今回のメビウス頒布会は軽めのものが多く、また2人でプレイできるものばかりで消化がはかどります。
ルールも簡単そうだったので、「分ければ資源」もakiさんと2人でプレイしました。

▼分ければ資源 ★★★
(Ab in die Tonne)
版元:ABACUS
著者:Carlo A. Rossi
IMGP1614.jpg

数々のゴミをゴミ箱に上手く積み重ねられうかを競うゲーム。

各プレイヤーは1~10の数字の書かれたカードセットを受け取り、よくシャッフルし山札とします。
山札から3枚手札を作ってゲーム開始。各プレイヤーカードを1枚裏向きで場に出し、全員がカードを出したら一斉にオープン。最も数の小さいカードを出したプレイヤーから、カードに書かれた数字の個数ゴミをゴミ箱に積んでいきます。

このとき積むゴミは、出来る限り同じ種類のゴミを積まなければなりません。途中でゴミが無くなってしまったときのみ、別のゴミを積むことができます。

もしゴミを積む際にゴミ箱からゴミをこぼしてしまったらアウト。マイナス得点のチップを受け取ってゴミ箱を再び空にして次のラウンドをスタートします。

逆にゴミをすべて積み切ったプレイヤーはプラス得点のチップを受け取り、やはりゴミ箱を空にして再スタートです。

これを繰り返し、全員10枚のカードを使い切る、もしくは得点のチップ(6枚)が無くなったらゲーム終了。最も多く得点したプレイヤーが勝利となります。

▼ゴミのコンポーネントがよくできてます
IMGP1611.jpg

今回は2人プレイなので、常に4種類ある全てのゴミを3つずつゴミ箱に入れた状態からスタート。

小さいカードを出せば崩すリスクは低くなるのですが、後手番になってしまうため積み切ったときのボーナスは望めません。かといって大きい数のカードを出せば、相手が積んだ後に積まなければならないので崩しやすくなり難しい……と。

良く考えられています。

とはいえ、本質はアクションゲームなので、基本はどのように上手く積めるかの勝負!

とりあえずakiさんに崩してもらうため、嫌らしい置き方を模索するも、模索中に自ら崩してしまい1セット目終了wなにをやっているのだかw

次のセットはakiさんが崩したのですが、あまり高く積み重ねるでもなくアッサリ崩れた感じ。
このゲーム、単純に積むの難しいです(汗)
積み切ったときのボーナスが非常にドリーミーだと言う事が分かったので、とりあえず小さい数でも積める数で攻める戦法に切り替えたものの、チキンな個数を置くときでさえミスって崩してしまう私w

aki「やーこれいいね!」

askiさん勝っているので、非常に楽しそうw
最後も結局私が欲張って崩してしまい、そのまま負けてしまいました。akiさんの勝利。

ちょっとしたバランスゲームに、これまたちょっとした戦略性を絡ませた良作。
自分で積む数を決められるだけで、随分と楽しい気持ちになるもんだなと。

コンポーネントも良いですし、非常にルールも簡単なので、小学生ゲーム会に持っていく丁度良いゲームなんじゃないかな?と思っています。丁度良いタイミングで届きました♪

時間も非常に短時間で終わり、短時間の割には結構ガッツリと遊べて満足度は高めです。

とりあえず、ゲーム会に向けて時間みつけて1人で練習しておきます。
悔しいのでw

そんなこんなで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは。