どうでもいい は なし

「調布のあな」のかんちょーこと、川口正志(本名プレイ)がお送りする
「どうでもいい話」or「どうでもいいは無し」
そんな毎日

雑談

ゲームマーケット2015春 出展情報(2)

ゲームマーケット2015春 出展情報その(2)でございます。

【追加事項】
  • 自分の放出品も選定しました、20kg程度ですIMGP4956
がんばって持っていくつもりですが......ブースのキャパの関係で持ち込めなかったらすいません。たいしたゲームは無いです(汗)

【持ち込みゲーム個別紹介】 第二弾

持ち込みゲーム紹介の2回目です。順次出来る限り紹介していきます。


名称未設定 1■シャドウハンターズ(英語版:和訳シール付き)

これに触れるの忘れてました(汗)今回も少量ですが持ち込みます。なんかドルがまた上がってますが、お値段は据え置きです。

正体隠匿系ゲームの金字塔であり、和製ゲーム。残念ながら日本では絶版ですが、アートワークもコンポーネントも同様の英語版がございますので、これに和訳シールとルールをお付けして提供します。
言語依存が強いゲームなので、和訳シールは必須!シールも貼ったときに違和感の無い仕様となっており、カット済みなので貼るのも楽かと思います。


■メディチ Amigo版IMGP4507

競りゲーを得意とするクニツィア氏の三大競りゲーの呼び声高い「メディチ」
色々な版が販売されていますが、こちらはAmigoの初版です。

箱はそれなりに大きいものの、スリムな仕様で比較的持ち運びやすいのが特徴となっています。


IMGP4864■ラー alea版

こちらもクニツィア氏の三大競りゲーのひとつと言われるゲームです。
ゲーム自体もジレンマに満ちた素晴らしい作品ですが、alea大箱のナンバリング1というゲームでもあります。

いつも欲張りすぎて点が取れない私にとって、非常に苦手なゲームですが、非常に好きなゲームでもあります。





■ジェノバの商人 alea版IMGP4852

aleaはコレクション性が高いのか、再販されている本作も「alea」というだけでドイツで値が上がってしまっている作品のひとつです。再販の新品と同じか高い値段で取引されています。

早めの入手がオススメです。ドーン歩き好きな方(?)は是非。




IMGP4870■フレンツェの匠 alea版

ジェノバの商人と同じく、こちらも再販新品と同じかそれ以上の高値で取引されています。
数が少ないのか?alea大箱の中でも中古市場ではかなり見かけない作品です。

私事ですが、aleaの作品を集めようとした際に一番ネックになった作品がフレンツェの匠でした。この機会に是非。



■ドラゴンイヤーIMGP4868

いわゆる「苦しいフェルト」
1ラウンドに1手番しかない中で毎ラウンド襲ってくる災害から一族をいかに守って行けるか......というシビアなゲームですが、悲壮感は無く、非常に手軽に楽しめる傑作です。

近年、フェルト氏自身の評価が上がるにつれ、絶版となっている本作の価値も、ドイツでウナギ登りになっています。用意するのに苦労した作品でもありますので、この機会に是非。


IMGP4749■ハイジとペーター

ハイジとペーターの2つのコマを、つかず離れずの距離を保ちつつ山の頂まで連れて行くゲームです。これだけ書くとすごろくのようですが、コマを進める手段はダイスでもカードでもなく「ついたての裏にフラッグを何本立てたかを予想してもらい、その乖離幅で進める」という一風変わったシステム。

2つのコマの最適な距離を保つために相手はいくつフラッグを立てたか推理して宣言します。これがなかなか面白いゲームですが、出版社からまるっとなくなった非常に入手困難な絶版品となってしまっています。




■クロンダイクIMGP4750
大人も子供も楽しめる砂金採りアクションゲーム。

基本はHABAなので子供向けなのかと思いますが、他のプレイヤーがプレイした際に砂金をいくつゲットできるか予想する要素があり、これが大人の勝負になると、周りの予想を更に予想して時にはワザと失敗して見せたりなど、実にいやらしいシステムに生まれ変わります……

テーマの砂金採りを再現する見事なコンポーネントも必見です


IMGP4753■アベカエサル
カードを使った手軽で盛り上がるレースゲーム

一時、プレミア品の代名詞として語られ、ドイツ市場でも大枯れ&高騰したアベカエサルも、近年ではお手頃価格で手に入るようになりました。 
最近、メビウスさんより内容のほぼ同じリメイク品「Q-Jet」が再販されているので、テーマでお好きな方をチョイスしていただければと思います。 


■ツイクストIMGP4499
ランドルフ翁による2人用の傑作ヴィンテージゲーム

ペグを繋げるだけの簡単なゲームでありながら、囲碁や将棋のような奥の深い読み愛が楽しめることで人気を博しているヴィンテージゲームです。

今回はドイツのシュミット社から発売された版をご用意しています。絶版品となりますので、この機会に是非。


IMGP4756■決算日
ビッグシティやコンテナで有名なデロンシュの傑作カードゲーム

人を雇わなければ工事が出来ないが、人を雇いすぎると不意に来る決算日に人件費がよけいにかかる……さてどうしたものか?というジレンマが秀逸なデロンシュの傑作カードゲームです。
前回から持ち込んでいますが、残りもわずかとなりました。この機会にぜひ。 







■空中庭園IMGP4761
カードを重ねて繋げて広くする傑作ゲーム

庭園の描かれたカードを重ねて繋げて、タイルを獲得してセットコレクションで点を得る……というパッと書いてしまうと非常に簡潔にまとまってしまいますが、カードの配置が悩ましく、セットコレクションもなかなか思うようにいかず……となかなか考えどころのある傑作です。
プレイ自体は難しくないので、初心者の方からフリークまで楽しめる作品になっています。

絶版早すぎるよハンス…… 



IMGP4758■ピーナッツ!
ダイスを振るだけなのに悩ましい傑作ギャンブルゲーム

手番ではダイスを振るか、振らずにその場にとどまるかしか選択肢はありませんが、これだけで非常に悩ましいゲームに仕上がっています。

何回かインストしていますが、大抵、インストだけではピンと来ない顔をされるものの、いざゲームを始めると、皆がダイス1振りに一喜一憂で大盛り上がり!というパターンが多いです。こちらも数が少なくなったのか出て来ない希少品になってしまいました。


■レーベンヘルツIMGP4793
「旧版」などとも呼ばれますが、ちょっとルールが違います

こちらは交渉要素がありよりゲーマーズゲームになっているレーベンヘルツです。個人的にはこの赤い箱のアートワークは数あるゲームの中でもトップクラスに好きなアートワークです。

比較的市場には残っているのですが、それでも以前より若干値段が高くなってきています。

お求めやすいうちに是非。 


IMGP4760■ラムと名誉
みんな大好きフェルトによるユルいゲーム 

多要素多得点というフェルトっぽさも残しつつも、ちょっと運寄りなシステムやドーン歩きなども盛り込まれているが故、フェルト作品の中ではかなり異彩を放つユルいゲームとなっています。
でも、流石フェルト、ゲーム自体は非常に面白く仕上がっているかと。

こちらも絶版になっているので取り寄せてみました。未開封品となります。フェルトマニアもしくは、aleaマニアな方々は是非。 




■薔薇の名前IMGP4795
フェルトによる正体隠匿ゲーム

いかに自分のコマ(他のプレイヤーからはどのコマが誰のコマかは分からず)に嫌疑をかけられずにやり過ごすかというゲーム。映画題材である故かフェルトっぽさは也を潜めているものの、さすがフェルトと言うべき完成度の作品です。

こちらも最近あまり国内で見かけないので、フェルト拡散のために取り寄せました。


IMGP4762■コンテナ
みんな大好きデロンシュのコンテナです

商品の仕入れ販売、相場の見極めなど硬派な経済ゲームですが、その出来の良さ故、根強い人気があります。元々の販売価格が高い&ゲームのテーマとしての敷居が高いため当時あまり売れなかったのか現在、非常に高値で取引されている作品です。また、ここ数年で数が激減しており、今ではかなり入手困難なゲームになってしまいました。
恐らく、ドイツの中古市場であまり循環されなかったためかと思われます。
ちなみに、拡張はデロンシュの作品ではないので取り寄せていません(余談) 

これも「入手できるうちに」手に入れておくことを強くオススメする作品です。


まだまだございますので、次回以降につづきます~


ではでは :-)


【持ち込みゲームリスト】
価格は検討中のものが大半であるため、当日ご確認ください。よろしくおねがいします。

+追加:海賊ブラックの決闘 【未開封品】
  • 12星座ゲーム
  • 1号線で行こう Goldsieber初版 【未開封品】
  • 1号線で行こう Goldsieber初版
  • アウブスブルグ1520
  • アクワイア Schmidt
  • アクワイア Schmidt BIGBOX
  • アクワイア ハスブロ BIGBOX
  • アベカエサル 初版
  • アベカエサル 初版 【割引品】
  • アムステルダムの商人
  • アメンラー
  • 石の家 【未開封品】
  • 犬夜叉アクションダイス 【未開封品】
  • インコグニト 旧版
  • ヴェネツィアの仮面舞踏会 【未開封品】
  • 魚河岸物語 【未開封品】
  • 魚河岸物語
  • エネルギーポーカー
  • エバーグリーン 【未開封品】
  • エルグランデ
  • エルグランデ 王と陰謀 【未開封品】
  • オーレ! 【未開封品】
  • オーレ!
  • おっとっとラマ
  • オレゴン 【未開封品】
  • オレゴン
  • 海賊ブラックの決闘 【未開封品】
  • カーリーの眼 【未開封品】
  • カーリーの眼
  • カナルグランデ
  • キャンディ工場
  • 空中庭園 【未開封品】
  • クォバディス 旧版 【割引品】
  • クランス
  • クレイジーチキン
  • クロンダイク
  • 決算日 【未開封品】
  • 決算日
  • 交易王 Pegasus版
  • 古代ローマの新しいゲーム 旧版 【割引品】
  • コンテナ
  • コントール
  • さまよえるオランダ人 Parker Brothers版 【未開封品】
  • さまよえるオランダ人 Parker Brothers版
  • さまよえるオランダ人 Parker Brothers版 【割引品】
  • サンマルコ
  • ジェノバの商人 alea
  • シャドウハンターズ 英語版(シールつき) 【未開封品】
  • 象のトランペット 【未開封品】 【割引品】
  • そっとおやすみ
  • タージマハル alea 【未開封品】
  • ダイヤモンドクラブ 【未開封品】
  • ダイヤモンドクラブ
  • タルバ HIM初版 【割引品】
  • チャイナタウン
  • ツイクスト Schmid
  • ツイクスト Schmid 【割引品】
  • ツォルキンコーンセット
  • ツタンカーメン 【未開封品】
  • 冷たい料理の熱い戦い
  • ディマウアー 【未開封品】
  • 盗賊の親方 拡張
  • トーレス 旧版 【未開封品】
  • トーレス 旧版
  • ドラゴンイヤー
  • トラヤヌス 【未開封品】
  • 泥棒と乞食 2セット版
  • 泥棒と乞食 1セット版
  • 贋金作り
  • ニューイングランド 【未開封品】
  • ニューイングランド
  • ネクソス 【未開封品】
  • ハイジとペーター
  • バス
  • 薔薇の名前
  • ピーナッツ!
  • ビッグシティ
  • ビッグショット
  • ビッグディール 【未開封品】
  • ビッグディール
  • ピラニアペドロ Goldsieber初版 【未開封品】
  • プエブロ
  • フォレヒュッテ
  • ブラックウィーン 【割引品】
  • ブラックロック城 【未開封品】
  • フレッシュミート 【サイン入り】
  • フレッシュミート
  • フレンツェの匠 alea
  • ヘキセンレンネン
  • マカオ(シールつき) 【未開封品】
  • マメじゃないよ!
  • ミシシッピークイーン
  • ミシシッピークイーン 【割引品】
  • ミシシッピークイーン ブラックローズ 【未開封品】 【割引品】
  • ミスターダイヤモンド
  • メディチ Amigo初版
  • メディナ HIM初版
  • メンバーズオンリー
  • ラー alea
  • ラパヌイ
  • ラムと名誉 【未開封品】
  • リシュリュー 【未開封品】
  • レーベンヘルツ Goldsieber初版
  • レーベンヘルツ Goldsieber初版 【割引品】
  • ロイヤルターフ
  • ローゼンケーニッヒ

ゲームマーケット2015春 出展情報(1)

ゲームマーケット2015春 出展情報その(1)でございます。

もう2週間後にせまった今、ちょっと遅いタイミングとなってしまいましたが、
随時情報を展開いたしますので、是非、チェックしてやってくださいませ~

まずは、速報からのおさらい!ブースの場所から!

ブースは「L-27~28」、カタログで見ると一番最後のブースです!
なかなかの辺境ですが、ルーと自体は難しくないので是非♪

朝の待機場所からのルートは以下のとおりとなります。
いきかた

【お知らせ@追加事項】
  • 前回同様、ふうかさんより中古小箱ゲーム委託のお話をさせていただいてます
    決まり次第、またご連絡します!

  • こちらも前回同様、決済にクレジットカードが使えます
    使えるカードは「VISA」「MASTER」「アメリカンエクスプレス」の3種類です

【持ち込みゲーム個別紹介】 第一弾

今回も、持ち込むゲームの紹介をBlog上でも出来る限りやっていこうかなと思います!
特に紹介順に意味はありません。写真は前回のものを流用しているものもございますので、ご了承ください。
そんな感じで紹介をボチボチと。


02IMGP4947■そっとおやすみ

まずはこれ、最もお問い合わせの多いこのゲームからご紹介。
HABAの子供向けゲームの皮を被った結構ガチなパーティーゲーム!
 手札を揃えて「そっとおやすみ」するだけですが、いつのまにか「おやすみ」されてしまい、負けに気づいていないプレイヤーをニヤニヤ観察する楽しさ!盛り上がります。

カードの構成も簡単なので、一見代用品で賄えてしまいそうですが、恐らくわざとカードの絵柄を似せていて、手札に注視させる&お手つきを誘うコンポーネントになっており、代用品では再現できないプレイ感があります。 

HABA、缶、小箱という中古で出回りにくいコンボのため、希少品です。今回は、未使用の状態の良いものも手に入りましたので、是非よろしくお願いします。

■フレッシュミート02IMGP4952

前回瞬殺した「フレッシュミート」が今回も手に入りましたので持参します!
し・か・も!
今回入手したものは、作者であるフリーゼ氏のサイン入り!?
正直、手放すか考えましたが、実は他にも氏のサイン入りのものを複数所持しているため、今回は放出することにしました。
サインについては99年にされた古いもので、異例のボールペン記載といういことで、ご理解いただける方でお願いします。



02IMGP4954

一応、筆跡を確認しましたが、特徴的な「Fの書き方」と「eの髭 ※画像右円内」があり、これらは真似しやすいとしても、もうひとつ特徴的な「iの書き方 ※画像左円内」も見られましたので恐らく本人のサインかと思います。
もちろん、サインなしのものもご用意しておりますので、是非。


02IMGP4949■オーレ!

リメイクがなかなか叶わないタイトルとしてよく挙げられるカードゲームの「オーレ」。
前のプレイヤーより大きな数字か、強い色のカードを出していくだけの簡単なゲームですが、カード構成の美しさから戦略性と悩ましさのある逸品に仕上がっています。

新品はもちろん、中古市場にも姿を見せない稀有なゲームとなってしまいました。中古市場であまり出回らないのは、恐らく箱が非常に弱いためボロボロになって捨てられてしまうからかなと。
 
 今回は中古はもちろん、新品も1点だけですがご用意できましたので持ち込みます。


■ ラパヌイ02IMGP4950

当初、箱絵が地味であまり話題にならなかったものの、最近になって評価を上げている「ラパヌイ」。作者は「カルカソンヌ」で有名なクラウス・ユルゲン・ヴィレーテ。この点でもう折り紙つきと言っていいかも?

ゲーム内容は、なんとも説明しにくいのですが、基本は拡大再生産で、プエルトリコのように全員に影響を及ぼすアクションが各プレイヤーの手番で起こり、リソースを得たり、供物を得たり、モアイを建てたりで得点していくゲーム。

カードプレイとアクションの発生タイミングがリンクしておらず、それだけでもなんとも不思議なプレイ感の傑作です。時間も40分程度で終わるので軽くてオススメです。
こちらもあまり中古市場でも見かけないゲームになっており、ドイツではちょっとお高めになっています。


02IMGP4955■ブラックウィーン

かなり推理力(メモ力?)が問われる推理ゲーム。
プレイヤーに配られなかったカードを当てるだけのシンプルなゲームですが、シンプルがゆえに難しく、推理ゲームの傑作と名高い作品です。

古いゲームなので、ドイツでは結構高価になってしまっています。
今回はテープのあるものが1点だけご用意できましたので、若干お値引きしての提供予定です。 BOOK型の箱は必携!



■ビッグシティ
IMGP4748
お馴染み、デロンシュによる傑作 都市開発ゲームです

そのコンポーネントの豪華さからかなり人気のある作品です。再販の噂が跡を絶ちませんがデロンシュが故人である故か一向に再販はなく、そうこうしているうちに最近ではかなり入手が難しくなってしまいました。

今回も未使用のものや、3トレイのものなどご用意しています。
どちらもGoldsiber版です 



IMGP4746■エネルギーポーカー

1990年発売のビンテージ作品

ブラインドビットで場にあるエネルギーを競る競りゲームです。
非常にシンプルなメカニクスながら、エネルギーとお金のカツカツ感が苦しくも楽しい作品となっています。
こちらも古いゲーム故に市場にはあまり出て来ません。 あるうちに確保しておくことをオススメします。


■バス
IMGP4745
スプロッター発のワーカープレイスメント?

1プレイヤー20アクションを1ラウンド2アクション以上の縛りで使用していき、全員がアクション使い切ったらゲームが終了すると言う面白いシステム。プレイヤーはバス会社を運営し、バスの路線を引いたり、バスを造ったりしながら、乗客を運んで得点を得ます。

元々少部数しか刷らないスプロッターのゲームということもあり、一応3版まで刷っていますが、それでも非常に希少で他のスプロッター作品と比べても市場にまず出て来ません。
この機会に是非。


IMGP4742■象のトランペット

屋台の夜店で売っていそうな、吹くと伸びるアタッチメントが楽しい大人から子供まで楽しめる作品

「口をつける」という使い方から、中古市場はハードルが高く壊滅的です。中古市場に存在しないゲームはあっという間に市場から消えます。
今回は未開封品が手に入りましたので、安心して遊んでいただけます。
ただ、ちょっと箱が日焼けしているため、少しお値引きしてご提供します。
是非よろしくおねがいします。


■キャンディ工場
IMGP4740
圧倒的に綺麗なアートワーク、みんなご存知キャンディ工場です

立体的で素敵なコンポーネントが目を引くゲームで、人気がありますが、HABAという壁があるためかフリーク中心の中古市場では特に出て来にくい希少品となっています。
再販は望めないコンポーネントなので、あるうちに押さえておきたい逸品です。
 


IMGP4739■犬夜叉アクションダイス

ライナー・クニツィアによる珍しい日本のマンガ(アニメ)題材のゲーム

高橋留美子原作の「犬夜叉」を題材としたドイツゲームです。日本では未発売という稀有な作品。
プレイ人数は2人がベスト。「犬夜叉」と「かもめ」に分かれて特殊なダイスを使って陣取りをするダイスゲームです。 版権ものですが、ゲームとして非常に良くできています。
その見た目故か、扱いが少ないです。今回は新品をご用意しました。 



■贋札作り
IMGP4736
アンティーク硬貨を買うために贋札を刷るという、フリーゼ節満載の作品

贋札をお金に替えて印刷機を購入し更に贋札を作る……というサイクルがなんともブラックです。贋札はミシン目もないシートに刷られており、プレイ前にシートをお札にカットする工程も「贋札を作る」というテーマに沿って仕掛けているそうです。

今回ももちろん、お札シート未裁断のものをご用意しました。 




IMGP4735■オレゴン

カードを使ってコマを配置して得点を得るシンプルなシステムでありながら奥の深い作品

システム自体はシンプルで万人向けですが、悩みどころも用意されておりフリークも楽しめる作品です。日本でも人気が出ていますが海外でも評価が高く、値段がどんどん高くなってきています。
オススメです。

今回は、開封済みはもちろん、未開封品もご用意しました。
よろしくお願いします。


■トーレス
IMGP4730
上に伸びるゲームは秀作揃い

立体的なコンポーネントが楽しさを引き立たせてくれる秀作です。
リオグランデから新版も出ていますが、箱の大きさ的に持ち運びが容易な旧版をご用意しています。

手に入るうちに手元に置いておきたい作品のひとつかと思います。 
今回は未開封品もご用意しました。是非!



02IMGP4951■ローゼンケーニッヒ(旧版)

2人用ゲームの傑作の呼び声高い「ローゼンケーニッヒ」の旧版も持ち込みます。
お互いにカードを出してカードの指示に従ってコマを置いていくだけですが、段々と置ける場所が無くなってジリジリしていく感覚は非常に楽しいです。

カードの向きを間違え易いのでご注意!(私も初回間違えました) 



とりあえず、全然紹介しきれていませんが、順次ご紹介させていただくということで、今回はこの辺で。
いずれも少数となってございますので(1個しかないもの多数)ご了承くださいませ。


【持ち込みゲームリスト】
もち込みゲームのリストも掲載いたします。
価格は検討中のものが大半であるため、当日ご確認ください。よろしくおねがいします。
  • 12星座ゲーム
  • 1号線で行こう Goldsieber初版 【未開封品】
  • 1号線で行こう Goldsieber初版
  • アウブスブルグ1520
  • アクワイア Schmidt
  • アクワイア Schmidt BIGBOX
  • アクワイア ハスブロ BIGBOX
  • アベカエサル 初版
  • アベカエサル 初版 【割引品】
  • アムステルダムの商人
  • アメンラー
  • 石の家 【未開封品】
  • 犬夜叉アクションダイス 【未開封品】
  • インコグニト 旧版
  • ヴェネツィアの仮面舞踏会 【未開封品】
  • 魚河岸物語 【未開封品】
  • 魚河岸物語
  • エネルギーポーカー
  • エバーグリーン 【未開封品】
  • エルグランデ
  • エルグランデ 王と陰謀 【未開封品】
  • オーレ! 【未開封品】
  • オーレ!
  • おっとっとラマ
  • オレゴン 【未開封品】
  • オレゴン
  • カーリーの眼 【未開封品】
  • カーリーの眼
  • カナルグランデ
  • キャンディ工場
  • 空中庭園 【未開封品】
  • クォバディス 旧版 【割引品】
  • クランス
  • クレイジーチキン
  • クロンダイク
  • 決算日 【未開封品】
  • 決算日
  • 交易王 Pegasus版
  • 古代ローマの新しいゲーム 旧版 【割引品】
  • コンテナ
  • コントール
  • さまよえるオランダ人 Parker Brothers版 【未開封品】
  • さまよえるオランダ人 Parker Brothers版
  • さまよえるオランダ人 Parker Brothers版 【割引品】
  • サンマルコ
  • ジェノバの商人 alea
  • シャドウハンターズ 英語版(シールつき) 【未開封品】
  • 象のトランペット 【未開封品】 【割引品】
  • そっとおやすみ
  • タージマハル alea 【未開封品】
  • ダイヤモンドクラブ 【未開封品】
  • ダイヤモンドクラブ
  • タルバ HIM初版 【割引品】
  • チャイナタウン
  • ツイクスト Schmid
  • ツイクスト Schmid 【割引品】
  • ツォルキンコーンセット
  • ツタンカーメン 【未開封品】
  • 冷たい料理の熱い戦い
  • ディマウアー 【未開封品】
  • 盗賊の親方 拡張
  • トーレス 旧版 【未開封品】
  • トーレス 旧版
  • ドラゴンイヤー
  • トラヤヌス 【未開封品】
  • 泥棒と乞食 2セット版
  • 泥棒と乞食 1セット版
  • 贋金作り
  • ニューイングランド 【未開封品】
  • ニューイングランド
  • ネクソス 【未開封品】
  • ハイジとペーター
  • バス
  • 薔薇の名前
  • ピーナッツ!
  • ビッグシティ
  • ビッグショット
  • ビッグディール 【未開封品】
  • ビッグディール
  • ピラニアペドロ Goldsieber初版 【未開封品】
  • プエブロ
  • フォレヒュッテ
  • ブラックウィーン 【割引品】
  • ブラックロック城 【未開封品】
  • フレッシュミート 【サイン入り】
  • フレッシュミート
  • フレンツェの匠 alea
  • ヘキセンレンネン
  • マカオ(シールつき) 【未開封品】
  • マメじゃないよ!
  • ミシシッピークイーン
  • ミシシッピークイーン 【割引品】
  • ミシシッピークイーン ブラックローズ 【未開封品】 【割引品】
  • ミスターダイヤモンド
  • メディチ Amigo初版
  • メディナ HIM初版
  • メンバーズオンリー
  • ラー alea
  • ラパヌイ
  • ラムと名誉 【未開封品】
  • リシュリュー 【未開封品】
  • レーベンヘルツ Goldsieber初版
  • レーベンヘルツ Goldsieber初版 【割引品】
  • ロイヤルターフ
  • ローゼンケーニッヒ
  • カナルグランデ

そんな感じで、しばらくはゲームマーケットのおはなしが続きます

ではでは :-)



▼ゲームマーケット2015春 関連エントリ一覧

【ぼくのたからもの】とりあえず第一報です!

えー本当にとりあえずですが第一報です!

ゲームマーケット2015春
今回も「ぼくのたからもの」出陣させていただきます。

ブースは「L-27~28」、カタログで見ると一番最後のブースになっています・・・・・・
なかなかの辺境ですが、チェックしてもらえるでしょうか?(汗)

朝の待機場所からのルートは以下のとおり
いきかた


ちょっと遠いかもしれませんが、ルートは難しくないかな?と自分を慰めております(笑)
是非、お立ち寄りいただければ幸いです~

そして気になる(?)ラインナップですが、予定しているものをとりあえず並べてみます。
すべて手配済みですが、まだ手元に到着していないものが半分以上なので、あくまで予定と思っていただければ幸いです。 色々すいません・・・・・・

どのようなゲームかなどは届いた(届いている)ものから順を追ってご説明できればと思います。

【搬入予定ゲーム】
  • 12星座ゲーム
  • 1号線で行こう Goldsieber初版
  • アウブスブルグ1520
  • アクワイア Schmidt
  • アクワイア Schmidt BIGBOX
  • アクワイア ハスブロ BIGBOX
  • アベカエサル 初版
  • アムステルダムの商人
  • アメンラー
  • 石の家
  • 犬夜叉アクションダイス
  • インコグニト 旧版
  • ヴェネツィアの仮面舞踏会
  • 魚河岸物語
  • エネルギーポーカー
  • エバーグリーン
  • エルグランデ
  • エルグランデ 王と陰謀
  • オーレ!
  • おっとっとラマ
  • オレゴン
  • カーリーの眼
  • カナルグランデ
  • キャンディ工場
  • 空中庭園
  • クォバディス 旧版
  • クランス
  • クレイジーチキン
  • クロンダイク
  • 決算日
  • 交易王 Pegasus初版
  • 古代ローマの新しいゲーム 旧版
  • コンテナ
  • コントール
  • さまよえるオランダ人 Parker Brothers版
  • サンマルコ
  • ジェノバの商人 alea
  • シャドウハンターズ 英語版(シールつき)
  • 象のトランペット
  • そっとおやすみ
  • タージマハル alea
  • ダイヤモンドクラブ
  • タルバ HIM初版
  • チャイナタウン
  • ツイクスト Schmid
  • ツォルキンコーンセット
  • ツタンカーメン
  • 冷たい料理の熱い戦い
  • ディマウアー
  • 盗賊の親方 拡張
  • トーレス 旧版
  • ドラゴンイヤー
  • トラヤヌス
  • 泥棒と乞食 Parker Brothers版
  • 贋金作り
  • ニューイングランド
  • ネクソス
  • ハイジとペーター
  • バス
  • 薔薇の名前
  • ピーナッツ!
  • ビッグシティ
  • ビッグショット
  • ビッグディール
  • ピラニアペドロ Goldsieber初版
  • プエブロ
  • フォレヒュッテ
  • ブラックウィーン
  • ブラックロック城
  • フレッシュミート
  • フレンツェの匠 alea
  • ヘキセンレンネン
  • マカオ(シールつき)
  • マメじゃないよ!
  • ミシシッピークイーン
  • ミシシッピークイーン ブラックローズ
  • ミスターダイヤモンド
  • メディチ Amigo初版
  • メディナ HIM初版
  • メンバーズオンリー
  • ラー alea
  • ラパヌイ
  • ラムと名誉
  • リシュリュー
  • レーベンヘルツ Goldsieber初版
  • ロイヤルターフ
  • ローゼンケーニッヒ
今回もまた1点ものが多いです。
また、状態を鑑みた割引品も多数用意しておりますのでこちらもお見逃し無く。

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは :-) 

個人的新作雑感

2014年10月のエッセンから、現在に至るまでの新作を今年は結構遊べているので
現時点での個人的オススメランキングをつらつらと。

あくまで、個人の主観となりますので、参考程度に斜め読みいただければ幸いです。

2014年ドイツにて発売されたものに限っておりますので、「グラスロード」と「カヴェルナ」は入れていません(どちらも2013年のエッセン発)また、「ラ・グランハ」を入れようか迷いましたが、これは2014年発売であるものの、エッセン前に限定売り切りでエッセンの会場にて販売実績が無いので省きました。

逆に、エッセン会場にて販売実績がありませんが「枯山水」は一応入れてみました。あまり深い意味はないです。
もうひとつ、「エッセン・ザ・ゲーム」は、エッセンに行ったことがあるか無いかでかなり楽しさの質が変わるゲームだと感じたのでなんとなく並べず。

所持 未プレイ 「アークライト」「エルガウチョ」「パナマックス」 やらねば……

文章はとりあえずつらつら書いたので、時間を見て細かい修正をするかと思います。時間を空けて見た方が読み易くなっているかもしれません(笑)




01.ディ・スタウファー
IMG_0862

ハンザ・テウトニカの作者による古き良きドイツゲームの系譜。基本はエリアマジョリティだが、宝箱タイルや最終決算で使用する目標カードなど他にも得点源あり。リソースの運用と回収の導線が美しく、また手番順の決定プロセスも秀逸。悩ましさ満載、でもプレイ時間は1時間前後で比較的手軽。
コンポーネントも美しく欠点は25点区切りの得点ボードくらいしか無い。今期最もオススメできるゲーム。


02.工房の錬金術師
IMG_0911

基本はマスターマインド(推理ゲーム)でありながら、「P.I.」のように「全ての解を当てたら勝ち」というわけではなく、「分かったところからいかに上手く得点に繋げるかを考えるゲーム」となっている。時にはハッタリも必要で、間違い=即負けという従来の図式と違うのがミソ。
プロット形式のアクションは、いずれも先手番が有利となるが先手番を取るためにはリソースの獲得との天秤となるため悩ましく、システムも秀逸。
欠点は、1時間半はかかるであろうインストの長さと、ポーション売却のアクションの面倒くささくらい。
スマホを使った調合判定も楽しく、是非遊んでみてもらいたいゲーム。


03.マングロービア
IMG_0884

運の要素が適度に絡むが、基本は「どこでしゃがんで、どこで点を獲りに行くか」をアクションと手番順を考慮しながら選択していくゲーム。
手番順とアクションの相関性が美しく、正に「あちらを立てればこちらが立たず」で悩ましい。システム自体は難しくないので、軽いゲームから中量級へのステップとして使うのもアリ。人を選ばずオススメできるゲーム。


04.春秋戦国
IMG_0890

春秋戦国時代終焉後、まだ戦乱冷めやらぬ諸国を統治することを目的としたゲーム。
システムは簡単で、カードを寝かしてアクションに紐付く恩恵を増やすか、カードを使ってアクションをするかの2択のみ。しかし、アクションから生まれる得点源が多岐にわたるため非常にフリーク向けの重量級作品となっている。
故に、まったくもって重ゲー好きにしか勧められないが、今期の重ゲーの中では最も輝いている作品と感じる。
あれもこれも出来るようで出来ない、出来ないようで出来るそんな気持ちのいい作品。


05.黄金時代
B9TPM-fCYAA5MQL

「簡易版シヴィライゼーション」としばしば比喩される作品。シヴィほど戦闘がシビアではなく、戦闘回数も上限があるため、ギスギスしたゲームにはならないところがGOOD。戦闘自体も比重が軽く、基本は自国の文明を発達させていかに資源を有利に換金していくかのゲーム。リソースの概念をバッサリとっぱらい、全て「金」で解決する潔さも良く、小難しく感じさせないプレイ感を実現している。オススメ。


06.カンバン
IMG_0880

「黄金時代」が「ゲームのスリム化」を図った作品とすれば、「カンバン」はその対極で、あらゆる要素を詰め込んで「見た者が敬遠するようなルール」を用意し、その実、その多要素をプレイ上ではスッキリとまとめて消化しやすく仕上げているという「二郎のラーメン」のような作品。
変則的なワーカープレイスメントで、現ラウンドのアクション(行動順)が次のラウンドでどのアクションが取れるかに関わってくるので、先を見越したアクションの運用が肝。とにかく1度目は何かしらルールの抜けが出る可能性が高いので、是非2回遊ぶか、経験者を交えてプレイして欲しい作品。


07.アクアスフィア
IMG_0790

「フェルト+H@LL=ワーカームーブメント」となっているかは分からないが、ルナに続くワーカームーブメントシステムを採用した作品。ルナに比べると、アクア・スフィアはアクションの制限があるため多少スッキリはしているものの、フェルトお得意の多要素多得点経路は健在で初見さんはサックリ殺されるシステム。見通しの良さに気付くと飛躍的に上手く回せるようになり、これまたフェルトお得意の緻密に計算された得点配分によって「他の戦術も試してみたくなる」リプレイ欲溢れる作品となっている。


08.ラ・イスラ
IMG_0791

「アクア・スフィア」が重いフェルトなら、こちらはフェルトにしてはかなり軽い部類に入る作品。
得点経路は多く用意されているものの、基本コンセプトである「動物の捕獲」がやはり強く、ここが上手くいくかはカード運という点でノットフォーミーとするプレイヤーも多いようだが、これは「フェルト作品」として見ると運要素が高めというだけで、一般的にそこまで運ゲーというわけでもなく、私の周りではライト層にもかなりウケが良い作品。
とはいえ、軽量級とは言い難いので、中量級への階段ゲームという位置づけ。オススメ。


09.リフト・イット!
IMG_0802

通称「おでこクレーン」
必ずしもおでこでクレーン操作するわけではないが、その見た目のインパクトたるや、ルールなんてよくわからなくてもとりあえずインパクトに負けてエッセンの会場で買ってしまったほど。日本に帰ってみれば、私と同じいわば「ジャケ買い」な日本人がワンサカいたという作品。
ルールはややザックリしているものの、単純にアクションゲームとして面白いのでプレイの価値はある。付属のタイマーが時間が来ると跳ねる良くできた仕様だが、壊れやすいのが難点。


10.シェッフェルン
IMG_0921

たまにバネストさんに入荷する伏兵。
プレイヤーは自分の担当する色の車が決まっていて、その車が止まったところにある得点を獲得する。しかし、車は最大2段まで積まれることがあり、自分の車の上に別の車を積まれてしまうと得点の権利を失う(上の車が得点する)という流れ。プレイヤーは手番に手札を表向きに出すか裏向きに出すかしかすることはなく、表向きに出せばカードの色に対応した車を一マスすすめ、裏向きに出した際は場にある担当色のカードと自分の担当色のカードを交換する。本当にこれだけだが、意外と周りのプレイヤーの手札が見えてきたり、その辺読みあいになるので面白い。
ネックはコンポーネントに対するお値段。ゲームは手軽でもお値段は若干重め。


11.オルレアン
12.ヒュペルボレア
IMG_0922

ここはまとめて。(写真はオルレアン)
ほぼ同じシステムと言っていいにも関わらず、同時期に出たという非常に興味深い作品。
オルレアンは円形のチップを手に入れデッキを構築し、ヒュペルボレアはキューブを手に入れてデッキを構築する。
2作品とも構築したデッキは袋から取り出してランダムで使用する流れ。違いは、オルレアンは毎回チップを戻してランダム引きするのに対し、ヒュペルボレアは袋から引ききるまで引いてから袋に戻すドミニオン方式。
ヒュペルボレアは若干戦闘の部分が大味でアメゲー風なプレイ感があり、オルレアンは建物タイルの強弱が顕著で調整不足による大味感がある。一長一短で優劣をつけ難いが、とっつきやすさではオルレアンの方が上か?ということでこの順位。個人的にはシステムだけ見ればヒュペルボレアの方が良い気も。


13.ファイブトライブス
IMG_0642

変則的なマンカラのような動きで得点をより多く得られる最適解を探すゲーム。
このゲームの秀逸なところは、ゲーマーはゲーマーなりに他のプレイヤーとのインタラクション要素満載のディープなゲームが楽しめ、ライト層はライト層で自分の最大利益のみを追求するお手軽なプレイが楽しめるなんとも不思議な棲み分けが自然と出来る仕組み。ライト層とのゲームは40分程度でアッサリ終わります。ゲーマーばかりだと2時間以上かかります(笑)
コンポーネントが凝っているため、ちょっとお値段が張るのがネック。


14.枯山水
IMG_0830

エッセンで売られていたわけではないので入れるかどうか迷いましたが、これを入れずしてなんとやらということで。
見た目の秀逸さで最近YAHOO!ニュースにも登場したタイル配置ゲーム。
ゲーム内容は非常に地味なユーロゲームといった感じですが、その地味さがテーマと合致しておりさほど気にならない強みも。「徳」に絡むシステムにやや大雑把感が否めず、ゲーマーには物足りないかもしれないが、石庭の出来栄えを観るだけでも楽しい作品。


15.ロイヤルス
IMG_0907

一言で言うと「地味」
チケット トゥ ライドのようにカードをため込んで、線路ではなく役職に配置してエリアマジョリティを取るゲーム。前半、中盤、後半で目標が自然とシフトしていくシステムは計算されていて美しいが、全く以て派手さが無いので、結果に対して達成感が薄い。大逆転も無いゲームなので、コツコツと計算しながら得点を重ねて行く。こういうのが好きな人はきっといる良いゲーム。でもやっぱ地味なのでこの辺に位置づけ。


16.ムラーノ
IMG_0855

ブラント夫妻による「ワーカームーブメント」
得点源はすべて手札の目的カードから。お金の取得と目的カードへの幅寄せを同時に行う必要があり、このあたりが楽しさに繋がっている。
欠点らしい欠点はない。非常によくまとまっているが、得点の獲得方法が若干解りづらい点と、他のプレイヤーとの絡みが薄く、ゲームが淡々と進んでしまう点にいまいちテンションが上がりきらないのも事実。
個人的に「誘われれば喜んでプレイするけど、自分から出すにはちょっと迷うな……」という位置づけ。


17.ビースティーバー
IMGP4661

ルールを読んだときに感じたシステムの美しさが、楽しさに直結していないという印象。個人的に総合評価として「悪くない」程度に落ち着く。
特殊能力を持っている動物たちをバンバン出して逆転に次ぐ逆転が楽しそうに想えたが、遊んでみると、確かに逆転に次ぐ逆転ではあるものの、その波乱のお蔭で誰も得点化できずに悲壮感が漂う。
ちょっとした時間つぶしに軽くプレイできれば良いが、全てのカードの能力を把握しないとゲームが出来ないため、インストに若干時間を要するのもマイナス。
でも、ルールは美しい。


18.バイトナイト
IMG_0871

海外で評価が散々。
勝利点の獲得条件が書かれたチップを各プレイヤー同数同内容で持ち、順番に出すことで全員の条件が組み合わされ、時には無効にされ、まあ正直出たとこ勝負で得点が入る。更に得点条件を担うのはアクションゲームで獲得したタイル。早い者勝ち。身内で少し遊んでみたところ、ヘビーゲーマーはそっと閉じ。ライトゲーマーは楽しく遊ぶという対照的な結果に。
個人的には悪くないと思う。アクションが激し過ぎて要爪の手入れですが、パーティーゲームとして全然あり。


19.高松
IMG_0792

日本題材&日本語マニュアル同梱と、日本への猛アピールは好感が持てる(エッセンのブースに日本語話せる人が居たらもっと良かった)
内容はこれまたマンカラ的なアブストラクト。洗面器的な一面もあり、ダウンタイム長め、考えても上手くいかなくて他のプレイヤーにトスして悔しい思いも。
このサイズのゲームとしてはちょっと時間がかかるので手軽感がなく、最終的にはマイナス点を相手に押し付け合うゲームになるため、悔しさはあっても爽快感がないのがマイナス。あと、ルール見ても使い方が書いてない特殊な得点カードがあるのもマイナス要因。悪くはないけど、率先しては立てないレベルに落ち着く。


20.ダンジョン バザー
IMG_0892

ツォルキンコンビ+αによるエッセン新作。
ダンジョンに潜って武器やアクセサリーを集めて冒険者へ売ってお金を稼ぐゲーム。ダンジョンをじっくり探索した方がアイテムは手に入るが、売る順番が後になるため、売りたいアイテムが売れないというジレンマ。これが全て。
何と言っても、カードに酷いミスプリ(裏面の絵が違う)があり、この絵が結構重要な本作に於いてかなりのマイナス。
(とはいえ、メーカーに言えば快く交換してくれます)
これも悪くは無いけど、アクションポイント制のダンジョン攻略がなんだかチマチマした印象もあり、それを補うドラゴンチップの使い方などは逆に大雑把。これまた「悪くない」以上のなにものでもない出来。


21.デウス
IMG_0877

大方の評判を耳にしても個人的にはこの位置。
ゲームとして大雑把過ぎる印象。全ては軍事の有り方。軍事で金が入るのが強いとかいう話ではなく(それも強いけど)そういう強めのアクションもありつつ、一番の残念ポイントは軍事だけに許された移動のアクション。これを入れるだけで飛躍的に選択肢が増える。土地を広げようとしているプレイヤーを阻害できる。盤面ぐちゃぐちゃ。そんなことがまま起きる。基本は他人を邪魔しても良いことが無い「バチバチにならない」デザインになっているが、軍事だけは天然。逆に軍事以外のプレイは地味。カードの運用に関するシステムは良いのに意外と華が無い……そんな作品に感じました。


22.マッシリア
IMG_0869

ここから先は修羅の道。
クラウドファウンディングで集めた資金を持ち逃げされたことで有名な本作は、BGGの評価も去ることながら、評価に違わぬ残念っぷり。まずひとつは、他のプレイヤーを攻撃するアクションが酷い。相場でチマチマと1金2金を稼ぐゲームなのに、攻撃されると大量にお金を失う。下手すると自分の店舗も失う。やったらやり返すしかない。そしてそれは本当に双方手番の無駄。これによりアッサリ逆転も可能。ただし、逆転するのはその報復合戦に参加しなかったプレイヤーが漁夫の利。加えて、ペナルティマーカーなるものがあり、これを引き取ると「恩恵」がある。しかし、その名の通り沢山引き取れば引き取るほどゲーム終了時のペナルティも大きい。でも、「恩恵」が無いと立ち回れないので引き取らざる得ない。心が沈む。最後に、どう考えても使わないアクションがある。無駄。ただのダイス置き場。ペナルティマーカーを使わせるためのエサ。
たった7ラウンドが長く感じるので、プレイする際は心構えを。


23.ヘルウィグ
IMG_0828

修羅の道その2。
大好きなシャハト先生ですが、やっちまった感満載。
以前のエントリで色々書いているので割愛しますが、シャハト氏の25周年記念作品という位置づけも相まって残念に想う作品です。


24.サムライスピリット <写真なし>

修羅の道3

個人的に協力ゲームに魅力をあまり感じないという前提なので、もうちょっと一般的には評価されるかもしれませんが、周囲の反応もこんなものだったので、この位置に。
ボザが「七人の侍」をモチーフに作った、ブラッディロ……獣人化する侍が村を賊から守る協力ゲーム。
キャラクター固有の特殊能力の使いどころが難しく、基本はカードの引き運なので上手く守れても達成感がない。ダメなときと上手くいくときの差が無いため、目標達成できなかったからといって「もう1回!」という気分にならないのが・・・・・・日本題材なので贔屓目に見たいところだが、残念。
エッセンで購入した際、ブースにいたおねーさん達の衣装は可愛かった(←バカ)



本当に個人的な好き嫌い(ゲームの傾向として)もあるので参考程度に!
順位ひとつ二つ違うくらいなら、そんなに大きな差は無いです。
修羅の道に足を踏み入れなければ、比較的下位までそれなりに面白いですよ!

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは :-)


Mangrovia
Noris Spiele Gmbh
2014-12




部屋のはなし

ボードゲームが楽しくなってくるとついついゲームを買い込んでしまい・・・・・・ますよね?
或いは、オープン会もいいけれど、買ったゲームを自宅でも遊びたい・・・・・・なんて気持ちも、セミの幼虫から伸びる冬虫夏草の如く、ムクムクと頭から湧き出てくると思います。

そんなわけで、以前好評だった「ゴムのはなし」に続く環境整備シリーズ(?)第二弾。
今回は、「ボードゲーム部屋の一例」をご案内しようかと思います。

そんなに特別なことは無いので、既に環境を整えて、ボードゲームの沼に頭まで「いい湯だな」している方には物足りない内容になるかと思いますが、ご容赦ください。


【その1】
ボードゲームは棚構築から始まり棚構築に終わるとどこかの偉い人が言っていた夢を見た
気もする

買ったゲームの収納問題。
もう語りつくされていますが、とりあえず拙宅のゲーム部屋配置はこんな感じになっています。
たった6畳ですが個人的に夢が詰まった部屋です。

図101
A~Eがゲーム棚です。

今の部屋に越してきた2年前までは棚はA・C・Dしかありませんでした。
これで部屋のキャパはパンパンです。PCデスクが無ければもっと置けるかもしれませんが・・・・・・

■全体像

IMGP4823

ちょっと解りにくいですが部屋はこんな感じです。
図で言う「襖」で仕切られた隣の和室から撮影しました。
手前左の棚がB棚で、右側手前がE棚です。

奥には等身大のカピバラさんが鎮座しています。


■A・B棚

IMGP4825

A棚とB棚は壁付けせず置くことで、両サイドからゲームが差し込めるようにしています。
これで飛躍的に収納数が増えます。棚の配置的に可能であれば是非オススメしたい収納方法です。


▼和室側から(襖を隔てて隣の部屋)
基本は縦置き(縦置きのほうが箱が傷まないと思います)ですが、収納するうえで仕方なく横置きで収納することもあります。

IMGP4822


▼和室側裏面

IMGP4849


▼デスク前

IMGP4819

ここで使っている棚はもっともポピュラーな「ルミナス」のスチールラックです。


▼A棚(大きめ)




 ※ほぼ同じ仕様でルミナスより山善の方が若干安かったりします
 








▼B棚(小さめ)
通路を確保するために少し幅の小さいものを増設しています





スチールラックは組み立ても解体も楽なので広く使われているかと思います。
ご存知かとは思いますが一応。


▼C棚
C棚も基本はルミナスの大きいほうです。
ただ、諸事情あって前の部屋で少し高さの低いものを買っていたので、そのまま流用しています。

IMGP4821

ちょっと上のほうが雑多になってきたので買いなおしたいです・・・・・・
ただ、壁置きにする場合は奥行きがあるとどうしても見えない位置にゲームが隠れてしまうのでルミナスのスチールラックは実はあまりオススメしません(高さを確保すると奥行きもセットで広くなるので)

▼D棚
オススメはこちらのスチールラックです。
前の部屋でフィギュア(Not 美少女)を置くために購入したものですが、奥行きもGoldsieber大箱の幅とほぼ同じでぴったりです。

IMGP4820

こちらは90幅くらいあるものですが、残念ながらこの幅のものは絶版かもしれません。
棚にもある絶版問題・・・・・・

幅の若干狭いものはまだ売っているようなので紹介します。




▼E棚
E棚は主に小箱を置きたかったので、D棚より更に奥行きの無い棚を探す旅でした。
そして探し当てたのがこちら

IMGP4827

当時はAmazonに売ってなくて、YAHOO! ショッピングで買っています。
今はAmazonでも販売しているようです。

小箱の収納はなるべく無駄の無いように薄い棚にしたかったのでピッタリでした。
何気にラベンスバーガーの大箱も収まりよく入っています。






【その2】
棚が増えるということは、ミトコンドリアが勝手に増えるのとはワケが違い部屋の証明問題を誘発する


部屋に棚が増えてくると、明らかに部屋が暗くなります。
そうです。普通の住宅では、部屋内で日照権の問題など起こるはずも無く、こんな背の高い棚で日陰暮らしするハメになることを想定した照明配置にはなっていないのです。

そうなれば、照明が追加で欲しくなります。なるんです。

特に棚と棚の間は漆黒の空間が広がり(大袈裟)何のゲームが並んでいるか?なんて分からなくなります。
なので、ウチはスポットライトを取り付けました。

IMGP4816


もちろん、天井にスポットライト用のレールなど常備されていないので、コンセントから電気引っ張って来られるタイプのものを増設。スポットライトは2機とりつけました。


▼スポットライトと電球






スポットライトは広角をカバーできるように敢えて照明が横漏れするタイプのものを、電球については日焼けを回避するために紫外線の少ないLED。ボードゲームは日焼けも大敵なのでLED照明はマストだと思っています。


シーリングレールはリモコンでON/OFFできるものにしました。
むしろ、埋め込み型のシーリングではなく、コンセントから電気を引いてくる以上、リモコンは必須かと。



ついでに、部屋に下がっていた照明器具もLED照明にしました。

IMGP4829


ちょっと暗く見えますが、実際はもっと明るいです。
6畳だと物足りない明度の照明ですが、部屋半分だけ明度を確保すればよいと思えば十分です。


ちなみに、こちらはシーリングアダプタに直挿しですが、外にスイッチが設置されていないのでリモコンのアダプタも一緒に購入して仕込んであります。




あとは、日光が部屋に差さない様に(日焼け対策)遮光カーテンもあった方が良いかもしれません。
※ウチは設置しています





【その3】
ゲームを目の前にしてプレイをしないこじらせフリーク化に抗うための卓作りも重要なコンテンツ


棚を敷き詰め、ゲームを敷き詰め、次に欲するのは「プレイ環境」ではないでしょうか?


▼ウチのプレイ卓

IMGP4842

ウチは90x90の常時テーブル卓と、和室に90x120の臨時ゲーム卓の2機です。
主に写真の常時テーブル卓を使用しています。

おそらく、ゲームをプレイするうえで、90x90のサイズは最低あった方が良いサイズかと思います。
最近のゲームはこの大きさでも難しいものが多々ありますが、大抵ボードくらいは広げられるので(ボードだけでいっぱいになることはありますが)なんとかなる場合が多いです。

ちなみに公民館等で使う「長机」は45x180のサイズが多く、2つ使って90x180程度の大きさで使う形になります。90x90はオープン会の卓の丁度半分くらいの大きさです。

IMGP4843

マットを取り除くとウォルナットの木製テーブル


IMGP4844

真ん中で開いて収納もあります。


IMGP4845

中にはパネルに張ったツォルキン常備。
いつでもすぐ取り出して遊べます。わーい。

このテーブル、実はそんなに高くなくて、2万円前後くらいだったと記憶しております。
お手ごろなのでオススメしようと思いましたが、こちら絶版のようです。

・・・・・・テーブルにも絶版問題が(笑)


また、テーブルマットには「ミンクソフト」という生地を使っています。
このミンクソフトは、確か「すごろくや」さんでもオススメしていたかと。

もうひとつうえのお高い布で「ハイミロン(ミンクソフトもハイミロン系)」というものがあり、こちらも手触りが良いのですが、布が軽くてズレやすいので、敢えて重みのあるこちらを選択。メートル1,400円前後で手に入るかと思います。

ちなみに「調布のあな」でも、このミンクソフトを2メートルで裁断してもらってテーブルマットとして使っています。
毎回このマットを16枚持っていくので、これが一番厄介な荷物です(笑)


リビングマットには さわり心地の良いラグマット。
これも安ものですが、概ね好評です。ゲーム部屋なら十分すぎる肌触りです。




長時間座ってゲームをするので、クッションも買いました。


自分、腰を痛めているもので、少し腰の位置が高くなるようなクッションが良いと思いこちらを購入しました。
このクッションに限らず、少し高さのあるクッションが楽なのでオススメです。


とまあ、あまり約に立たない内容かと思いますが、部屋作りの参考になれば。
あくまで一例ですので、お役に立てれば幸いです。


IMGP4846
 
良かったら
カピバラさんもお好みで配置してください。


そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは :-) 
 
調布のあな
次回の「調布のあな」は
8月15日(土)開催となります

詳細&参加表明はコチラ
↓↓↓
http://twipla.jp/events/154272
ただいま紹介期間中です



【調布のあなスケジュール】

・第55回:2015年 8月15日(土)

・第56回:2015年 9月 6日(日)

・第57回:2015年10月11日(日)

・第65回:2016年 4月 9日(土)

・第66回:2016年 5月14日(土)

記事検索
オークション
アクセスカウンター
  • 累計:

Twitter プロフィール
ギルティギア界のそらい館長であり、「調布のあな」のかんちょーです。今は監査のお仕事…でも人を楽しませる仕事にしか興味アリマセン!カピバラさんには超思い入れアリアリアリーデヴェルチ!最近すっかりボドゲ野郎、あとお酒があれば本望!知り合い及びorそらい館知っているという方はリプライ下さい~フォロー返します