最近は、すっかりakiさんと公民館で2人プレイが定着しつつありw
大人数もいいけど、たまには2人もね~なんて感じで、軽いゲームからアグリコラやツォルキンといった重いゲームまで嗜むようになっております。

そんななか、原点返りで軽いゲームをということで、取り出したのがこの「クラック」

▼クラック ★★★☆
(Klack!)
版元:AMIGO
著者:Him Shafir
IMGP0920.jpg

ゲームは超が付くほど簡単で、まず色々な図形の描かれたタイルをテーブルに広げます。
準備はこれだけ!広げたらもう、本当にすぐにゲームスタート!

手番のプレイヤーは色の描かれたダイスと、図形が描かれたダイスの2つを同時に振り、各プレイヤーは2つのダイスの条件(色と図形)を満たす図形が描かれたタイルを早い者勝ちで取っていくだけ。

IMGP0918.jpg

タイルを取る際は必ず片手でなくてはならないのですが、このタイルに磁石が仕込まれているので、ポンポンと重ねていくと簡単に取れます。非常に気持ちいいw

取れるタイルが無くなったところで1セット終了。これを繰り返して、最後の1個になるまで続けます。

もちろん一番タイルを取ったプレイヤーの勝利。

本当にやることは単純で、ダイスを確認して血眼になりながらタイルを回収するだけなのですが、意外に声は出るしエキサイトします。

もう手がかち合いそうになるくらい惜しい形で取り逃すと悔しくて悔しくてw

また、色のダイス、図形のダイス共に「白」の目があり、この白の目が出たときはどんな条件でも回収してOKとなるので、ダイスが2つとも白くなるともう片っ端から

「ほんとにいいの?!取っていいの!?何このゲーム!?ww」

なんて言いながら回収していきますw
そしてあっという間に終了!

無駄に熱い!本当に無駄に熱い!w

単純なゲームほど差は出ないもので、2回プレイして1勝1敗でした。
時間にして2ゲームで10分かからないくらい。ストライクよりアッサリで、運の要素が無い純粋なアクションゲームとして、ゲーム会で定番にしても良いかも知れません。そのくらいお気に入り。

まあ、フリークな方々が何回も楽しむようなゲームでは無いと思いますが、楽しいのでちょこちょこ調布でも回してみようかな?と思います。

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは。