▼フォトサファリ ★★
(Kleine Fotosafari)
版元:Abacus
著者:Tanja Triminek
IMGP1854.jpg


サバンナで動物たちのベストショットを撮ろうというゲーム。

動物のカードを12枚、時計状に頭を中心へ向けて並べ、残った動物のカードを中央へ山札としたら、その山札の一番上のカードをオープンします。

次に、3~5の数字の書かれたお題カードの山を作り、「3」のカードを各プレイヤー1枚ずつ引いてゲームスタート。

お題カードには、書かれている数字と同じ頭数の動物が描かれており、目的はその描かれた動物達と同じ並びを中央の12枚の動物カードで作ること。

プレイヤーは手番が来たら、中央に並べられている動物カードのうち一箇所、隣り合ったカードを入れ替えるか、中央にオープンになっているカードと周りに並べられているカードいずれか1枚を入れ替えるかどちらかのアクションをします。

アクション後に、自分の持っているお題カードと一致する並びがあった場合、お題はクリアとなり、次のお題カードを山札から採って手札とします。お題が難しく、クリアが困難だと判断した場合、アクションを放棄して手札を山札の一番下へ戻し、引きなおすこともできます。

また、手番が来たときにアクションを行わずともお題がクリアできている場合、1回だけ即時解決することもできます。

これらを繰り返し「3」のお題カードを4枚、「4」のお題カードを3枚、「5」のお題カードを2枚、最も早くクリアできたプレイヤーの勝利です。

IMGP1851.jpg


今回はakiさんと2人プレイ。

3頭のお題カードは非常に簡単で、あまり頑張ることもなくクリアできるのですが、4頭からは意外に難しく……
私がアレコレ苦戦しているところ……

aki「あ、何もしてないけど揃った♪」

これが多発w
自分の写真を完成させるために動かした動物が、akiさんへのトスとなり、イキナリ揃えさせてしまったり、完全ではないものの、akiさんのターンで完成できるような配置にしてしまったり、幾度も美味しいところを持っていかれる展開。

2人プレイということもあり、場の変動は地味なので、自力で揃えようとしても遠く、ラッキーパンチ1発が非常に痛いですw

そんな感じなので、akiさんが揃う一方、逆に私はかき回されて一向に揃えることができず。4頭のお題3枚すらクリアできずに負けてしまいました。

以前にも何回かプレイしているのですが、ちょっと盛り上がりのヤマが薄い印象。
自分の手番で1箇所しか動かすことができないため、自力で揃えた感は少なく、実際、揃うかどうかは運任せな部分が多いと感じます。

各自お題がオープンだと、何を狙っているか解るので戦略を立てられそうですが、そういう要素も無く。

手軽さは良いのですが、敢えてコレを選ぶ必要はあまりないかな?(汗)

とはいえ、これは完全に大人の意見。子供向けとしては適度に考えどころもあり、解り易い内容なので、非常に良いのではないでしょうか?活路はここかとw

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは。