マネー ★★★
(MONEY!)
版元:Goldsieber
著者:Reiner Knizia
IMGP2417.jpg


カードが実際のお金の絵(タテヨコ比が違って気持ち悪いけどw)となっていて、勿論日本円も入っている……そんなカードゲーム。タイトルもそのまんま「マネー」

単純にお金を集めて合計点の多いプレイヤーの勝ちですが、そこはクニツィア先生ですから色々なジレンマが志駒r手います。

まず各プレイヤーにはランダムに6枚の紙幣カードと子供銀行券1枚が配られます。場には山札と4枚ずつ紙幣カードを表にして並べた場所があり、プレイヤーはこの紙幣カードを競り落としていく感じです。

手順としては、手札から任意の枚数の紙幣カードを裏向きにして場に出し一斉にオープン、最も合計金額の多いプレイヤーから表にして並べられている2つの紙幣カードの群から好きのほうを獲得します。
獲得したら、獲得したカードが置いてあった場所に自分が競りに使ったカードを並べます。これを全てのプレイヤーが実行したら、1ラウンド終了。場のカードを補充して次のラウンドです。これを山札がなくなるまで続けて、手札の紙幣の合計が最も多いプレイヤーの勝利です。

子供銀行券は、競りを降りるときに使います。

紙幣は種類ごとに集計し種類につき100点~200点の間であった場合-200点になってしまいます。100点未満は得点にならず、210点以上はそのまま得点になります。更に、同じ紙幣から同じ金額が3枚揃ったらボーナスで+100点です。中途半端に集めるとケガする仕様。既に悩ましいw

今回は あやのさん、ShadowFlameさん、私の3人でプレイ。3人なので、紙幣カードを2種類除外してのプレイです。

IMGP2413.jpg


まあ、簡単ですよね「1種類の紙幣を集めればいいんだ!」と思いますよねw
でも、ある程度欲しい紙幣以外の紙幣も持っておかないと、競で使うカードがなくなります。分かっていてもなかなか手元にお金が残らない……他の2人は結構順調に手札が増えていましたが、競りで勝てないと悪循環で手札が一向に増えませんw

それでも、これは何だろう?戦車のような絵の描かれた紙幣をコツコツ集め、なんとか1種類コンプリート!

最後の最後で揃えられたので得意げにしてしまいましたが、1種類コンプリートで500点取ったものの、他の2人は2種類を得点化できるように上手く集めていて、あやのさんが750点で勝利していました……500点とかゴミでした(汗)

本来なら3ゲームプレイして合計点を競うのですが、ここで終了し、あやのさんの勝利。


「手札を競るために手札を使う」という「カッツェンジャマーブルース」でもあったジレンマが核。
このシステムは本当に難しくて、ある意味「相場が無い」「読みにくい」ゆえに全くゲームの勘所が分からず苦手な分野w
でもプレイするとこれが楽しいんですよね。相場が全く読めないのもそれが良いように思えてくる不思議。どうしてもボーナスに目が行って1種類に絞って集めたくなるのですが、複数種類をとりあえず200点超えるように集めて、それを組み替えていくほうが圧倒的に強いなと感じました。なかなか難しい。

手軽なので、また3人以上集まる際は回してみたいと思います。

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは。