▼クデルムデル ★★☆
(Kuddelmuddel)
版元:AMIGO
著者:Gunter Burkhardt & Haim Shafir
IMGP1661.jpg


ベルを鳴らすゲームは苦手という、良くわからない苦手意識があるワタクシですが、チンチンと鳴らすこと自体は大好きなので、どうにもベル付きゲームに誘惑されてしまいますw

このゲームも多分に漏れず苦手系なゲームだろうとは思いましたが、それでもやらずにはいられないわけです。

ゲームは至って簡単で、ペンギンやデッキブラシ、ヨット、アイスクリームなどが描かれたカードを裏向きにしてよくシャッフルし、各プレイヤー同時に1枚ずつめくります。

1枚目は無条件で自分の前にプレイし、以降は、めくったカードに描かれた絵のうち1つでも既にプレイされたカードに描かれていれば、カードを隣に並べます。
並べる際は、隣に同じ絵が描かれているカードをおく必要があるので、実質プレイされているカードで絵を確認するのは、両端のカードのみです。

これを繰り返し、7枚カードを並べることが出来たら、待望のチンベルタイムw
ベルを鳴らして揃ったことを宣言し、答え合わせの結果問題なければ7枚のカードを束にして避けます。

場にあるカードがなくなるまで続けて、いくつこの束を獲得できるかの勝負です。

akiさんと2人でプレイしたのですが、当然、akiさんはこういうゲームは得意ですw

でも、結構良いところまで私も食いつきます。akiさんがちんべるする頃には6枚くらいそろっていることが結構あったり。この手のゲームの割には健闘です!

結構絵合わせは難しく、引きが良くてアッサリ揃うこともあれば、全くカード運に恵まれずにあたふたすることも。この差が結構顕著なので、運ゲーがあまり好きではない方は微妙に思うでしょうが、私は極端である故に勝ち負けにそこまで差が出なかったので、悪くないかなと。

子供用だと思いますので、そう考えればこのくらいが丁度良いバランスなのかも?と思いました。

IMGP1658.jpg


アッサリ揃ったときは当然気持ちよいので、もちろん大人も楽しめます。
ただし、子供相手に本気出したら、完全に大人気ないと言われるでしょうw

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは。