どうでもいい は なし

「調布のあな」のかんちょーこと、川口正志(本名プレイ)がお送りする
「どうでもいい話」or「どうでもいいは無し」
そんな毎日

2013年07月

確かにコレはエクストリーム!【ウボンゴ エクストリーム】

▼ウボンゴ エクストリーム ★★★☆
(Ubongo Extreme)
版元:Kosmos
著者:Reinhard Staupe
IMGP2205.jpg


「ウボンゴはちょっと簡単すぎるな」という感想から、最初に買ったウボンゴは「3D」でしたが、一応他のシリーズもやってみたいと思い買っておいた「ウボンゴ エクストリーム」をakiさんとプレイしてみました。

ルール(得点方式)は「ウボンゴ 3D」に準じていて、単純明快、時間内にボードに描かれた形に添って六角形がいくつか合わさったタイルを敷き詰めるだけです。

IMGP2202.jpg


今回もウボンゴ好きなakiさんと2人プレイ。

タイルには簡単な面(タイル3枚使う面)と、難しい面(タイル4枚使う面)があり、とりあえず5ラウンドは簡単な面でプレイし、残り4ラウンドは難しい面でプレイすることに。

ウボンゴ3Dはそれなりにできるので、「3Dより難しいウボンゴなんてないだろう」なんて余裕の挑戦でしたが、ん?これ?結構難しいぞ?……
比較的サクサク作るakiさんに比べ、どう見ても苦戦している私……出来なくは無いのですがぜんぜん感覚がつかめない!なにこれ?かなーり難しくないですか!?

結局、簡単な面での5ラウンドは私もakiさんも1ラウンドだけ落とし、双方2回ずつ先にウボンゴ宣言とほぼ互角。ただし、宝石の引き運に全くもって勝てずw

aki「あ、赤だ!わーい!」
私「わーい(棒読み)」←作成中

赤2回引くakiさんに点数は離され(汗)

ただ、まだこのときは「後半追い上げれば良い!」なんて余裕が若干ありましたが、いざ難しい面に突入すると、もう全く出来ない、わからない!追い上げるどころの騒ぎじゃないw

一方akiさんは、簡単な面より時間はかかるものの、4ラウンド中2回完成させる。私は0回w

終わってみればもちろんakiさんの勝利ですが、akiさんも「エクストリームは難しい」と若干スッキリしない様子でした。

本当にこれは「えくすとりーむ」ですね。
難しすぎて頭がショートしそうですw

「出来そうで出来ない」という要素があると良いパズルゲームのような気がしますが、「できそうもない」という場面がチラホラあり、諦めムード漂うのがちょっと残念な感じ。
ただ、3Dの初期もそんな感じだったような気もするので、単純に慣れなのかもしれません。

ウボンゴ3Dに飽きたら、このエクストリームにチャレンジしてみるっていうのが正しい遊び方なのかも?
本質的にはウボンゴなので、ゲームとしては非常に楽しいです。難易度だけの問題なので、まあシリーズ中での選択肢のひとつとして。

このゲームがサクサク出来るようになったら、それは本当に誇れる脳だと思いますw

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは。


 

日本選手権決勝間近のはじめまして【カルカソンヌ(10周年記念版)】

▼カルカソンヌ(10周年記念版) ★★★☆
(Carcassonne: 10 Year Special Edition)
版元:Hans im Gluck
著者:Klaus-Jurgen Wrede
IMGP2223.jpg


今週末、7月28日にはカルカソンヌ日本選手権の決勝が「すみだ産業会館」にて行われますね。
私も、フリマの帰りに覗きに行こうと思っているのですが、一緒に行くakiさんが「カルカソンヌってどんなゲーム?」という感じだったので、この機会に広げてみました。

※【追記】カルカソンヌ日本選手権 決勝は観戦不可だそうです。残念

ただし、ウチにあるのは「10周年版」と「拡張1」のみなので、とりあえず10周年版をプレイ。
akiさんが初めてなので、「花火」のルールは今回はナシで行いました。

カルカソンヌといえば、タイルを引いて既にあるタイルに地形の矛盾がないように並べ、あとは自分のコマを置くかどうか考えるだけのお手軽ゲーム。

コマを置く場所は「都市」「街道」「修道院」「草原」の4か所あり、他のプレイヤーと重複したエリアに置くことはできませんが、「結果的」に重複するのはOK。重複した場合、より多くのコマを置いていたプレイヤーが得点できます。

ちょっと面倒くさいのは得点計算くらいですかね?
あと、草原の得点方法が直感的に分かり辛くて最初戸惑うくらいでしょうか?

akiさんと2人でプレイしたのですが、akiさんも多分に漏れず草原の得点方法にピンと来ていないご様子。
反面、草原大好き……寝そべるの大好きな私はいきなり草原に寝かせ始めますw

IMGP2218.jpg


一方、akiさんは大きな都市を作る計画。
「これ大きくなりすぎちゃう(完成できない)よ~(汗)」とオロオロしながら順調に都市を育てていくakiさん。流石に大きくなってきたので、1枚噛んでやろうと大きな都市の脇にコマを忍ばせて連結を企てますが、気付いたakiさんも同じようにコマを追加で投入して2対1。

奇跡的な引きで都市を閉じることに成功したakiさんは、都市の点数だけで32点も獲得w

それまで地道に4点くらいの都市をちまちまと作って稼いでいた点差が一気に無くなり接戦に……
ただ、終わってみれば、私が寝かしていた草原が一ヵ所30点もの得点をたたき出し、終盤まで接戦だったもののこの草原の点数で差し切って12点差で勝利することができました。

2人プレイで安定した面白さ。
プレイ人数が増えるほど運要素の比重が高くなり、ライトなノリのゲームに変貌していくのも面白い本作。
言うまでもなく名作ですね。

なかなかボードを広げてプレイする機会は実はあまりないのですが、アプリで移動時間中によくやっています。
また、正直言うと10周年記念版は初めてプレイしたのですが(ぉぃ)ずいぶんとタイルの内容が違っていて戸惑いました。

「え?そんなタイルあるの?」

って感じで。でも、ちょっと新鮮なプレイ感。


そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは。


 

コロレットおめでとう10周年【コロレット10周年記念版】

見た目で損している……なんて以前タイトルにした「コロレット」
見た目で損した優良ゲーム【コロレット】

この度10周年ということで装いも新たに10周年記念版が発売されました。
IMGP2208.jpg


……と言っても発売自体はちょっと前ですがw
中身はコロレットと大体同じなので、取り寄せて棚に積んでありましたが、せっかくなのでakiさんとプレイしてみました。

ゲームのルールについては省略。
通常版との違いは、3枚あるジョーカーのうち1枚が「ゴールデンジョーカー」となっている点。

「ゴールデンジョーカー」は、通常のジョーカーの働きは勿論、獲得したときに山札から1枚カードを追加で獲得します。これが吉と出るか凶と出るかは当たるも八卦当たらぬも八卦。特に序盤に引ければ非常に強いカードかと思います。

ゲームは、私が全てのジョーカーを獲得し、8点差で勝利。

IMGP2212.jpg


コロレットには難色を示すakiさんも、「こっちのイラストならいいかな~」などと好感触。

▼カラフルかつカメレオンがデフォルメされたカード
IMGP2214.jpg


▼ゴールデンジョーカーも予想以上に「ゴールデン」してますw
IMGP2216.jpg


基本ルールは変わらないので、当たり前ですが安定した面白さ。
見た目の地味さも改善され、より楽しいゲームになっているのではないでしょうか?

これから購入を検討されている方は、こちらがオススメ!
もうすぐメビウスさんから出てくるハズ?

余談ですが、今回取り寄せた10周年記念版、開けて見たらルールブックが下半分しか入っていませんでしたw
akiさんにドイツ語の和訳を頼むのに必要だったので、仕方なく予備をもう1個開けることに(汗)
IuSTA.jpg


海外取り寄せはこういうことがたまにあるのでちょっと怖く、ちょっと面白いですw

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは。


 

仕置き人が綺麗に散っていくゲームw【成敗】

▼成敗 ★★★★☆
(Say Bye to the Villains)
版元:カナイ製作所
著者:カナイセイジ
IMGP2182.jpg


昨今「ラブレター」が世界的に評価され、日本のトップランナーの一角を担っているカナイさんによる協力ゲーム。
カナイ製作所好きかつ、協力ゲーム好きなakiさんからずっと「面白い」とレコメンドされ続けw
全開の「欲しいオーラ」を受け続けていますが、まだ購入できず再販待ち。
それだけ面白いと言うならちょっとやってみたいな~と思っていたところ、まんまるさんに持ち込まれていたので、お借りしてプレイしてみました。

目的は、各プレイヤー協力して悪党達の戦力を計り、己の能力を磨いて各自1人悪党を成敗することです。

プレイヤーは8人の「仕置人」ならぬ「成敗人」から1人を選んでプレイします。
成敗人はそれぞれ固有のパラメータと特殊能力を持っており、このキャラクター選びからいきなり重要。

また、悪党にも同じようにパラメータと特殊能力が設定されており、倒すべき敵としてプレイヤー数と同数オープンされるのですが、悪党には更に「手下(状況カード)」が加えられます。
状況カードは裏のまま悪党の横に並べられるため、悪党に確実に勝つにはこの状況カードの内容をいかに把握できるかにかかっています。

各プレイヤーが手番でできることは、「手札のカードをプレイし能力を使う」「キャラクター固有の特殊能力を使う」「全キャラクター共通の能力を使う」の3種類。

これら全て「時間」の概念があり、手札のカードを使う際はカードに書かれた数字分の時間を必要とし、各種能力を使う際は、能力に設定された時間数と同じ枚数、手札を裏向きにして場に出さなければなりません。
裏向きに出されたカード1枚1時間消費したとみなし、普通にプレイした手札のカードに書かれた数字との合計上限は10で、10になったら行動終了。そのプレイヤーは、すぐに悪党の居る場所へ赴かなくてはなりません。

悪党とプレイヤーは1対1。この勝負に全員が勝ち、全ての悪党を成敗することができればプレイヤーの勝利、出来なければプレイヤーの敗北です。

今回は、アズマさん、ETさん、akiさん、私の4人でプレイ。

akiさんにインストをお願いしようと思っていましたが、自信が無いとのことで経験者のアズマさんにお願いすることに。お誘いして巻き込んだ形なのにすいません(汗)

まず、情報屋が居ないと厳しいということで、情報屋in =私
次にアタッカーとして、カラクリのじいちゃんが強いということでin =アズマさん
主水っぽいキャラもアタッカーとして強いということでin =ETさん
あとは、女性も一人居た方が良いと言うことでカードを渡しやすい能力を持っているキャラin =akiさん

私は情報屋だったので、敵の情報を探るところから。
情報を探るカードはあるのですが、キャラクターの特殊能力で探ると格段に安いコスト(短い時間)で効率よく探れます。

とりあえず、一番手下の多い悪党に探りを入れるところから……
うーん……単純にパラメーターが強い。

このゲームのパラメーターは「速さ」「攻撃力」「体力」の3つですが、最後の戦闘の際にはまず「速さ」の早い方が先制し、「攻撃力」が「体力」を上回れば勝ち、上回ることができなければ攻守交代して同じ判定をします。
どちらも死ななければ引き分け。ゲームの勝利条件としては引き分けではダメで、勝たなくてはなりません。

ざっと計算したところ、攻撃力と体力が18までパンプアップされておりw
更に、挑んだ成敗人の速さが9以上無いと即負けという悪党。特殊な条件が無いとはいえ、単純に厳しいw

情報共有はOKですが、ハッキリと数字などを言ってはいけないため、「うーん……かなり強いです、あと速さ必須です」程度の情報共有w とりあえず率先して取り除きたいカードを横向きにして分かるようにし、手番を回す。

単純に強いだけならアズマさん自信満々なのですが、おじいちゃんは速さが無いためどうしたものか?

次のターンでも別の悪党を覗くと、今度は体力99とかアホなことにw

私「えっと……倒せるんですか?これ?w」

それを聞いた経験者のアズマさんは、どんなカードが出たか察しがついたらしく「じゃあ私行けるので行きます」と「攻撃力∞」のカードで自身強化。イカス!w

3人目の悪党は、なんと「病の伴侶」などというカードで勝利条件を「引き分け」に変えられてしまいw
困ったことに、攻撃力を全員それなりに上げてしまった状況で、どうやらその条件を満たせそうもなく……

最後まで希望を捨てず粘りましたが、やはり「病の伴侶」の条件を満たせず悪党を殺してしまい、また、自分が普通に負けてしまったので、どっちにせよ負けw

悔しいので、もう一回お付き合いいただき同じ成敗人をシャッフルして、今度はカラクリのおじいちゃんでプレイしたのですが、とても惜しいところまで詰め寄るものの、時間が足りなくて探索を放棄した悪党に「体力99」のカードが出てしまい負けw

結局2ゲームとも成敗人が華麗に散るバッドエンドとなるのでした。

IMGP2177.jpg


これは、非常に面白いです。
まえにも書いたかもしれませんが、正直「協力ゲーム」はそこまで好きではないのですが、非常にリプレイ欲が刺激されます。

勝つために情報をかき集めるゲームですが、限られた時間内に自分強化もしなければ勝てないので、全ての情報を得ることは難しく、どこかしら捨てる必要があるため、その捨てた情報が吉と出るか凶と出るか本当に最後までドキドキです。

アートワークも世界観を見事に表現していて、ロールプレイも存分に楽しめるかと。
完全に同人の枠を越えています。

まあ、ちょーっと難し過ぎる感はありますが、その分、成敗できたときの嬉しさも大きいハズ?
是非、コンスタントに成敗成功できるようになって、最強の悪党にチャレンジしてみたいです。

再販されたら絶対買おうと思います。

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは。


 

水+砂=泥?【どろんこパーティー】

▼どろんこパーティー ★★★
(Matschig)
版元:AMIGO
著者:Valentin Herman
IMGP2166.jpg


手札の「砂」カードと「水」カードを合わせて「泥」にして他のプレイヤーを泥だらけにすることが目的のゲーム。

プレイヤーは手札の砂カードと水カードを一枚ずつ組合せて任意のプレイヤーに投げます。砂カードと水カードにはそれぞれ数字が書いてあり、この数字が攻撃力です。

攻撃を受けたプレイヤーは、手元に「雨具」のカードがあれば泥を防ぐことができます。
泥を防ぐ場合は、砂もしくは水それぞれのカードに対して1枚以上雨具のカードを出すことで対応でき(完全に泥を防ぐには少なくとも雨具のカードが2枚必要)見事砂カードと水カードに書かれた数字を雨具で上回ることができれば回避成功です。

雨具の替わりにスペシャルアイテムのカードを1枚だけ使うことも出来ます。
完全に泥を防ぐものから、水もしくは砂だけ無効にするカードや、泥をそっくりそのまま誰かに押し付けたり、自分以外の各プレイヤーに分散して砂や水を押し付ける能力などがあり、プレイヤーを大いに助けてくれます。

雨具の数字が足りなかった、雨具(もしくはアイテムカード)を持っていなかった、持っているけど出したくなかったなどの際は、防げなかったカードをそのまま引き取ります。

最終的にこの引き取ったカードの数字の合計が最も少ないプレイヤーの勝利です。

今回はわにかわさん、akiさん、私の3人でプレイ

手札は常に7枚キープなのですが、おや?始まってみると、7枚の中に砂が無い……
砂が無いということは泥が作れないため攻撃が出来ませんw
その代わりと言ってはなんですが、雨具とスペシャルアイテムがごっそり手札に盛られている状態。
カウンターの鬼ですw

まずは わにかわさんからakiさんに泥攻撃。akiさん片方しか防げず被弾。
次にakiさんの攻撃ですが、akiさんも泥が作れないらしくパス。私もパスw

わにかわさんの攻撃、akiさんに泥を投げる。akiさん泥を防げず被弾。
次にakiさんの攻撃ですが、akiさんも泥が作れないらしくパス。私もパス……
わにかわさんの攻撃……

攻撃が回ってこないw

私に攻撃が飛んできた際にはスペシャルアイテムや」雨具で防ぐものの、カードを補充しても水が出ずに結局攻撃できないまま、全員が泥を作れなくなりカード引きなおし。今度は水のカードが無くて泥が作れずに再度パスw

IMGP2163.jpg


わにかわさんは砂のカードしか持ってなくて、私が水ばかり持っていたためか?やはり泥が作れずにカード入れ替え。

意外にこのゲーム泥が作れませんでした。ほとんど、カウンターでしかダメージを与えられなかった印象。
終わってみれば、アイテム勝ちが目立った私の勝利でした。鉄壁でしたw

このゲーム6人までプレイできるのですが、人数が多いほうが楽しそうです。
泥の攻撃をいかに回避するか?その回避が美しい、または二次被害、三次被害を出す回避のし方だったりすると場が非常に盛り上がるゲームです。

欠点は、攻撃目標が任意なため、まさに「ゴキブリポーカー」と同じく、誰かを集中攻撃することで少しつまらない展開になる可能性があります。
カード運にも左右されるので、手軽なパーティーゲームとしてワイワイ楽しむのが宜しいのかなと。

akiさんがこのゲームお気に入りなので、見かけたら遊んでやってくださいw

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは。


 
調布のあな
次回の「調布のあな」は
8月15日(土)開催となります

詳細&参加表明はコチラ
↓↓↓
http://twipla.jp/events/154272
ただいま紹介期間中です



【調布のあなスケジュール】

・第55回:2015年 8月15日(土)

・第56回:2015年 9月 6日(日)

・第57回:2015年10月11日(日)

・第65回:2016年 4月 9日(土)

・第66回:2016年 5月14日(土)

記事検索
オークション
アクセスカウンター
  • 累計:

RSS
Twitter プロフィール
ギルティギア界のそらい館長であり、「調布のあな」のかんちょーです。今は監査のお仕事…でも人を楽しませる仕事にしか興味アリマセン!カピバラさんには超思い入れアリアリアリーデヴェルチ!最近すっかりボドゲ野郎、あとお酒があれば本望!知り合い及びorそらい館知っているという方はリプライ下さい~フォロー返します