どうでもいい は なし

「調布のあな」のかんちょーこと、川口正志(本名プレイ)がお送りする
「どうでもいい話」or「どうでもいいは無し」
そんな毎日

2013年09月

火口調査にラマと行く?危なくない?【おっとっとラマ】

▼おっとっとラマ ★★★
(Hoppla Lama)
版元:Goldsieber
著者:Roberto Fraga
IMGP2613.jpg


最近「Goldsieber社製」のゲームを買い集めておりますが、もちろん和訳が公開されているものばかりではなく、ドイツ語ルールしかないものはakiさんに和訳をお願いしています。

いままで「ろくでなし!」「コロレット10周年記念版(これは練習用として)」「仔猫ちゃん」と和訳してもらい、今回は、「おっとっとラマ」の和訳が終わったということで早速、貰った日本語ルールでプレイしてみました。
(実は、英語ルールBGGにありました。akiさんごめんなさいw)

まずゲームとは関係ありませんが、格段にakiさんの和訳力が上がっていますw
ゲームの専門用語なども多い中、他のルールでも使われているような「よくある表現」がちゃんと使われていて、非常に分かりやすい文章になっていました。完全にレベルアップです。ありがとうございます。

ゲームは、ラマに乗って火山の火口の様子見てきましょう!という話で、ゲーム終了時に最も火口に近い位置に居たプレイヤーが勝利するといったもの。

まず親を決め(親は時計回り)親はラマが進むためのルールを用意された4つの中から選びます。基本的にバッティングゲームで、各プレイヤーはルールが決まったら袋の中なら1~5枚の「餌チップ」を握り、全員が握ったら公開。以下の条件から親が選んだ条件に合致するプレイヤーは全員、握ったチップの数だけラマを進めます。

①バッティングしてないプレイヤーの中で一番多く餌チップを握ったプレイヤーと一番少なく餌チップを握ったプレイヤー
②バッティングしてないプレイヤーの中で一番多く餌チップを握ったプレイヤー
③バッティングしているプレイヤー
④バッティングしてないプレイヤーの中で一番少なく餌チップを握ったプレイヤー

やることはこれだけ。
もし進みすぎて火口に落ちてしまったらスタートからやり直しです。
また、ラマは同じマスに2匹は居られないので、後ろから別のラマが同じマスにやってきたらそのマスを明け渡し1マス下がらなければなりません。

こうして、袋の中の餌チップが全てなくなったら、その時点でゲーム終了。

最後に、餌チップを最も多く持っているプレイヤーが3マス進んだうえで、自分のラマが最も火口に近いプレイヤーの勝利となります。

今回は、新平さん、ヒリュウくん、私の3人でプレイ。

IMGP2609.jpg


とりあえず試しに一度プレイしたのですが、私がルール説明の際に「最後に、餌チップを最も多く持っているプレイヤーが3マス進む」という1文をすっとばしてしまったため、それだと全くゲーム性が違うということで再戦。

このゲームどんどん火口に落ちて順位が入れ替わり立ち代りなのかと思ったら、人数が少ないせいもあるのか、皆火口の近くまでラマを進めて停滞しますw

バッティングのルールなら上手くバッティングを回避し、最大最小ルールなら全員バッティングw

最後の最後「もう次でチップなくなるね」となった段で、選択に悩む。
ヒリュウくんは「4」を出せば首位に立てる。彼の首位を止めるには自分も4を出さないとダメだが、4を出して仮に違う数を出されたら火口にまっさかさま。そんな棚ぼた的な勝利を狙ってくるかもしれない……

最後の最後で非常に悩ましいw

とりあえずチキンに1とか握ってみたものの、ヒリュウくんは恐れず4を出してきて最も火口に近い位置をキープし勝利するのでした。自分のチキンっぷりが悲しかったですw


今回は3人でプレイしたのですが、バッティングゲーなのでもうちょっと人数が多いほうが面白そうです。プレイ可能人数は3~6人。
思いのほか、火口近くで持ち応えて、落ちるか落ちないかのギリギリバトルが可能なため、チップ公開時に盛り上がります。ゲームは非常に単純ですし、プレイ時間も短いのでとても軽い印象ですが、最後に最も多くのチップもちが強制的に3マス進めさせられるところがちょっとしたスパイスになっていて、戦略性も出てきています。

もう一度、今度は5~6人でやってみたいゲームです。

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは。


 

モアイがそそり立つだけで超楽しい!【イースター島】

▼イースター島 ★★★
(Die Osterinsel)
版元:Blatz
著者:Leo Colovini & Alex Randolph
IMGP2592.jpg


アレックス・ランドルフとレオ・コロヴィーニの協作という、そのステータスだけでもなんとも豪華な「イースター島」
豪華なのは著者だけではなく、特大の箱の中に収められたコンポーネントも然りです。


ゲームは簡単なレースゲームで、親が公開したプレイヤー人数+1枚の「石」カードから1枚選び、そこに描かれている石の数だけ各プレイヤーの担当するモアイに自分のストックから石(本物)を入れる、もしくは自分のストックに石を獲得するかどちらかを選びます。

石を他のプレイヤーのモアイに入れれば自分のモアイが前進し、自分のモアイに石を入れれば自分以外のモアイを進めなければなりません。

もちろんレースゲームなのでいち早くゴールしたプレイヤーの勝利……と言いたい所ですが、1位のプレイヤーと2位のプレイヤーはモアイの中の石の数を数え、より石の数の多いプレイヤーの勝利となります。つまりは2位までに入れば勝利の可能性が出るわけです。

今回は、オリグチさん、ヒリュウくん、私の3人でプレイ

IMGP2587.jpg


最初のうちはそこまで迷うことなく、自分以外のプレイヤーのモアイへ石を均等に入れてモアイを進めます。
なんだかんだ言ってレースゲームなので皆、とりあえず先を目指す感じです。

そんな中、途中のモニュメントのあるマスに止まると自分に石を入れられる得点があるので、私はモニュメントのあるマス目狙いのプレイ。先に進み且つ、こっそり石を収集していきます。

「あれ?かんちょーのモアイ結構石はいってるんじゃない?」

気付かれたw

格好な頻度でモニュメントを獲得していたため、予想では一番多く石が入っていると考えていました。3人ならそりゃあバレますねw 途中から私のモアイはかなりマークされるように。

一方で石を集めたのは、この時点で明らかにモアイの軽いヒリュウくん。

モアイ自体も1位を走っていて、でもこのままじゃゴールしても勝てないね~なんて言っていましたが、私を勝たせかいとする2人の策略により、棚ぼたで石を集めるヒリュウくん。

オリグチさんも追撃しますが、レース自体は一歩及ばず、1位でヒリュウくんのモアイがゴールし、中の石をカウントするタイム。私は3位だったので参加できず2人の数比べに。

明らかに入っていないと思っていたヒリュウくんでしたが、「入っていない」という印象が上手く働いて後半石を集めたせいか、蓋を開けてみれば最も石が多く文句なしの1位となるのでした。


ランドルフらしく非常にシンプルなゲームですが、1位になっても2位のモアイよりも多く石を持って居ないと勝てないというところが良く出来ていて、これにより石の入れ方が非常に悩ましいゲームです。

大きくて豪華なコンポーネント、分かりやすいゲーム内容、全年齢層に楽しまれそうですが、ちょっと大雑把感は否めず、後半3位以下のプレイヤーは後半ゲームに絡めなくなる可能性が出てきます。

故に、あまり勝ち負けにこだわらずワイワイ楽しむゲームかなと。

まあ、そんなことはさておき
本当にモアイのコンポーネントは大きくて一見の価値があるので、その一点だけで是非プレイしてもらいたいゲームです。

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは。
 

 

ルールの設定がいたずら感?【トリック & トリート 】

▼トリック & トリート ★★
(Trick&Treat)
版元:ゲーム・リパブリック
著者:池田康隆
IMGP2584.jpg

同著者の「シャドハン」に比べあまりに知名度が低い「トリック & トリート」
確か昨年の10月くらいにオークションで購入し、価格は200円~300円くらいだった記憶でしたが、調べてみたら150円での落札でした……そのくらい日陰者?

ゲームは普通のトリックテイキングなのですが、トリックのルール(カードを出す方法)を親が場にあるカードから選んで勝負すると言うもの。親は時計回り。
トリックの結果、一番強いカードを出したプレイヤーが、トリックのルールに書かれた点数を獲得します。それだけ。

今回はヒリュウくん、オリグチさん、私の3人でプレイ。

IMGP2581.jpg


トリックのルールカードは2枚公開され、1枚にトリックのルールが2種類、計4種類の中からルールを選び、選ばれたカードは捨て札となります。

手札には7と11のスリーカードがあったので、なんとしてもスリーカードのお題が欲しいところ。
しかし、スリーカードは高得点かつ、揃いにくいため他の二人は使いたがらず、更に敢えて捨てにくる感じ。

ぐぬぬ(悟られないために声が出せない)

毎回ルールに従って何かしらカードを出さなければならないので、使いたくないカードも切らされ、得点化もままならず。

順調に得点を重ねるのはヒリュウくん。ひとつひとつの得点は小さいものの、多くのトリックを成功させて1位。
私は思うようにトリックのルールが取れずに悶絶して終わるのでした。

かなりアッサリ終了。


うーん、メジャーになれなかった理由がなんとなく分かった感じです。
決してつまらないわけではないのですが、「劣化版大富豪」という感想が否めません。

大富豪は、親になったらトリックのルールが選択できるこことを前提に、手札を見ながら先を見越して最善手を考えるゲームだと思うのですが、その「ルール選択」が手札とは別のカード運に委ねられてしまい、その場しのぎのプレイしか出来ず、ちょっとした思考の余地を失ってしまっている印象です。

手札がめまぐるしく変わっていく(変えられる)のであれば、ルールが都度変わるという変則性は面白いかも知れませんが、手札が固定である以上「有利なルールカードが公開され無い!」もしくは「使えない!」→「対応できない!」となってしまいます。

運ゲーと割り切ってワイワイと遊ぶなら良いかもしれませんが(ハロウィンでお酒飲みながらとか)ゲームとして「考えること」を求めるなら、大富豪の方がまだ良いです。

アートワークも綺麗ですし非常に残念。

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは。

 

2013年9月22日 自宅ゲーム会

前日の19時よりモンハン会を始め、朝の6時半頃まで11時間半もぶっ通しの徹夜明け。
1時間半だけ仮眠を取り、9時よりモンハンとはまた別のメンバーでボードゲーム会を行いました。

なんという強行スケジュールw

そんなスケジュールにも関わらず、ゲームをしているとそんなに眠くならないんですね。
夕方7時過ぎまで10時間ほど遊びました。まだまだ若いもんには負けんのじゃ(ゴホッゴホッ!)


▼カバレ
過去プレイ記事
http://koumeinowana.blog101.fc2.com/blog-entry-309.html
ヒリュウくんが最初に来たのでとりあえず2人でカバレ。
経験者とは言うものの、前回はアッサリ不慮の事故で終わったのでそんなにアドバンテージないかと。
今回も大きな得点を抑えてなんとか勝利。
このゲーム、自分を動けなくして積極的に終わらせることも出来るんじゃないかな?と。
意外にこの戦略面白そう?ってことでもう一度やりたい気分です。


▼カプライス
過去プレイ記事
http://koumeinowana.blog101.fc2.com/blog-entry-310.html
オリグチさんが来たので今度は3人でカプライス。
akiさんと同じく「こんなに大きな箱もコンポーネントも要らないね」という皆の印象w
単純な動作にみんな頭を悩ませつつ、面白いと言っていただけてよかったなと。
ゲームは私の勝利。これは経験の差が出た気がします。


▼イースター島
IMGP2590.jpg

積みゲー消化ということでイースター島をプレイ。
ボードゲームワールドの世界遺産(でしたっけ?)ゲームのトップで紹介されて居たので2人とも知っているかと思ったらそうでもなかったらしく。石を入れるときがなんかドキドキでいいですね。ドキドキする要素は無い気がするのですが、なぜかドキドキw
勝ったのはヒリュウ君。これは3人アツイですね。いいゲーム。


▼ポルノスタープロジェクト
過去プレイ記事
http://koumeinowana.blog101.fc2.com/blog-entry-308.html
最近良く回るポルノスタープロジェクト。
まあ、ネタ以外のなにものでもなくw
プロダクション「オリ-1 ナンバースタイル」のオリグチプロデューサーさんが圧倒的勝利。
盛り上がりはイマイチw


▼ロイヤルターフ
過去プレイ記事
http://koumeinowana.blog101.fc2.com/blog-entry-306.html
オリグチさんのリクエストでロイヤルターフもプレイ。
3人でのプレイでしたが、人数が少ないと駆ける馬に偏りが出るのでブラフ重要ですね。
最終レースで2位の馬を一人勝ち出来た私の勝利。3人ならではの楽しさがありました。


こから新平さんも参戦。4人に。


▼トリック or トリート
IMGP2581.jpg

あまり知られていませんが、ゲームリパブリックのカードゲーム。ヒリュウ君のインストでプレイ。


▼カーサグランデ
IMGP2598.jpg

オリグチさんが好きそうかな?と思いカーサグランデをチョイス。
「見た目だけで面白そう」とはオリグチさんの談。
まだ普通に売っていることを告げると目をキラキラさせていました。
ゲームは、上層位階で上手く建物を建てた私の勝利。


ここでオリグチさん撤退。再び3人体制に


▼レガシー
IMGP2599.jpg

レガシーを買ってできてなかったので、この機会にとプレイ。
説明書を読み進めるも非常に分かりづらくw
なんとか読み解いてプレイすることが出来ました。
プレイ内容自体はそんなに難しくなかったので、本当に説明書がダメな感じ(原文が既に分かりにくいらしいです)
勝ったのはヒリュウ君。10点差をつけられて2位。説明書はアレですが、ゲームは非常に面白かったです。


▼パトリツィア
IMGP2604.jpg

去年の夏の自宅会以来久しぶりのパトリツィア。
シャハトのゲームの中でも傑作だと思います。良いですね。好き。
3人プレイがやはり面白く、接戦感もあって良いです。
ゲームは私の勝利。


▼おっとっとラマ
IMGP2609.jpg

akiさんが和訳してくれたのでプレイ。akiさんの和訳も回を追うごとに分かりやすくなっています。
今回の和訳は本当に分かりやすいなと。
ただ、自分がルールを読み飛ばしてしまい、再戦したために都合2回プレイ。
1回目は参考なのでナシとして、2回目はヒリュウ君の勝利でした。


ここで7時過ぎて新平さんが帰宅とのことだったのでお開きに。
10時間で10個のゲームと、まあまあ回せたのではないでしょうか?積みゲーも結構消化できてベネ。
いつもお付き合い頂く方達には感謝です。

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは。


 

ドイツからのアナログなお買いもの

ユーロゲームを買ううちに段々と国内だけでは欲しいものが手に入らず、海外から取り寄せる方も多いかと思いますが、私も主に絶版品を中心に、個人的に取り寄せることが多くなりました。

最近ではBGGのマーケットプレイスなどもあってちょっとした英語のやりとりが出来れば誰でも気軽に個人間売買が出来、色々欲しいものが前以上に手に入りやすくなりました。

とは言え、最近はマーケットプレイス上でも希少な絶版品は高かったり、そもそも出品がなかったり若干品薄になった感は否めないのですが、前から取引をしていると、マーケットプレイスに出していない商品をコッソリ教えてくれたり薦めてくれるようになります。

本日も、そんな経緯で購入したドイツゲームがいくつか届きました

IMGP2576.jpg


これを売ってくれたドイツ人とは何回か取引しているのですが、今回はちょっと変わっていて「未開封品ゲームのリスト」と「自分のゲーム棚(中古)」の写真を「欲しいのあったら言って」と添えて送ってきました。

また、届いたゲームは中古に関してだけですが、新聞紙で一個一個包装されて送られてきました。

▼仕事がとても丁寧です
IMGP2568.jpg


ゲーム棚にあったものですから、状態も期待していなかったのですが非常に良く、心遣いも良く。
ちょっと高めなものもありましたが、気持ちの良い取引ができました。
そういう戦略なのかもしれませんw

中でも、今回、ゲーム棚を見て「是非下さい」とガッツいたゲームがこの「プライバシー」
IMGP2579.jpg


「大丈夫なの?ドイツ語しかないけど?」と何回も言われましたが(このやり取りだけで3回)譲って貰いました。最近、自宅ゲーム会で「下衆ゲー」が流行っているので、これから和訳シールを作って、最後の締めくくりはコレにしようと思っていますw

海外とのやりとりは、絶版ゲームを手に入れることはもちろん一番の目的ですが、ちょっとしたやり取りが非常に面白く、最近はメールの返事が楽しみになっています。

Amazon.deなどでも買える物はたくさんありますが、クリックだけで物が買えてしまうより、こうしたアナログなやりとりで物を買うことがちょっと新鮮で良いなと。(電子メールがアナログかどうかは分かりませんが……)

たまに届かないことや、粗悪な品が来たりすることもありますが、まあご愛嬌でw

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは。

 
調布のあな
次回の「調布のあな」は
8月15日(土)開催となります

詳細&参加表明はコチラ
↓↓↓
http://twipla.jp/events/154272
ただいま紹介期間中です



【調布のあなスケジュール】

・第55回:2015年 8月15日(土)

・第56回:2015年 9月 6日(日)

・第57回:2015年10月11日(日)

・第65回:2016年 4月 9日(土)

・第66回:2016年 5月14日(土)

記事検索
オークション
アクセスカウンター
  • 累計:

RSS
Twitter プロフィール
ギルティギア界のそらい館長であり、「調布のあな」のかんちょーです。今は監査のお仕事…でも人を楽しませる仕事にしか興味アリマセン!カピバラさんには超思い入れアリアリアリーデヴェルチ!最近すっかりボドゲ野郎、あとお酒があれば本望!知り合い及びorそらい館知っているという方はリプライ下さい~フォロー返します