「グランディングにハズレなし!」という勝手なファンタジーを最近抱いているワタクシでございますので
akiさんに頼んで朝一番で買ってきて貰いました新作「ダイヤモンスターズ」をプレイしました。

▼ダイヤモンスターズ ★★☆
版元:グランディング
IMGP1393.jpg

各プレイヤー1~5の数字が書かれているモンスターのカードを各1枚ずつ、計5枚のカードを持ってスタート。

残ったモンスターカードは山札として、一番上のカードを中央にオープン。
オープンしたカードが競りの対象となります。

各プレイヤーは手札から1枚モンスターカードを選び裏にして場に出します。

全員が出したら一斉にオープン。
他のプレイヤーとカードが被っていないプレイヤーの中で、最も大きい数字を出しているプレイヤーが勝者となり(ちなみに「1」は[5」より強い判定)競りの対象となっているカードと、更に自分で出したカード計2枚を引き取ります。カードを引き取ったプレイヤーは、山札からカードを補充し、そのほかのプレイヤーは場に出したカードを手札に戻します。

カードにはモンスターの他にダイヤが描かれているものがあり、引き取ったカードに描かれたダイヤが合計で5つ以上になったらそのプレイヤーの勝利です。
また、ダイヤが5つ以上にならなくとも、同じモンスターを3枚以上集めたらこちらも勝利となります。

非常にシンプルなルール。
モンスターカードにはダイヤの数をマイナスにするカード(4のカード)などもあるため、何でもとりあえず引き取れば良いと言うわけでもなく。

かと言ってモンスター3匹集めればこれまた勝ちなので、とりあえず邪魔するためにも競りには買っておきたいということもあり。

なかなかよくできているなと。
そんなことを考えながらプレイ開始。

今回は、かにゃたさん、akiさん、私の3人プレイ。

とりあえず「ダイヤモンスターズ」ってくらいなので、ダイヤを集めることを目標にするか~なんて漠然と考えていたのですが、これが意外と難しい。

手札は最初各プレイヤー同じであるため、いきなり読み合いが始まります。

とりあえず初手はモンスターを獲得しておきたいけど、5を出したら1を出されるかもしれないし、1を誰かが出す前提なら2を出せばいいし、競り対象が3だから、3で競り落とせれば一気に有利だけど、誰かが同じことを考えているとしたら4もアリか?と思ったけど、4はダイヤがマイナスだから出し辛い……

難しい!w

まあ、考え過ぎてもしょうがないのでフィーリングで5。akiさんも5、かにゃたさん4
かにゃたさん勝ち!

ああ、そういえばバッティングもあったw

引き取られていく3と4のモンスター達。次のラウンドはakiさんが獲得し、次はまたかにゃたさん。
全くダメダメな私……

やっと4ラウンド目にして「1」を出して「5」に勝って、5と1のモンスターを獲得しましたが、次のラウンドでかにゃたさんがモンスターを3枚揃えてアッサリ勝利。

早い!このゲーム早い!w

ちょっと早すぎたのでもう一回!ということで、もう一回やりましたが、今度は4ラウンドで同じくかにゃたさんがモンスターを3枚揃えて勝利。

IMGP1392.jpg

4のモンスターはダイヤがマイナスなので、誰も集めないだろうと思って狙っていたら、かにゃたさんに4のモンスター揃えられて負けましたw

かなーりアッサリです。重めのゲームが好きな自分には正直物足りない印象でしたが、バッティングゲームということもあり、4人ならまた印象が違うかもしれません。3人はイージーでした。

また、このゲームは同社の「ひつじがいっぴき」と同じで、出来るだけシンプルなルールで初心者に優しく解り易くがコンセプトだと思うので、そういう意味では全くもってコンセプト通り「バッティング」というシステムをシンプルに表現できています。そういう意味では非常に良いのではないでしょうか。

ちょっとモンスターの絵柄が好き嫌い分かれるかも知れませんが、私は結構好き。

空き時間に軽く遊ぶゲームかと思いますが、結構悩ましいのでご注意。
リフレッシュという感じではないかもしれませんw

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは。