どうでもいい は なし

「調布のあな」のかんちょーこと、川口正志(本名プレイ)がお送りする
「どうでもいい話」or「どうでもいいは無し」
そんな毎日

★★

なんとも難しいサバイバル!【チュパカブラ サバイブ ザ ナイト】

プレイペース広島さんで見かけ、ちょっと欲しいなと思いつつ「ゲームマーケットに持ってきていたら買おう!」という消極的な、なかばあきらめることを自分に課すための言い訳でしかない理由付けをしていたのですが、なんと、本当にゲームマーケットで販売されていたので、めでたくリミット解除w
購入いたしました。

▼チュパカブラ サバイブ ザ ナイト ★★
(Chupacabra: Survive the Night)
版元:Haywire Group
IMGP1452.jpg

各プレイヤーダイスを6つ持ってスタート。

ダイス目には数字ではなく「ニワトリ1羽」「ニワトリ2羽」「ヤギ」「ウシ」「チュパカブラ」が描かれており、各プレイヤーは一斉にダイスを振って、出た目を動物毎に仕分け。

次に、スタートプレイヤーから順に、出目に「チュパカブラ」がある場合、そのチュパカブラで他のプレイヤーの動物を襲います。チュパカブラ1匹で襲える動物は「ニワトリ2羽」「ヤギ1頭」、ウシはチュパカブラ2匹使ってやっと1頭襲うことが出来ます。

ただし、動物は「群れ」を形成している場合、群れ全頭を襲えるだけのチュパカブラが居ないと襲えません。
チュパカブラが1匹しか居ない場合、ヤギ2頭の群れの中から1頭だけ襲うことが出来ないわけです。

襲った動物のダイスは、襲ったプレイヤーのものになります。これを時計回りに順番に解決していき、全員終わったら、獲得したダイスを含めて再度一斉にダイスを振るところからの繰り返しです。
最後までダイスを持っていたプレイヤーの勝利。

また、ロングゲームルールとして、所持しているダイスが3つ以下になったとき、ダイスを振って全てのダイスがチュパカブラになったら、その数に関係なく、チュパカブラが覚醒して一番大きな群れを襲えるというルールがあります。

今回は、このロングゲームルールを採用し、わかともさん、かにゃたさん、私の3人でプレイ。

▼黒いダイス目が「チュパカブラ」
IMGP1450.jpg

ルールを読んで、「なるほど、チュパカブラを沢山出せばもちろん有利だけど、仮に出なくても群れが出来やすいから襲われるリスクはそこまで高くないのか……なるほどなるほど」なんて思いましたが、実際やってみると印象派全く違っていて……

というのも、チュパカブラの目は1面のみ。最初に配られるダイスは6個なので、期待値は1個……
このチュパカブラの目が本当に出ないんですw

出ても1~2個。ほとんど0個w
全ゲームを通して最高で同時に出たのは3つ……しかも、3つ出たときは、かなりジャラジャラとダイスを持っている状態でした。

そのため、序盤でダイスを失うと巻き返すのが非常に困難なんです。

1ゲーム目は、序盤みんな様子見でジャラジャラとダイス振って一喜一憂していたのですが、かにゃたさんが安定してチュパカブラを出しダイスを増やしていく中で、私と わかともさんは「あれ?これもう無理なんじゃないか?」といった雰囲気。クエスチョンマークが頭上に点灯し始める。

案の定、ダイスを失うと何もできず、覚醒狙いで希望は捨てないものの、簡単に覚醒することもなくw

アッサリ終了。かにゃたさんの勝ち。

あれ?おかしいな?これダメなんじゃない?w
って感じで、変な表情を浮かべる一同。

とりあえず、もう一回やってみよう!ということになり、再度プレイをしたものの、やはり勝者が わかともさんになっただけであまり展開の違いは見られず。

ただ、2回目は「やっぱダメじゃん!ww」みたいな妙なテンションで、ゲラゲラ笑いながらプレイ出来たので、実はそれなりに楽しかったです。

手軽だし短時間で終わるのでその点は良いのですが、ゲームとしては全くの運ゲー。
逆転性もほぼ無いので、終盤で妙に決着がつかないと「もういいんじゃない?」って雰囲気になります。

「チュパカブラを出すゲームだけど、出なくてもなんとかなるよ」って造りにしたかったのは分かりますし、面白いアイディアだと思うのですが、もうひと捻り欲しかったなと。

題材は非常に尖ってて、こういうノリ割と大好きなんですが、なんとも残念です。
でも、ゲーム会にはもって行きます。一発ネタとしては遊べそうなので!

あと思ったのは、「チュパカブラ」ってどのくらい認知度があるんでしょうね?
私はオカルト大好物なので、この手のUMAの話は知っていましたがw

興味のある方は調べて見てくださいね。

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは。


 

元ネタは芥川龍之介?【藪の中】

akiさんがボードゲームを始めたころにプレイして面白かったらしく、リクエストがあったので棚から引っ張り出して「藪の中」をプレイ。

▼藪の中 ★★
版元:oink games
著者:佐々木 隼
IMGP1185.jpg

2~8の数字、もしくは数字が書かれていない人型のタイルを各プレイヤーへ1枚配り、残った4枚のタイルを3枚は縦に、1枚は横に寝かせるように場の中央に置きます。

中央の4枚のタイルは「殺人現場」を表していて、寝ているタイルが被害者、縦になっている3枚が容疑者です。

ゲームは3枚の容疑者タイルから犯人を捜すのが目的。
犯人は3枚のうち、最も大きな数字が書かれているタイルが犯人となりますが、例外として、3枚の中に「5」の数字があった場合に限り「一番小さい数字が書かれているタイルが犯人」となります。

まず親を決め、親は容疑者の中から2枚を確認し、犯人を予想して容疑者3枚のタイルのうち1枚にチップを賭けます。

このとき、なんと、犯人と容疑者を入れ替えても構いません。
凄いシステムw

親以外のプレイヤーは、親が賭けた容疑者タイル以外のタイルを確認し、同じようにチップを賭けます。
全員が賭け終わったら答え合わせ。

答えが合っていたらチップはそのまま戻ってきます。
もし間違えていたら、チップは裏返しになって以降使えない状態として戻ってきます。

ただし、同じ容疑者タイルに複数のプレイヤーが賭けて間違った場合は、最後に賭けたプレイヤーが全てのチップを裏返しにして引き取らなければなりません。

こうして、賭けるチップが無くなる、もしくはチップの総数が8枚になったプレイヤーが出たところでゲーム終了となり、条件を満たしたプレイヤーの負けとなります。

IMGP1190.jpg

今回は、2人プレイなので「2」と「8」の容疑者タイルを除外してプレイ。

まずはakiさんが親。

手札のタイルを見て瞬間から既に首をかしげているakiさん。
更に、容疑者タイルを2枚見て、まだ悩んでいるakiさん。

確定的な情報が無いことがバレバレなakiさんw

次にakiさんが賭けていない容疑者タイルを私が見るのですが、この時点でも可能性がいくつかあるため、どのタイルが正解であるかは分からず。

どうせ分からないのであれば、akiさんと同じ予想をして外すよりも、違う予想で外した方がデメリットが少ないと考え、違う場所へ賭けることに。
でも、結局当たっていたのは私w

次は私が親。

せっかくなので、容疑者と被害者を入れ替えてみようと決め打ち。
とりあえず容疑者タイルを2枚確認し、見ていない1枚を被害者と入れ替え。

めくったタイルは「6」と「7」で、手札が「3」
残り1枚の容疑者タイルが「5」出ない限り「7」が正解となるので、とりあえず「7」にチップを賭けて、見ていない容疑者タイルと被害者タイルを入れ替えました。

akiさんは入れ替えられたタイルと、「6」のタイルを確認して、悩んでいましたが「6」のタイルに賭けたので、ああこれは「5」出ていないなとw

予想通り的中していたので、akiさんマイナスチップ。とまあこんな感じで進みます。

最後は、確実にハズレである何も書いていないタイルにブラフでチップを賭け、それに乗ってきたakiさんがチップを引き取って負け。私の勝ちで終わりました。

各所で評判の良いこのゲーム。
私はちょっと物足りなさというか、システムとしてもう一歩感を感じています。

というのも、「ブラフ」「推理」「運」という3つの要素を絡めたかったのは分かるのですが、たとえ親であっても全ての情報を持っているわけではないため、ブラフをせっかく仕掛けても、ブラフとして成立していなかったりしますし、推理も余程運よくタイルを確認できない限りは2~3択からの賭けとなってしまいます。

なんとなくフワッとしているんですよね。全ての要素が。

フワッとしているということは、勝ったときの嬉しさ、或いは負けたときの悔しさもフワッとしてしまいます。なんとなく勝って、なんとなく負けてしまうので。
故に、あと一歩、推理やブラフを仕掛けるのが楽しくなるスパイスが欲しかったなと。

逆に、フワッとしているためプレイ感は非常に軽いです。
ガチガチな推理ゲームでもなく、ブラフゲームでもなく。
運要素(手札の情報)が強めかな?

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは。


 

大富豪?大貧民?【ハギス】

昨日はakiさんと、遅ればせながら新年のご挨拶がてらテンデイズさんへ。
色々お話させていただいていたら完全に写真を撮り忘れ。

タナカマさんとゲームの話をしている脇で、akiさんは店内にあったボードゲームナビに載っているタナカマさんの写真を見つけて喜んでました。
oh!マイペースw

そんななか、akiさんが興味を示したハギスと、買おうと思っていたQin(秦)を購入して撤収。
帰りに近くのバーミヤンでハギスをプレイしました。

▼ハギス ★★
(Haggis)
版元:Indie Boards and Cards
作者:Sean Ross
DSC_1172.jpg

2人もしくは3人で行う大富豪のようなゲーム。

今回は2人でプレイしたので、お互いにランダムで14枚ずつの手札を持ってスタート。残ったカードは除外しますが、この除外カードを「ハギス」と呼ぶそうです。

手札は2〜10の数字と4種類のシンボル(3人プレイだと5種類)がいずれも1つずつ書かれており、数字が大きい方が勿論強いカード。
また、手札の他にジャック、クイーン、キングの3枚を各プレイヤーは追加で受け取ります。
この3枚はそれぞれ11、12、13の数字として使える他、ワイルドカードとしても使用できる万能カード。

これらを使い、相手が場に出したカードより大きな数字のカードを場に出すことで手札をなくしていきます。

カードを場に出す際は、同じ数字を複数枚だったり、同じシンボルの連番になっているカードをまとめて出したりすることも。この辺は本当に大富豪と同じですね。

ハギスならではなのは「ボム」という出し方があり、異なるシンボルまたは同じシンボルの3・5・7・9のカードもしくはワイルドカード2枚を出すことで相手が出したカード無視で勝つことができます。

カードを場に出した際に相手がパスしたらそのゲームは勝ちとなり、勝った場合はそのゲームで場に出されたカードすべて受け取り、次のゲームでスタートプレイヤーとなります。

どちらかの手札がなくなったらワンラウンド終了。

手札がなくなったプレイヤーはまず相手プレイヤーの残った手札とワイルドカードの枚数×5点を得ます。
次にその残りのカードと、ハギスをすべて受け取り、ゲーム中で獲得したカードと合わせてカードに書かれている点数を得ます。

点数は、3・5・7・9のカードが1点、ジャックが2点、クイーン3点、キング5点となっていて、他のカードは点数になりません。

また、負けたプレイヤーもゲーム中に得たカードの点数は貰えます。

これを繰り返し、今回は250点に先に達した方の勝ちとしました。

本当は、この他にベットのルールがあるのですが、チップが手元になく得点計算が煩雑になりそうだったので今回は端折り。

最初akiさんの手札が悪かったらしく、いきなり60点くらい差がつきご不満顔w

大富豪と違って、このゲーム負け方が非常に重要で、負けるにしてもなるべく手札を無くして負けないと点数差が大変なことになります。
かといって、手札の枚数を減らして接戦に持ち込めば、今度は獲得したカードの点数のウェイトが大きくなるので、ただ減らせば良い状況ではなくなってくるという。

なんという難しさ。

とはいえ、手札の運もあるので初心者でも十分楽しめるゲームではあります。

結局、2人ともなんとなくコツをつかんだ結果、なんと1点差で負けるという悔しい展開にw

これは、旅先などに持っていけばいくらでも時間潰せるゲームですね。
大富豪やるくらいならこちらオススメです。

ところで、自分の地域は「大富豪」ではなく「大貧民」だったのですが、どちらが主流なんでしょうか?w

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは


 

エッセン突発ブツ「マウワー」

今年初めて訪れた「エッセン シュピール」
事前情報を元に、欲しいゲームをリストアップして訪れ、ほぼほぼリスト意外の買い物はしなかったのですが(リストにあったゲームを複数買うことはありましたがw)
そんな中、イレギュラーだったのが会場でお会いしたタナカマさんに勧められるままに買ったこのゲーム「マウワー」です。

■マウワー(Die Mauer) ★★
版元:Zoch
作者:Thomas Fackler
DSC_1029.jpg

「あのゲーム、14ユーロまでなら買いですよ」
と言われ、中古屋の店主に値段を聞いたら本当にちょうど14ユーロw
このうえない衝動買い大作戦実行です。

ゲームは、いわゆるバッティングゲームで、親を1人決め、一斉に手持ちの駒から1つを握って場に出します。
握った駒の親はバッティングを狙う、子はバッティングを避ける簡単ゲーム。
城門や塔、城壁といった手駒は、条件が合えばプレイでき誰かの手持ち駒が無くなれば終了です。

面白いのは、手に駒を握らないという選択肢もあり、この場合、親ならバッティングすれば好きな手駒を1個プレイでき、子ならバッティングしなければ、好きな手駒を1つ親に押し付けることができること。
いいシステムです。

残念なのは、ちょっと手駒をプレイする条件が緩いため、ゲームが淡々と進んでしまう点でしょうか?
もう一捻りあるともっと面白くなりそうなゲームでした。

ってことで、今日も「どうでもいい話」でした

ではでは
調布のあな
次回の「調布のあな」は
8月15日(土)開催となります

詳細&参加表明はコチラ
↓↓↓
http://twipla.jp/events/154272
ただいま紹介期間中です



【調布のあなスケジュール】

・第55回:2015年 8月15日(土)

・第56回:2015年 9月 6日(日)

・第57回:2015年10月11日(日)

・第65回:2016年 4月 9日(土)

・第66回:2016年 5月14日(土)

記事検索
オークション
アクセスカウンター
  • 累計:

Twitter プロフィール
ギルティギア界のそらい館長であり、「調布のあな」のかんちょーです。今は監査のお仕事…でも人を楽しませる仕事にしか興味アリマセン!カピバラさんには超思い入れアリアリアリーデヴェルチ!最近すっかりボドゲ野郎、あとお酒があれば本望!知り合い及びorそらい館知っているという方はリプライ下さい~フォロー返します