリーデヴェルチ!最近すっかりボドゲ野郎、あとお酒があれば本望!知り合い及びorそらい館知っているという方はリプライ下さい~フォロー返します