▼小さな巨人カジミール ★★★
(Der Kleine Riese Kasimir)
版元:Goldsieber
著者:Rudiger Dorn
IMGP3013
 
akiさんドイツ語和訳 第5弾 Goldsieber社の小さな巨人カジミールです。
暫くakiさんはGoldsieberにかかりっきりですw

子供向けゲームなので簡単なゲームかと思いきや、いや、簡単ではありますが結構ルールがあってびっくり。

このゲームのボードは小さな巨人「カジミール」が寝そべっている絵が描かれているだけですが、これが塗り絵のように各部位色分けされていて、その色ごとに1マスとして扱います。

▼こんな感じの塗り絵のようなボード
IMGP3010

まず、-3~5の数字と「時計のマーク」が書かれた得点チップを裏向きにしてボード上の色分けされた各マスに1個ずつ置き、各プレイヤーはボードのマスの色に対応した木製チップを5つ引きます。

手番が来たら木製のチップを使い移動しますが、移動できるマスは使った木製チップの色と同じ色のマスのみです。1個使うごとに1マス。得点チップがある限りいくつでも進めます。
最後に止まったマスにある得点チップを獲得し、更に、止まったマスと同じ色のマスにある任意の得点チップを裏返します。これは裏返すだけで獲得はしません。
得点チップを裏返すところまで終わったら、使った数だけ木製チップを袋から補充して終了。手番が左に移ります。

また、「0」の数字が書かれた得点チップを持っている場合は、移動する代わりに「0」チップを使用して他のプレイヤーから任意の得点チップを奪うことができます。

木製チップの手持ちが悪く移動が出来ない場合や、移動ができてもしたくない場合は、手番を消費して任意の個数を袋から引いて交換することも可能。

これらを繰り返し、時計のマークの得点チップが3枚獲得された時点でゲーム終了。最も得点チップの数字の合計が多いプレイヤーの勝利となります。

子供向けの割には考えることが多いような?

今回はakiさんと2人プレイ。

最初は本当に任意のマスから始めることが出来るのですが、なんせどう立ち回ってよいか分からないので初期配置すら悩ましい状況。

とりあえず、akiさんも私も無難な場所からスタートし、運任せでチップを取る数ターン。

しかし、「手番の最後に止まったマスと同じ色のマスにあるチップを裏返さなければならない」というルールから、次手番で自分が行けて、相手が行けないマスの得点チップ情報を得て方針を決めるゲームなのでは?と思い立ち、akiさんとはちょっと離れた場所で行動することに。

そんなこと考えなくても2人だけなので、結構お互いにマイペースに左右に分かれて探索していましたがw

結構な運任せで、木製チップの引きが悪いと思うように移動できず、akiさんも
「引きが悪くて赤い場所に移動できない!」
と自らの不遇をゲラゲラと笑い飛ばしながらもご不満な様子。
 これ子供だったらヘソ曲げるんじゃなかろうか?w

「0」のチップも運よく獲得できたので、akiさんの4点のチップと交換して貰いホクホク。

これ子供だったら(以下略)

ゲームが進んで、結構チップも回収し、終了条件の「時計」のチップの場所も全て判明。
時計が描かれた得点チップを得ると得点チップとは別にボーナスが入りますが、自分の得点に自信の無いakiさんは時計の場所が分かっても避けて通るモード。
仕方が無いので、私が早々に終わらせるために(勝っていると自身があったので)時計を回収してゲーム終了。
得点計算してみると……あれ?同点w

29点 対 29点でとても平和に終わるのでした。よかったよかった(akiさんのご機嫌的な意味合いで)


前述しましたが運の要素で移動がままならず。それを楽しむゲームかと思いますが、Goldsieberの子供向けレーベルとして考えると、まあ、子供にこの仕様が耐えられるか?という疑問も。得点奪う直接攻撃的要素もありますし……大人がプレイする分には問題ないですが、逆に大人だともっとエグくても良いと思える仕様かとも思います。

とはいえ、戦略性と言うか、先を考えた木製チップ運用の必要が若干あるので、大人でもそれなりに楽しめるのではないかと。 
小学生くらいの少しものが解ってきたお子さんとファミリーで楽しむゲームとしては良いでしょうね。
見た目ほど低年齢向けでは無かったです。

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは。