どうでもいい は なし

「調布のあな」のかんちょーこと、川口正志(本名プレイ)がお送りする
「どうでもいい話」or「どうでもいいは無し」
そんな毎日

2013年02月

ロックな食材の熱きたたかい【ウィ ウィル ウォック ユー】

最近、「調布のあな」でよく回っているのを横目に、ちょっと欲しいなと思っていたのですが、どこも品切れで入手できず。
「暫くは諦めるか~」なんて思っていたのですが、先日、すごろくやさんへ伺った際に丁度売っていたので即購入。買ったその日にakiさんと2人でプレイしました。

▼ウィ ウィル ウォック ユー ★★★☆
(We Will Wok You)
版元:Pegasus Spiele
著者:Sebastian Bleasdale
DSC_1281.jpg

「ウォック」とは「中華鍋」の意だそうです。
バラエティ豊かな食材たちと料理人との料理バトル?そんな世界観らしいです。
まあ、あまりゲームに関係ないですw

プレイヤーが手番で出来ることは以下の3つ

・お金を1枚獲得する
場には食材カード4列(上から3枚・3枚・2枚・2枚の列)とお金カード2列(上から6枚・4枚)が並べられています。
お金カードは、食材カードの上2列と下2列の価格を表していて、食材カードの上2列(3枚の列)の初期価格はお金カード6枚、下2列(2枚の列)の初期価格はお金カード4枚という感じです。

プレイヤーは任意のお金カードを1枚獲得し手札へ加えます。要は、手持ちのお金は増えますが、食材の価格は下がるという感じです。

・食材を1列買う
食材の価格は、前述したように横に並べられているお金カードの枚数となります。
プレイヤーは手札から価格と同数のお金カードを手札から場へ出すことで、食材カードを1列丸々得ることができます。(食材カードの購入)
場に出さたお金カードは、購入した食材の列の横(価格を示すお金カード)にプラスされ、そのまま食材の価格に反映されます。

・中華鍋カードを獲得する
食材カードにはアイコンが描かれているものがあり、同じアイコンの絵柄を4つ集め(食材カードの枚数は問わず)場にプレイすることで中華鍋を獲得することができます。
このゲームの得点は、基本、この中華鍋に食材を入れることで獲得できるため、中華鍋を手に入れないことには点が入りませんw

とまあ、かなり出来ることはシンプル。
しかし、お金を取れば食材の価格が安くなり誰かに買われてしまうかもしれない、でもお金が無ければ買えないから仕方なく買う……とか、食材が安く買えるけど、中華鍋を先に取らないと誰かに取られてしまう……どうしよう?とかとか、結構なジレンマが発生します。

DSC_1274.jpg

ゲームは、全ての食材が各プレイヤーに引き取られた後、すべてのプレイヤーが1ターンずつ行って終了です。

スタートプレイヤーは「最近、中華鍋を振った人から」とのことなので私から。
akiさんはそもそも中華鍋を振ったことがないそうです(汗)

今回は2人だったため、後々の展開が読みやすく長考しがち。
というのも、たった1枚のお金を得るだけですが、どのくらい相手の選択肢に影響が出るか?次に自分にとって良い状態で回ってくるのか?などなど、結構考えることが多かったりします。

例のごとくakiさんは手が早く、食材をテンポよく獲得していき、私はお金を使うタイミングを計れずなかなか思うように食材が増えず。

ただ、akiさん中華鍋の加点条件がイマイチわかっていなかったらしく、微妙に中華鍋の取り方が勿体ない感じ。(即得点になる閉じている中華鍋を中心に獲得)

私(あ……もっといい中華鍋あるのに……)

なんて心の中でつぶやく私。
ええ、口には出しません。勝ちたいですからw

私はなるべく点数効率の良い中華鍋(食材カードが多めに必要)を率先して獲得し大量得点狙い。
しかし、欲しい食材が思うように手に入らず大苦戦w

最後には結構整ったので、圧倒的に勝っているかと思いきや、akiさんがノーアイコンの食材を得点に換える中華鍋で得点を稼いでおり、結局勝利はしたものの僅差まで詰め寄られました。

コレいいですね。
決して重くなく、軽すぎもせず。よく回っているのも頷けます。
初見だとゲームのツボがちょっと分かり難いかもしれませんが、そこそこ軽いのでコツを掴むまで複数回すことも苦にならないかと。

そして、なんといってもイラストが結構好きですw

キャラクターの名前も色々なミュージシャンのパロディー(ダジャレ)になっているのですが、エビのキャラクターがどう見ても「エルビス・プレスリー」(テキストにも「Elvis」って書いてあります)

私「これはエビス・プレスリーってダジャレかな?」

aki「え?エビって日本語だよ(笑)」

たしかに!
……でも、これ本当に「エビ」とかけているんじゃ?
お金カードも「1円玉」のデザインになっていますし、「エビ」に関しても日本語を意識したんじゃないかと。違うかな?w

ちょっと作者にその意図を聞いてみたいものです。

そんなこんなで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは。


 

「賄賂は良くないよ」というお話【セベク】

先日の川口アナログゲーム交流会(ゲーム会ではなく、ゲーム交流会のようですすいません)にて、PANTAさんと客商売さん、私の3人で、さあ何をしようか?と考えあぐねていたところ、PANTAさんがワンパムとセベクを出して来たので、未プレイのセベクをリクエストさせていただきました。

▼セベク ★★★☆
(Sobek)
版元:GameWorks SàRL
著者:Bruno Cathala
IMGP0954.jpg

手番で出来ることは次の3つ

▼場に出ている素材もしくはキャラクターカードを得る
得点ボードの脇に並べられたカードを、下流(得点ボード0点の方向)から数えて4枚目以内のものを1枚得ます。
一番下流にあるカードを得るためにペナルティは要りませんが、2枚目~4枚目を取る際には取ったカードより下流にあるカードを引取り、各プレイヤーに配られる「壺」のタイルの下に入れます。
これは「賄賂」を使って有利なカードを得たという扱いで、引き取ったカードは使った賄賂の数を表します。

▼手札の素材カードを場にプレイする
手札に同じ素材カードが3枚以上あれば、場に出すことができます。この場に出されたカードが即ち勝利点に繋がります。
カードにはスカラベが描かれているものがあり、場にプレイしたカードに描かれているスカラベの数×同種のカードの枚数がラウンド終了時に得点となります。

▼手札のキャラクターカードをプレイする
「場に並べられた好きなカードを賄賂なしで取ることができる」とか「他のプレイヤーの手札を6枚になるまで賄賂として捨てさせる」など、様々な能力を持つキャラクターカードを1枚プレイすることができます。

場に並べられたカードは全てなくなると山札から補充され、山札が無くなったらそこで1ラウンド終了。
ラウンド終了時に決算が始まるのですが、ここで賄賂となったカードを一番持っているプレイヤーは、得点が多ければ多いほどごっそりとマイナス点も貰ってしまうのですw

これを3ラウンド行って一番得点の高いプレイヤー、もしくは100点をいち早く超えたプレイヤーが勝利。

1ラウンド目、私はガッツリ欲を出して、賄賂構わずに得点効率の高いカードをせっせと集めて高得点を獲得するも、賄賂のお蔭で殆ど他のプレイヤーと点差の無い結果に。

私「え?こんなに賄賂で点数持って行かれるの?ww」

PANTAさん「このゲームは賄賂をしてはいけないよってゲームです(笑)」

2ラウンド目は賄賂が怖くて地味に立ち回るも、点数も地味に終わってしまい一気に最下位へ。

うーん、これはイカン!と3ラウンド目はバランスよく賄賂を取ったり避けたりして(上手く立ち回ったつもりで)途中まで良い感じでしたが、終わってみれば再び賄賂ナンバーワンの意次くんとなっており、結局ダントツの最下位w

欲に負けてしまう私はこのゲーム凄く苦手なのでは?w

そんな感じで圧倒的に負けてしまったのですが、これは非常に面白いです。あまりプレイされていないのが非常に不思議!

IMGP0951.jpg

簡単なセットコレクションなのですが、賄賂のスパイス(効きすぎている気もしますがw)と、終盤のいつ終わってもおかしくないサドンデス環境での探り合い、手番の使い方のジレンマなど、非常に考えどころも多くて、その思考時間が非常に楽しいゲームでした。

帰宅後即ポチりました。ポチラーの鑑w

難点は、賄賂のお蔭で得点感が非常に大雑把なところでしょうか?
これもこのゲームの味なので私は好きですが、あまり一生懸命やりすぎると理不尽に感じるかも知れません。

気軽にお楽しみください。

そんなこんなで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは。


 

レーザーが見えてくる!?【ブラックボックス】

先日、まんまるへお邪魔した際に、2次会(?)のファミレスでRaelさんが取り出した2人用アブストラクト「ブラックボックス」をプレイさせていただきました。

▼ブラックボックス ★★★★☆
(Black Box)
版元:バンダイ
著者:Eric Solomon
IMGP0966.jpg

出題者側と回答者側に分かれ、出題者側は8×8のマスのいずれか5マスを予め選びます。
回答者は、出題者が選んだマスがどのマスであるか当てるゲームです。

やることは簡単で、回答者は外枠の好きな数字を指定します。指定された数字からは「レーザー」が発射され(る体ですw)出題者はその数字から出る「レーザー」がどのような軌跡を辿ってどうなるか?結果を宣言します。

レーザーは、出題者が指定したマスの角に当たると90度屈折し、直撃すると吸収されます。
屈折した場合は屈折した結果辿りついた外枠の番号を出題者は宣言します。吸収されれば「吸収」と宣言します。
また、指定したマスとマスの間に1マス空きがある場合、その空きマスにレーザーが当たると反射して元の場所へ戻ってきます。この時は出題者は「反射」を宣言します。

これを繰り返し、ヒントを基にどのマスが指定されているのか回答者は考えるんですね。

見事、確定の宣言をして全て当てることが出来ればヒントの数(画像のピンの数)だけマイナス点を受け取って終了。もし当てることが出来なければ外したマス数×5点のマイナスをヒント数のマイナスにプラスします。

IMGP0965.jpg

これを交互に行い、マイナス点の少ない方が勝利です。

全くの始めてだったため、今回は1ゲーム目をお試しで4マス指定とし、2ゲーム目で本来の5マス指定にする形で2ゲームプレイしました。

とりあえず回答者は私から。

手さぐり&Raelさんのヒント発言を頼りに指定されたマスを探索する私、その探り方が正解かどうか正直全く分からなかったのですが、時々「その手いいね!」と言って貰えることに内心ウキウキw

なんとか正解を導き出すものの、11本のヒントピンが立ちマイナス11点。
対するHTPさんは、8ヒントで早々とクリアしマイナス8点……かなりヤバいw

2問目は5つマスを当てなければならなかったのですが、4つのマスまで絞ったところで全てのレーザーの軌道が成立してしまい、残り一個がどこにあるか全くわからず……
とりあえず成立する場所を選んで宣言をしてみるものの、大ハズしでマイナス5点貰う結果に。
ヒントピンも18本ありマイナス23点。

一気に大ピンチw

ここで攻守交代してマス選び。1回目は適当に配置したのですが、2回目はちょっと軌道が読みにくくなるよう屈折が重なる配置に。

結構うまく配置できたようで、序盤「吸収」を連発するHTPさん。
吸収はヒントとしては薄いので攻めあぐねている模様。

それでも3つは早めに確定され、ヒントもそこそこに確定宣言をするHTPさん。結局、残りの2個は間違っており、これだけでマイナス10点!!
逆転行けるか?!と思いましたが、最初のゲームのマイナスが利いていて僅差で負けてしまいました。HTPさんの勝利。

いや、これ本当におもしろいです。

2人用なのでゲーム会にはあまり向かないかもしれませんが、拘らなければ紙とペンだけで出来るので、旅先などで時間をつぶすのに絶対良いと思いました。

バンダイのコンポーネントも素敵でしたが、バンダイ製の希少品なんて贅沢言わないので一つ欲しいところです。

とりあえず当面は、紙とペンで代用して誰か捕まえて遊びたいと思いますw

ということで、今回も「どうでもいい話」でした。

ではでは。


 

ゲーム会「まんまる」にお邪魔しました

昨日は、HTPさん主催の「まんまる」にakiさんとお邪魔してきました。
何気にHTPさんには「調布のあな」開始当時からお世話になっております。

▼プレイゲーム

■チューダーの薔薇
会場に着くとインストのリクエストがあったので、インストがてら参加。
毎ラウンド土地拡大の醜聞カードを引く引き良さ?で着実に土地を広げ、森多めの土地故にタイルも潤沢。女王もあまりおてんばせずに居てくれたため比較的ちゃんとターンも回ってくる感じ。最後まで最低でも2位をキープする順調っぷりでしたが、最後の最後で3位だったsaiさんが+3勝利点の醜聞カード×3枚で私を追い越して行き結果2位。

点差も僅差で、ちょっと悔しい2位でした。

IMGP0963.jpg


■ツォルキン
記念すべき20プレイ目のツォルキン。まだ20回なんですよね。
今月だけで11回プレイしているのにw

展開はもう、いままでの常識を覆すと言うか、妄想レベルのモニュメントコンボで95点を持って行かれると言う……
テクノロジーのモニュメントが2枚同時に場に出たときは、正直勝つためのプレイルートが1つしかなくなってしまうんじゃないか?とさえ思えてきました。
もちろん、プレイルートを競合させてモニュメントを1枚ずつシェアすれば防げるので、シェアまで行うことが既定路線になってしまいそう。それはそれで……w

ともあれ、色々と発見の多いプレイでした。負けたけど楽しかった!

■ブラックボックス
Raelさんが持って来ていた2人用アブストラクトゲーム「ブラックボックス」をゲーム会後にファミレスでプレイ。
8×8マスの中から相手が指定した5マスを当てるゲームですが、これが非常に熱い!
HTPさんとプレイして負けてしまいましたが、途中までかなり差が開いていた点差が、最後の試合で僅差になって脳汁出ましたw
これは欲しいなぁ~BANDAIじゃなくていいからどこかに無いかな?

ちょっと参加が遅めだったのでプレイゲームは3つだけ。
「まんまる」はいつも盛況で良いゲーム会ですね。
また時間見つけて伺おうかと思います。

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは。


 

川口アナログゲーム会に行ってきました

昨日は、マイミクのおばれいさんが開催する「川口アナログゲーム会」へ言って来ました

遊んだゲームは4つ、5ゲーム

■ツォルキン ×2回
安定のツォルキンですw
1ゲーム目は農業神殿プレイをしてみるものの、手番が微妙でなかなか稼げず。
結果59点しか取れませんでしたが、1位。
上手く神学のギアを全員でシェアしてくれたので、周りも点数が伸びて居なかった模様。
2ゲーム目は3人+1ダミープレイヤー
こちらは初期資源タイルが本当にダメ過ぎて何も出来ずに40点も行かずダントツビリ。
初期資源タイルで3割以上勝負が決まると本気で思いますw

IMGP0955.jpg
 
■星の王子様
客商売さんが興味を持ってくれたので4人でプレイ。
多人数プレイはゲームがかなり変わるんじゃないかと思っていましたが、予想通り。
あまり山が無く展開は地味ですが、なんともタイル選択の押し付け合いが結構楽しいゲームでした。
2位タイだったかな?

■セベク
PANTAさんのオススメということでプレイ。
小さい箱から結構ボリュームのあるコンポーネントが出てきて、見栄えだけでわくわく。
簡単なセットコレクションですが、汚職の要素が良いジレンマで楽しいゲームでした。
順位はダントツでビリw
かなり気に入ったので帰宅して即購入しました。

■魔法にかかったみたい
久しぶりにプレイ。5人でやったのは初めてかも?(いつも4人)
正直、一番苦手なタイプのゲームなので、自分からは進んでやらないんですよね。
結構やっていますが、1回も勝てた試しなし……良いゲームだとは思うのですがw
結果は3位タイ。やっぱり勝てませんw

そんな感じで、最後まで。
参加者は15人くらいだったでしょうか?部屋のキャパ的に考えて大盛況かと思います。

終了後は22時過ぎまで近くのファミレスでアフターをして撤収しました。
また次回も時間があれば参加したいと思います。

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは。


 
調布のあな
次回の「調布のあな」は
8月15日(土)開催となります

詳細&参加表明はコチラ
↓↓↓
http://twipla.jp/events/154272
ただいま紹介期間中です



【調布のあなスケジュール】

・第55回:2015年 8月15日(土)

・第56回:2015年 9月 6日(日)

・第57回:2015年10月11日(日)

・第65回:2016年 4月 9日(土)

・第66回:2016年 5月14日(土)

記事検索
オークション
アクセスカウンター
  • 累計:

Twitter プロフィール
ギルティギア界のそらい館長であり、「調布のあな」のかんちょーです。今は監査のお仕事…でも人を楽しませる仕事にしか興味アリマセン!カピバラさんには超思い入れアリアリアリーデヴェルチ!最近すっかりボドゲ野郎、あとお酒があれば本望!知り合い及びorそらい館知っているという方はリプライ下さい~フォロー返します