先日ノミネート作品が発表されたドイツ年間ゲーム大賞の大賞受賞作が本日発表されました。
結構、twitterなどでも話題になっているのでいまさらですが一応書いておこうかなとw

▼ノミネート作品おさらい
ドイツ年間ゲーム大賞ノミネート作品を漁ってみた

年間ゲーム大賞(Spiel des Jahres)受賞作品

世界の七不思議で有名なフランスのデザイナー「A・ボザ」作の協力ゲーム。自分以外のプレイヤーの意図を読めるかどうかが試され、またその答えが周囲に丸見えであることから、非常にプレイヤーへのプレッシャーが大きいゲーム。
故に小箱のカードゲームでありながら、私の所感としてはあまり初心者向きではない印象。一般向けゲームを排出したがるSDJに妥当かは意見が分かれるところ。
しかし、「インディーズゲームの再販」「カードゲーム」「小箱」というこのゲームが大賞を獲るということは、色々な意味で大賞の敷居を下げていて、来年以降の動向が楽しみでもあり怖くもある。



年間エキスパートゲーム大賞(Kennerspiel des Jahres)大賞作品

▼アンドールの伝説(Die Legenden von Andor)
BGGページ
アークライトから日本語版が予定されている、アスドール・フランス年間ゲーム大賞受賞作。HANABIに続き、こちらも協力ゲーム。今年のキーワードが「協力ゲーム」であったと象徴付ける結果となっている。
こちらについては内容があまり確認できていないので、私的なコメントできずw
おとなしく日本語版を待ちたいと思います。 



年間キッズゲーム大賞(Kinderspiel des Jahres)大賞作品

▼お姫様を助けるのは誰だ(Der verzauberte Turm)
「黒○○ 危機一髪」のようなギミックと、磁石を使ったカギ探しのギミックが秀逸なので、大人も楽しい、もちろん子供も楽しい作品。
キッズ部門の発表は先だってあったのですが、一応。キッズ部門だけ大賞予想当たりましたw
大人にしてみればゲームとしての物足りなさはあるものの、単純にギミックで盛り上がりどころがあるので、プレイは非常に楽しいです。彗星のごとく現れたブラント夫妻は、これでエキスパート部門(村の人生)とキッズ部門の2部門制覇。来年は年間ゲーム大賞を狙いに来るのでしょうか?
個人的には、今年「サンマロ」と「ラ・ボカ」で狙っていたのではないかと思いますがw
 


その他、詳しくは公式ページ参照のこと

▼Spiel des Jahres 2013
http://www.spiel-des-jahres.org/cms/front_content.php

今年もまた、沢山良いゲームとめぐり合えました。これからもまだまだめぐり合えると思いますが、とりあえず1つの節目ということで。
来年も楽しいゲーム、楽しい予想で盛り上がれれば良いなと思います。

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは。