どうでもいい は なし

「調布のあな」のかんちょーこと、川口正志(本名プレイ)がお送りする
「どうでもいい話」or「どうでもいいは無し」
そんな毎日

2013年12月

プレゼント当選者発表 と ごあいさつ

2013年も31日(大晦日)となり、今年を振り返る時間もあと僅かとなりました。

今年も個人的に色々なことがありましたが、トータルでことボードゲーム関連については充実したとても楽しい年だったと思います。 

主催する「調布のあな」は、一時低迷していた参加者数も徐々に戻り、今では以前以上に活況になりました。
週刊プレイボーイで取り上げて貰ったり、プライベートでも遊ぶ新しい出会いなどもあり、本当に良い一年になったと思います。

つたない主宰ではありますが、引き続き来年もよろしくお願いします。


さて、とりあえずの御挨拶をしたところで、話題を変えて。
以前、このBlogにてプレゼントの企画をやっていたのを憶えていらっしゃるでしょうか?

ブログ一周年 在庫処……プレゼントキャンペーン!<その1>

ブログ一周年 在庫処……プレゼントキャンペーン!<その2>


たくさんのご応募ありがとうございました。

来る12月29日、自宅会の折に、プレゼントの抽選を行いましたので結果をお知らせしたいと思います。
今回の抽選は、私が行うのではなく、29日に遊びにいらしていた「春夏冬中(あきないちゅう)」でお馴染みの「桜遊庵」 の折口さんに行っていただきました。

折口さんには、当日、予告無く突然お願いしたにもかかわらず、快く対応いただきました。
(お願いは前々からしようと密かに考えていました)本当にありがとうございました。 

抽選の内容を動画で撮影しましたので、詳しくはコチラでw

▼「どうでもいい は なし」プレゼント企画抽選!(音量注意)
  

その場に居た方に結構当たってしまいましたが、本当に仕込み無しです(汗)
当選された方には、年明けにメールさせていただきますので、発送先などお知らせいただければ幸いです。
また、調布に来られる方はそちらでお渡しします。

また、実は2点ほど抽選を忘れておりまして(汗)
同日、こちらは(折口さんゲーム中につき) akiさんに追加で抽選してもらいました。

IMGP3686

当選者は以下の2名様です

▼抽選漏れ(1) コロレット10周年記念版
 IMGP3687

▼抽選漏れ(2) ラブレター英語版
IMGP3689

皆様、ご応募ならびにコメントありがとうございました。
コメントは全て拝見いたしました。嬉しいコメントばかりで本当に涙が出ます。

また来年も、細く続けて生きますのでよろしくお願い申し上げます。

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは :-)



↑ 喜ぶの?w

自宅ゲーム会 2013年12月30日

昨日に引き続き自宅ゲーム会です。
2日間ぶっ通しのつもりでしたが、セパレート開催となりました。これはこれでよかったかも?

30日にお越しいただいたのは、秋山さんとイワイシさん。
ここに私とakiさんを加え4人です。しっぽりゲームをプレイするには丁度良い人数。 

昼過ぎくらいに秋山さんが来たので、とりあえず私とakiさんと3人でゲーム開始です。

▼シムサラホップ
IMGP3698
 
akiさんと私、2人とも見た目で「絶対面白そう」と意見が合い楽しみにしていたゲーム。
プレイ感は……かなり地味。
勝ったのはakiさん。前日練習していた賜物ですw 


▼王と枢機卿
IMGP3701
 
秋山さんが未プレイということで広げてみました。結果は最下位……
いやいや、2人とも変な手ばかりでセオリー通り打った私は全く点が延びませんでした……という言い訳。
冗談抜きでセオリー通りはダメだなと。周りの状況に合わせてもっとガンガン放り込んでも良かったっぽいです。またこのゲームの新しい一面を見られたような気がします。 

▼関係無いところではっちゃける秋山さん


ばかばかばかw


▼羊と狼のピースフルワールド
IMGP3703

秋山さんの持ち込み。イワイシさんが来たので4人プレイ。
インディアンポーカーみたいな自分正体予測ゲームなんですが、うん、うん……
早い者勝ち故の観察力と判断力が必要なのは解るんですが、いかんせん早い者勝ち故に情報量が少なすぎて運ゲーを脱していないという印象。あと、カードが透けてしまうのでちょっと頂けないかなと。

▼エベス
IMGP3706
 
評判が良いのでリクエスト。なるほど条件が構築されていくトリックテイキングとは面白い!
ただ、いかんせん地味さが際立つというか、終盤で得点差がどうにもならない感が残念だなと。システムは楽しいと思います。 


▼炭鉱讃歌
IMGP3710

最近プレイ機会が多い炭鉱讃歌。始まってすぐ秋山さんが「これは面白い、もう一度やりたい」と言い出すw
で、そのまま秋山さん勝利。かなりワーカー使わされる展開になってしまい私は2位でした。素直に薦められる良いゲーム。 


▼アウグストゥス
IMGP3711

最後は秋山さんのリクエストで大急ぎで「アウグストゥス」で〆。
インスト込み35分。バタバタしてしまいましたが、これも私は結構好きです。戦略性とか無いから好き嫌いは分かれるでしょうが。まあカジュアルに出せる便利なゲームという意味で好き。

ここまでで夜9時過ぎ。
その後は近くの焼肉屋にて夕食をとり、11時まえくらいに解散しました。

▼焼肉屋でワンナイト人狼 ハロウィンバージョン……これが本年最後のゲームw
01c91f7ca62e731f4996cf6fdff62c36b7a734fe02

 
これにて、本年最後のゲーム会終了。
重ね重ね、2日間お越しいただいた方々ありがとうございました。

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした

ではでは :-)


自宅ゲーム会 2013年12月29日

12月29日は忘年会も兼ねて、お酒飲みながら自宅でゲーム会を行いました。
ゲーム会といっても「家空けておくから適当にどうぞ」という、なんの「お・も・て・な・し」も無い放置空間ですw

いらっしゃったのは、みどりさん、ホンダラモーンさん、のっちさん、春くん、よしくん、きいろさん、スギさん、オリグチさん、G2さん、やざわさん、ShadowFlameさんの11名で、ここに私とakiさんを加えた13名でした。

人数が多いので、倉庫と化していた和室をなんとか片付け、ゲームが出来る状態にw

あとはお酒飲んでアレの動画を撮って……という会。

私もゲームを2つほど

▼レンフィールド
IMGP3696

 やっと遊べたレンフィールド。これ面白いですね。非常に面白い。一晩中あそんでいられそうです。
最初の競りがかなり良いスパイスだなと。手札を見て強スートのアドバンテージを活かせると踏んで、競り落とせたときの脳汁ハンパないですw

▼王と枢機卿
写真ありません。すいません。
きいろさんが、王と枢機卿を遊びたいというのでインストついでに、やざわさん巻き込んで3人でプレイ。結果は2位。うーん最近勝ててない。きいろさんも、やざわさんも気に入ってくれたようでリプレイしていました。
よかったよかった。
 
みなさん徹夜で遊んでいくかと思いきや、翌日に予定(や仕事)があるとのことで23時前には帰られました。 

13人はちょっと手狭でしたが皆さんお越しいただきありがとうございました。
また来年もよろしくお願いします。

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは :-) 




立体になるだけでワクワクするブロックス【ブロックス3D】

▼ブロックス3D ★★★
(Blokus 3D)
版元:Mattel(ビバリー)
著者:Stefan Kogl
IMGP3721
 
おなじみ「ブロックス」の3D版。
3Dになったことでかなり仕様が変わっていますが、根本はブロックスを外していない感じです。

ブロックス同様、自分の色のブロック同士が接するように今回は2人なので4段を上限にブロックを置いていきます。全てのプレイヤーがブロックをおけなくなるか、全てのブロックを置ききったらゲーム終了。

面白いのはここからで、ゲームが終了したら真上から盤面を確認しより多くのマス目分見えているプレイヤーの勝利です。ちなみにブロックが余ってしまったら余ってしまった個数分だけマイナス点となります。

今回はakiさんと2人プレイ

IMGP3565
 
4段制限は結構絶妙で、ブロックによっては立てて置いてしまえばすぐ得点になりますが、ブロックされやすく、次の手が打ち辛いので迂闊なことはできず。でもチャンスがあれば狙っていきたい気もするので悩みどころ。

逆に1段目だけ埋めると大抵重ねられてしまうので置き損になりますが、2人プレイだと底辺が埋まらない可能性もあるので、1段目がそのまま上から見えてしまう可能性も考えられ……どこに置いても置き方次第で得点が狙える良い仕様。

ここに最初気付かずに、てんとう虫のように上へ上へと伸ばす私とakiさんでしたが、横に伸ばさないと選択肢がどんどん狭くなることを悟り、一足先に横広がりへシフトする私。

案の定、akiさんは横に広げ難くなっていて、何回か置こうとした場所にブロックが置けず(自分のブロックと面していないため) 私の低層のブロックを上書きできない状況に。

これが響いたのか、そもそも2人だと点差がつき難いのか、わずか2点差で私の勝ち。
思ったより僅差だったのでお互い穏やかに終われました(?)w


----所感

実はあまり良い評判を聞かないブロックス3D。

言われているほど悪く無かったです。むしろ面白い。
これを4人でプレイするとちょっとマイナス評価になるのでしょうか?気になるのは後手番が圧倒的に有利なので、その点だけ何か制限がかけられないかな?というくらいで、他は見た目のよさ、ほどよい軽さ、ちょっとした思考が必要になるところもあり、悪くないと思いました。 

あと、2人で気軽に出来るのもよいですね。
普通のブロックスだったりネクソスだったりを2人でプレイしようとすると、1人2役しなければならないので。
個人的にはオススメです。

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは :-)



先の先まで読む必要のある骨太2人用【銅鍋屋】

▼銅鍋屋 ★★★☆
 (Kupferkessel Co.)
版元:GoldSieber
著者:Gunter Burkhardt
IMGP3579
 
2人用として評判の良い「銅鍋屋」が届いたので、早速開けてプレイしてみました。

コンポーネントには15種類の怪しげな材料が描かれたカードがそれぞれ4枚ずつ(各1~4の数字が振られています)、計60枚と、黒と白のコマ、4枚のコーナーカードのみ。

まず最初にカードを6×6の配列で並べていきます。コーナーのみ別に4枚用意されているコーナーカードを使い、あとはランダムです。残ったカードは山札として、各プレイヤーは山札から1枚カードを獲得してゲームスタート。

手番が来たら、カードに書かれている数字だけコマを動かします。動かす場所は、カードを並べた外周で、辺1枚分の移動で1コマと数えます。コーナーのみ、辺の数(実質2辺ありますが、1辺とカウント)は無視して1コマと数える感じです。

次に止まった場所の列にあるカードを1枚得て手持ちのカードに重ね、カードを取った場所に山札カードを補充します。止まった場所がコーナーだった場合はカードは獲得できません。これで手番終了。次の手番では重ねたカードに書かれた数字分また外周を進みカード獲得を繰り返し、山札がなくなって補充できなくなった後、いずれか1列が枯れた時点で終了となります。

得点は、カードに書かれた数字に依存し、同じ材料のカードを何枚持っているかで難点入るか決まります。
  • 1枚しか獲得していない場合
    書かれている数字の合計分マイナス点
  • 2枚獲得している場合
    数字に関係なく0点
  • 3枚獲得した場合
    書かれている数字の合計分プラス点
  • 4枚(全て)獲得している場合
    書かれている数字の合計+5点分プラス
更に、1の数字が書かれているカードをより多く獲得したプレイヤーは+5点獲得し、数字の背景が自分のコマの色と同じカードを獲得している場合、そのカードの得点は2倍でカウントされます(マイナスも2倍)

他に、厄介なカードとして「爆弾」の描かれているカードがあり、爆弾カードを獲得したら相手の獲得した一番上のカードを廃棄させることが出来ます。魔女の帽子が描かれたカードは獲得すると手番にもう一度移動することが可能です。

今回は、akiさんと2人プレイ 

IMGP3562

とりあえず自分のコマと同じ色のカードは得点が倍なので積極的に狙うことに。akiさんも同様で、あとは枚数も気にしなければならないため、2枚以上の獲得は最低限考えないとなと……

しっかし、イキナリ悩ましい。
ほしい材料を欲望のままに獲得しに行くと、次の手番に進めるコマ数がどうにも美味しくない。材料ごとの枚数あわせもありますが、とにかく多くカードを得る方が有利だと思ったので、不用意にカードを獲得してコーナーストップしてカード得られないターンを作ってしまうと単純に不利になる予感。

でも、あのカードはほしい!!

みたいな、論理的思考と単純な欲望が本当に葛藤しますw

akiさんも考えがちですが、こちらから見ている限りでは順調に枚数を重ねている様子。私は、セットコレクトをちゃんと完成させたい欲が勝り、たびたびコーナーストップで離されて行く感じ。

更に、akiさんいやらしく「爆発」のカードを獲得してこちらの計算を狂わせてくる!あああ

「4」の数字が書かれたカードを爆発させられたりすると(しかもそれが既に得点圏内だと)本当にお通夜な気分になります。なんという悔しいゲーム。 しかもakiさんは、私が揃えると得点が倍になる白いカードの数字4を爆発させてくれて、本当にお通夜終わって涙溢れる告別式モード。 

結局、こちらは効果的な妨害も出来ず、そのまま大差で負けてしまうのでした。この手のゲームでakiさんに負けるのはちょっと悔しいw


----所感

「なんともよく出来たゲーム」というのが第一印象。

「取りたいカード」と「必要なカード」は大抵合致せず、強烈なジレンマを伴います。また、先々を見通した立ち回りが必要になりますが、考えれば考えるほど思い通りに行く気がせず、その効率性が正しいかも解らなくなってくるという……「わからないや」と思わす苦笑してしまうくらい頭の中が混乱するゲームです。

そんなゲームなので、もっと気軽にカジュアルに遊ぶのも楽しいかもしれません。カジュアルに遊んでもそのシステムの秀逸さはきっと体感できると思います。

こちらの「銅鍋屋」は絶版品で、海外でもそこそこ評価が高いためちょっとお高めですが、最近「Glastonbury」というリメイク品が出ているそうです。ルールは変わらずに4人まで遊べる仕様とのこと。ただ4人だと戦略性が落ちるらしく、推奨は2人だとか。近々メビウスさんで扱うのかな?って感じ。

リメイクされたら是非遊んでほしいゲームです。

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした

ではでは :-)



 
調布のあな
次回の「調布のあな」は
8月15日(土)開催となります

詳細&参加表明はコチラ
↓↓↓
http://twipla.jp/events/154272
ただいま紹介期間中です



【調布のあなスケジュール】

・第55回:2015年 8月15日(土)

・第56回:2015年 9月 6日(日)

・第57回:2015年10月11日(日)

・第65回:2016年 4月 9日(土)

・第66回:2016年 5月14日(土)

記事検索
オークション
アクセスカウンター
  • 累計:

Twitter プロフィール
ギルティギア界のそらい館長であり、「調布のあな」のかんちょーです。今は監査のお仕事…でも人を楽しませる仕事にしか興味アリマセン!カピバラさんには超思い入れアリアリアリーデヴェルチ!最近すっかりボドゲ野郎、あとお酒があれば本望!知り合い及びorそらい館知っているという方はリプライ下さい~フォロー返します