引き続き、akiさんとの2人会。
最後に紹介するのは、前々回の頒布会ゲーム「ドラゴンズ」
以前、確かどこかのメーカーが「セブンドラゴン」というタイトルで輸入販売していたような?
というシロモノですが、未プレイだったのでやってみました。

▼ドラゴンズ(Seven Dragons) ★★☆
版元:AMIGO
作者:Andrew Looney
DSC_1083


システムは至ってシンプルで、まず山札からカードを1枚補充した後(必ず補充は先に!これ結構重要です)手札からカードを1枚プレイして同じ色のドラゴンをつなげていくというもの。

プレイヤーには、それぞれ別の「お題ドラゴン」が設定されていて、そのお題のドラゴンが7枚連続したら勝利となります。
つなげ方にもコツがあって、違う色のドラゴンを複数同時につなげるとボーナスとして手札が増えたりも。

カードにはドラゴン以外にも「お題を交換する」「手札を誰かと丸々交換する」など、アクションカードがあり、ドラゴンをプレイする代わりに使うことも可能。

このアクションカードが全て壊れていてかなり熱いw

終了直前でお題を交換させられてアッサリ負けたり、手札を全部交換させられたら使えるカードが本当になくて絶望したりw

物凄く解り易いシステムと、解り易い大どんでん返しでシンプルすぎるシステムに不安がありましたが、かなり楽しめました。

akiさんに至っては、既に紹介した2作品よりも気に入ったらしく、この日一番のお気に入りとなり、希望を叶える形で結局3回リピートプレイすることに。

ただ、正直言えば、軽いプレイ感で盛り上がりのあるゲームという意味では良いゲームですが、フリークには物足りないとは思います。

絵柄も綺麗なので、その点も良いですね。
是非、大人数でワイワイやりたいゲームです。

ちなみに3回とも私が勝ちました。空気読めずにごめんなさいw


そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは