▼ビット ★★☆
(Bits)
版元:Ravensburger
著者:Reiner Knizia
IMGP1985.jpg


2人で手軽に出来るパズルゲームと言うことで白羽の矢が立ったビット。
買ったは良いもののプレイできておらず、丁度良いということでakiさんにルールを把握してもらい(おい)プレイしました。

ルールは簡単で、毎ラウンド1枚めくられるお題を達成するために、毎手番タイルを1枚ずつ置いていくだけです。
手番では、どのタイルを使うか指定するチップを1枚めくり、めくられたチップに指定されたタイルを全てのプレイヤーが同時に個人ボードにプレイします。

タイルはボードの「上から下へ落ちている」体で、引っかかったらそこで止まってしまいます。
見た目もやっていることもテト○スですが、ひとつ違うのは、テ○リスの様に落ちている間に横にずらすようなことは出来ず、必ず真っ直ぐ落ちます。横にくぼみが出来たらそこはラウンド中埋まりません。

全員がパスをするか、タイルが置けなくなったら終了で、お題カードを確認し、お題に沿った形が出来て居れば得点になります。

ゲームは4ラウンド行うため、お題カードは4枚めくられますが、めくられたカードの条件は全て重複するため、ラウンドが進むごとに得点条件が増え、得点し易くなる反面、3ラウンド目のみお題がマイナス(達成するとマイナス得点)になるので、注意が必要。

前述したように4ラウンド行って、得点の合計が最も多いプレイヤーの勝利です。

akiさんは暇つぶしに1人で遊んでみたらしく、私がプレイする前に感想を言いました。

「あまり面白くないかも」と……始める前に言わないでw

そんな発言もあってちょっと不安だったのですが、実際にプレイしてみるとそんなことはなく。
毎回めくられる指示チップ運に左右されるのは否めませんが「どこをどう残すのか?組み上げるのか?」を考えるのは結構楽しく、「あんまり……」と言っていたakiさんも、ゲーム中は悩ましさにうんうん言っていましたw

パズルゲームはやはりakiさんに一日の長があるのか?1ラウンド目は私8点、akiさん14点。
2ラウンド目、私12点、akiさん18点、3ラウンド目、私3点、akiさん18点と完全に大差をつけられ、もう負けはほぼ確定だったのですが、最後のラウンドだけ私22点、akiさん13点と勝てたのでまあ、満足。

IMGP1977.jpg


私は、引き運を信じて、最善手を尽くしたつもりだったのですが、思うようにタイルが出て来ず点数にならなかった感じです。
対するakiさんは、1人で遊んだ経験則で、とりあえず点数作れるところは作っておく作戦を行い、こちらは功を奏していたようです。

作者はクニツィア先生。あまりクニツィアっぽくは無いですねw
ジレンマは薄め、運の要素は高め、ちょっと考える部分もあって、ゲームとしては非常に分かり易い……そんな感じで、非常に綺麗にまとまっているとは思うのですが、綺麗過ぎて物足りない印象はありました。

もうひとひねり欲しかったかな?

クニツィア大好きakiさんは、このゲームがクニツィアだと知ると「悪いクニツィアだね」とバッサリw
いや、そこまで悪くないと思うのですが、物足りなかったようです。
ここまでバッサリは珍しいw

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは。