昨日、すごろくやさんでゲームを物色していると、一緒にいたakiさんに「海外からゲーム買ったりするのに、なんでお店でも買うの?」という質問を受けました。

確かに、結構海外から取り寄せているので、その印象が強くなっているのかな?
でも、まだまだ国内で買う方が多いです。
数えてみたところ、いま丁度所持数が350個となっていますが、海外で買ったゲームは83個でした。この83個にはエッセンで買った中古も含まれていますので、比率的にはまだまだ国内購入が基本。

海外購入は日本で手に入らないものを取り寄せていることが多く、手に入るものについてはなるべく国内のショップで賄うようにしています。
最近は、円安やら送料増やらで海外で買うメリットが薄くなって来ていますし、がんばって海外通販をしようと言う気持ちも減退気味。

あと、やはり内需を拡大しないとプレイ環境が整わないので、国内のショップを応援したい想いが一番強いです。

もちろん、お財布事情にはとっても底の浅い限界がありますので、あまり沢山は買えませんが、出来る限りはw

そんな個人的には熱いソウルフルなお話を店内で2人でコソコソしながら「チューダーの薔薇」を購入して帰宅するのでした。

安売りショップとか、もちろんAmazonとか、競合し大変なこともあるかと思いますが、なんとか生き残り、楽しいゲームを供給して貰いたいです。

なんて……Amazonへのリンクを張っている説得力の無い1ユーザの戯言でしたw

そんな感じで、今日は若干「どうでもいいは 無し」的な「どうでもいい話」でした。

ではでは