▼ミミクリ ★★★
(Mimikri)
版元:Zoch
著者:Brigitte Pokornik
IMGP2016.jpg


その綺麗な箱絵から、常々プレイしたいと思っていたのですが、なかなか機会に恵まれず。
先日、やっと自宅でakiさんとプレイすることが出来ました。

ゲームは5種類のタイルのうち1枚を鏡が仕込まれている蝶の羽の形をしている枠にはめ、出来た絵柄と同じタイルを探し当てる記憶と予測能力が試されるもの。

プレイヤーは手番が来たら、お題となるタイルの山から1枚を引き、タイルを枠にはめます。
全てのプレイヤーが鏡によって左右対称になる絵柄を確認したのち、手番のプレイヤーから時計回りに場に伏せられたタイルをめくります。

めくられたタイルはめくったまま置いておき、お題と同じ絵柄のタイルが引かれるまで続けます。

いずれかのプレイヤーが絵柄を引き当てたら1ラウンド終了。タイルを当てたプレイヤーが場のタイルを引取り、場のタイルを全て裏返しに戻したのち、手番が時計回りに移動して以降同じように繰り返しです。

もし手番プレイヤーがお題タイルを鏡の枠にはめたとき、既に取られている絵柄になってしまった場合、何もせずに手番が左へ移動してしまうので注意が必要。

場のタイルが全て獲得されたらゲームは終了となり、最も多くの枚数を獲得していたプレイヤーの勝利となります。

IMGP2014.jpg


ゲーム内容は非常に簡単。
基本は記憶ゲームなので、akiさんより恐らく得意だろうと思って始めたこのゲーム。

始めてみると意外に難しい……

タイルを記憶することよりも、枠にはめたときどんな絵柄になるのか?予測するのが意外に難しく。
正確に予測できれば当然有利になるばかりではなく、既に出た絵柄を作ってしまうと不利にも転じるので、このはめるアクションがお互いにちょっと長考気味に。

akiさんはこれが比較的得意で、私は考えた末に結局「とりあえず適当に!」といった感じではめて失敗するタイプ。ちゃんと考えれば分かるんですよ。本当に!

が、めんどうくさくなってしまうんですw

ただ、どちらかと言うと記憶の比重が高いので、記憶ゲームの苦手なakiさんに比べ、タイルの獲得自体は私の方が多く、ゲームの勝敗的には私の勝利。最後ちょっと追い上げられて冷や冷やしました。

前述したように「記憶ゲーム」であるものの、一番盛り上がるのは「鏡のわくにタイルを差し込むとき」で、ここで予想通りの絵柄になってガッツポーズしたり、予想外の絵柄になってガッカリしたり一喜一憂するのが楽しいゲーム。

ルールも解り易いので子供でも楽しめそうですし、なんといっても子供とやると勝てない代名詞的なゲームです。子供の記憶力がいかんなく発揮されそうw

ただ、大人にはちょっと物足りないかもしれませんね。
とはいえ、アイディアもギミックも、そしてデザインも非常に雰囲気が良いので、私は好きです。

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは。