▼スピードカップス ★★★☆
(Speed Cups)
版元:Amigo
著者:Haim Shafir
IMGP3026
 
チンベルが入っていて、Amigoの厚手小箱と言えば、ハリガリシリーズ。
個人的にはとっても苦手な ハリガリシリーズですが、カップを並べると聞いて若干胸が躍り。
実際プレイしたら、そのプレイ感は想像通りの良作でした。

ゲームは非情に簡単で、毎回めくられるお題カードに描かれた「縦一列」もしくは「横一列」のイラストと配色が同じように カップを重ねるか、並べるかするだけ。並べ終わったらチンベルチーン!で早い者勝ちという簡潔さ。

今回はakiさんと2人プレイ。プレイ人数を選ばないのも良いところです。

 IMGP3024

カップを並べる順番はイラストで示されているため、中にはわざと視認性を悪くしているものや、縦に並んでいるのか横に並んでいるのか分かり辛いものなど。縦の場合、順番も分かり辛いのでなかなか紛らわしくw

しかし、なぜか分かりませんがカップであれば絶好調な私。カップを積む動作は軽快にどんどんカップを重ねカードを獲得します。圧倒的なスピードの差。しかし、ここでakiさん

aki「ああ、上の色から取っていくのね!」

と何か開眼した模様。どうやら、下になる色のカップから徐々に上に重ねていくakiさんに対し、私は上になる色のカップを掴んで、上から下へカップを獲得していくスタイルだったらしく(これが普通では?)そこがスピードの差だと理解しようです。

ここからはakiさんの快進撃。
元々「縦」は得意な私ですが「横」に並べるのは滅法苦手なため、後半に横並びが多かったのとakiさんの縦重ねのスピードも上がったことから、序盤の快進撃がウソのように良い勝負となり、結果を見れば13対11でakiさんの勝利となっていました。大逆転!くやしい!!


恐らく、ハリガリのようなアクションゲームは、好き嫌いが分かれるゲームだと思いますが(私も嫌いではありませんが、あまり好んでやるタイプではないので)この「スピードカップス」は非情に楽しいです。

やってることは同じなので、その楽しさに違いは無いハズですが、カップをカポカポとコントロールするのは非情に気持ちがよく、カード並べたり、指にリングはめたりするより全然楽しいです。ゲーム性とマッチしていて、楽しさをより引き出してくれる良いコンポーネント見つけてきたなと。 

時間もかかりませんし、持ち運びも意外にコンパクトで楽ですし、誰にでも薦められる良いゲームだと思いました。 機会があったら是非、カップのカポカポ感を味わってくださいませ。

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは。