ズーロレットがダイスゲームになってコンパクトになったなぁ
などと、購入当時はワクワクしていたものですが、いざ手元に来たら「持ち運ぶならコロレットで良いな」なんて原点回帰してしまったため、長らくプレイする機会を失っていたズーロレットダイス。

せっかくだから遊んでおこうということで、akiさんと2人でプレイしてみました。

▼ズーロレットダイス ★★★
(Zooloretto Würfelspiel)
版元:Abacus
著者:Michael Schacht
IMGP0930.jpg

ライオンの顔が超イケメン!

まあ、そんな話はどうでもよくてw

今回は2人プレイなので、2人プレイ用のボード(両面仕様)を使ってプレイ。2人用ボードはトラック3台+ダイス6個。
最も若いプレイヤーがスタートプレイヤーということで目をキラキラさせながらakiさんスタートプレイヤーアピール。

はいはい、オッサンでごめんねw

手番ですることはダイスを2個振って好きなトラックへ配置するか、配置されたダイスを引き取るか。この辺はなんともズーロレットっぽいですね。
これを繰り返して自分の動物園へ動物を呼ぶのですが、ズーロレットと違うところは、全ての種類の動物を獲得した方が点数になる点。

ただし、迎えられる上限数は各動物ごとに決まっていて、それをオーバーすると小屋行きとなりマイナス点になります。

このマイナス点は基本的には消せないのですが、動物の他にコインの目もあり、コインを集めることで小屋のマイナスを帳消しにすることも。

▼記録は紙のメモ帳に行います
IMGP0929.jpg

得点用紙もフルカラーでキレイで使うのがもったいないくらい。
両面印刷になっているので、それなりに回数には耐えられそうですが

最後にダイスを得た方が先手番になるため、しばらくはakiさんからダイスを振り、私からダイスを獲得する同じ流れ。

akiさんは小屋行きも多いものの、着実に動物を埋めていき、私は動物は少ないものの、コインを順調に増やすプレイング。

最初に規程数動物を得ると点数が入るのですが、そのファーストポイントは私が着実に重ねているので、akiさん焦り気味。

とはいえ、動物数ではakiさんに叶わないので、ゲームが終る前にコインを武器に、無理してでも動物が欲しい私も相当焦り気味w

終わってみれば小屋行きも含め動物をガッツリ抱えたakiさんを、小屋行きを全てコインで帳消しにした私が僅差で追い抜き勝利。あぶなかった(汗)

ズーロレットのエッセンスは残しつつ、一味違うプレイ感◎
また、セットアップなどの煩わしさをごっそりと省くことに成功した記録用紙とダイスの相性も非常に良いと感じました。これは良作。

持ち運びも楽ですし、旅先に持って行ってちょっとプレイするにはもってこいですね。
是非、カバンに1つ忍ばせてやって欲しいゲームです。

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは。