どうでもいい は なし

「調布のあな」のかんちょーこと、川口正志(本名プレイ)がお送りする
「どうでもいい話」or「どうでもいいは無し」
そんな毎日

★★★

東京いかに大暴れできるか・・・え?地方?【キング オブ トーキョー】

▼キング オブ トーキョー ★★★
(King of Tokyo)
版元:IELLO
著者:Richard Garfield
IMG_0220

怪獣が暴れると言ったらやはり東京なのでしょうか?
東京にはマグロ工場は無いものの、ゴジラが暴れることはアメリカ人でも知っているということなのでしょう。

そんなある意味「日本かぶれ」なゲーム。なんとなく覗き見るのが怖くてw 触らずに居ましたが、卓が立つということでせっかくなので遊んでみました。

ゲームは、自分の手番になったら「攻撃」「ライフの回復」「エネルギーの獲得」「勝利点(1~3)」の目が刻まれた6個のダイスを振って出た目のアクションを実行するもの。ダイスは2回まで振りなおしが可能。

基本的にはこれだけ。非常に簡単。

最初に攻撃を選ぶと東京の舞台に上がることができ、東京の舞台に上がると東京以外に居る(東京のステージに上がっていない)他のプレイヤーのモンスター全てに攻撃をすることが可能で、逆に他のプレイヤーの手番で攻撃が選択されるとその攻撃を一手に受けることになります。
攻撃を受けると東京から撤退するか否かを選択でき、ここで入れ替えが発生。ただし、東京に残っていれば手番が来るごとに勝利点が貰えます。なかなか美味しい東京上陸ですが、東京に居る間はダイスによる回復が出来ないので、やせ我慢をしながら東京で暴れなければなりません。

最も早く勝利点を20点まで稼ぐか、自分以外のモンスターを全て倒すことが出来たら勝利となります。

今回は、吉原さん、進藤さん、オクイさん、網岡さん、サヤカさん、私の6人でプレイ。

IMG_0217

今回は拡張全部入りということで、「コスチューム」と「進化」の追加要素もあり。

まずは皆、自分強化に走ります。
「ライフ回復」のハートのダイス目を3つ揃えると進化が出来、自分を有利にするカードが獲得できます。まずはここから。全員進化を狙いますがなかなか上手く行かず。オクイさんだけは最初からダイスでの勝利点獲得を狙い頭1つ抜けた状況。

そんななか、東京の舞台に乗った吉原さんはあっという間に撃沈し、次いで舞台に上がったサヤカさんも、東京で粘るものの敢え無く敗退。2人脱落した状況でも、オクイさんは相変わらず積極的に上京せず。

オクイ「私、東京とかいいですわー 地方で頑張りますわー」

と、一瞬東京に来てもちょっと攻撃されたら速攻で田舎に帰る地方での活躍に命を賭けるモンスター。
2人脱落したあたりで満を持して東京に駆け上がり点数を稼ぐ私を尻目に、私以上に地方で稼ぎを見せるオクイさん。なんだこの地方ゲーw キング オブ チホウに改名した方が良いんじゃ?w

地方馬オクイさんは着実に勝利点を積み上げ、あと1点で勝つという状況まで来てしまい、一同諦めモードに入るも、オクイさんダイスの神様に見放され3ターン連続で1勝利点も得られずに勝利確定できない状況が続く。

私「これが地方競馬の限界ですね!?w」

すっかり地方限界説がまことしやかに囁かれるようになり、その間に私もあと3点で勝利というところまで勝利点を詰めましたが、4回目にしてオクイさんが勝利点を獲得して終了。

地方活躍でも勝てるという地方の星(希望)として語り継がれるプレイで勝ち抜けるのでした。


----所感
これは非常に分かりやすくて盛り上がりますね。

直接攻撃系なので人を選ぶかと思っていましたが、即死レベルの攻撃があるわけではないのでそんなこともなく、システムはかなり大雑把ですが、理不尽さを感じるまで大雑把でもなく、バカゲー1歩手前で留まってワイワイと楽しめるゲームになっています。 

ロジカルな思考は必要としないので、そういう意味では物足りなく感じる方も居るかもしれませんが、理屈抜きでお酒を飲みながら盛り上がるゲームだと思うので、あまり問題ではないかなと。いや、実にいいw

テーマ故に子供にも喜ばれそう。拡張を入れなければ子供でも簡単に出来る内容だと思うので、是非子供が遊んで盛り上がっている様を見てみたいです。

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは :-)



 

ある意味チキンレース宇宙戦争【タイタニウム ウォーズ】

▼タイタニウム ウォーズ ★★★
(Titanium Wars)
版元:IELLO
著者:Frederic Guerard
IMG_0211
 
先日の中野ゲーム会にて、カナイさんが「せっかく買ったので供養したいです。バカゲーです。」という勧誘をしていて、その謳い文句に乗っかってみた宇宙戦争モノゲーム。

プレイヤーは艦隊を率いて惑星を奪い合います。

まず、各プレイヤーは担当するキャラクターを選び、所持金1,000を受け取ってゲームスタート。

フェイズは2つのフェイズに分かれていて、まず第一フェイズは「購入」のフェイズ。
各プレイヤーは、一斉に場にある戦闘機や戦艦、またはそれらに搭載するユニット、自国に配置できる武器やの技術力などを買い漁ります。

これが終わったらスタートプレイヤーから順番に、各プレイヤー場にオープンになった惑星をめぐる戦いに参加するか否かを決定し、参加することを選んだプレイヤーは第二フェイズへ進みます。

第二フェイズは、まんま戦闘ですw

各プレイヤーは場の山札から0~7の数字の書かれた「戦術カード」基本3枚手札に持ち、戦闘を開始します。戦闘の方法は、全員一斉に手札から1枚カードを出し、数字の低いプレイヤーから攻撃をして行きます。ただし、各戦術カードでは攻撃できる戦力(戦艦だったり、飛行艇だったり)が決まっていて、自分の戦力と照らし合わせて出さないと、いくら早く攻撃できても攻撃する戦力を持っていないということも有り得ます。

攻撃は任意のプレイヤーの戦力に対して仕掛けられます。この辺が大雑把!

攻撃が1巡したら戦闘を継続するか各プレイヤーに確認し、参加者がいる限り戦いを続けて、最後まで残っていたプレイヤーが惑星を獲得できます。

惑星には勝利点も付いており、この勝利点が合計で7点を超えたプレイヤーが出たらゲームは終了。7点以上獲得したプレイヤーの勝利となります。

今回は、カナイさん、中尾さん、OKAZUさん、私の4人でプレイ。

IMG_0205
 
とりあえずルール説明を聞いた限りで戦闘の有利不利がピンとこなかったので、初ターンはテクノロジーをお金の力でチートし、お強い戦艦を購入。コストと比較して攻撃力は並ですが防御力が非常に高く、ユニットも多く付属できるのでとにかく死なないことを目的に、最初に大きなものを作ってみました。そして、最初の戦闘はパスして他の3人の戦闘を様子見。

思ったとおりの消耗戦w

戦艦や戦闘機は大破してしまうと元に戻りませんが、ダメージはいくら食らっていても破壊さえされていなければ次のラウンドには回復します。勝てそうに無ければ破壊されるまえに戦闘を降りる必要がありますが、この引き際が悩ましくも楽しい瞬間です。完全なチキンレース。

最初の惑星は中尾さんがゲット。惑星の点数を見ると3点……うまく2つ惑星取れば勝てますねw

2戦目は参加しましたが、数の力に押し負け、また見た目強い戦艦が狙われてしまい撤退。強い戦艦を2隻も作っておけば安泰かと思ったのですが、案外そうでもなかったようです。確かに戦闘機であれば低コストで攻撃力はソコソコなので、徒党を組まれると厄介です。 

3戦目は私が戦闘に勝利し惑星をゲット。4戦目はカナイさんと、中尾さん、私の3つ巴の勝負だったのですが、 途中で場を荒らすだけ荒らして私が離脱。

カナイさん「え?そこで帰っちゃうの!?三つ巴にならないと(私)大ピンチですよ!w」 

それでも中尾さんに大量リードさせないために、まだ惑星を奪えていないカナイさんには頑張ってもらわないといけない場面。心の中では超応援モード。

勝負はカナイさんが勝ち、全員がほぼイーブンの状態。ここで点数4を持つ惑星が 次の征服対象となり、誰が取っても取った人の勝ちという状況に。全員で総力戦。なんとか最後の2人まで残りましたが、負けてしまいました。
やはりもうちょっと戦闘機なり増やしておくべきだった(汗)

----所感
惜しいの一言。複数人でワイワイと遊ぶ分には良いと思いますが、攻撃対象が自由であることから誰もがキングメーカーになり得るというか、特定のプレイヤーを封殺したり見過ごしたりが簡単に出来てしまうシステムだなと。
もうちょっと戦闘に縛りがあっても良かったかもしれません。

とはいえ、戦闘の順番など光るアイディアも多く、ゲーム中は結構色々と考えながら楽しく過ごせませした。

宇宙テーマが好きな方はプレイして損は無いかと思いますが、あまりガチガチにゲームに臨むのではなく、ゆるい気持ちでプレイするのが吉かと思います。

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは :-)


 

最近、庭作るゲーム多くない?【サンスーシ】

▼サンスーシ ★★★
(Sanssouci)
版元:Ravensburger
著者:Michael Kiesling
IMGP3473
 
こちらも関西旅行で寄ったトリックプレイさんでプレイしたメビウス頒布会ゲームの1つ。
サンスーシ宮殿の庭を上手くつくりましょうって感じのテーマ。

厚手のタイルとプレイヤー個別ボード、おまけに大きなプレイヤーコマまで付いていてワクワクが止まりません。

ゲームはまず、各プレイヤー同じ内容のカードを18枚と、目標のカード2枚を受け取ります。
18枚のカードの内訳は、庭に置かれる「噴水」や「迷路」といった9種類のタイルのシンボルが描かれているものが各1枚で9枚。5色ある色から2色が描かれたものが8枚、5色全てが描かれているものが1枚です。

プレイヤーはこのカードを山札にして、山札の上から2枚手札にしてゲームスタート。

手番が来たら手札の2枚のうち1枚を使用して場にオープンになっている「庭タイル」を獲得します。獲得できるタイルは、「色」のカードなら、カードに描かれている色と同じ色の上に置かれた庭タイルを、庭タイルのシンボルが描かれているカードなら、描かれているシンボルと同じ庭タイルを獲得して即時自分の庭(個人ボード)に配置します。

庭タイル配置に縛りがあり、獲得した「色」と「シンボル」が一致した場所にしか配置することができません。 もし、既に配置されている場所のタイルを獲得してしまった場合は、同じ色もしくは同じシンボルいずれかの場所に裏面の「庭師」を表にして置きます。

また、出したカードで獲得できるタイルが無い場合(条件の合うタイルが無い場合)、好きなタイルを獲得できます。しかし、配置のルールは同様です。

庭にタイルを配置するとそこに道が出来、プレイヤーのコマが進めるようになります。9つあるシンボルに各1体ずつあるプレイヤーコマは、最初に置かれたシンボルのタイル上にしか置けない、かつ、戻り道が出来ない、庭師のタイルには置けないという3つのルールさえ守っていれば1ターンに1コマ、どのように動かしても構いません。 より[下のタイルに置ければ点数が多くなります。

これらを繰り返し、 18枚のカードを全員が使いきったらゲーム終了。
個人ボードの列と行を見て完成されていればボーナスが入り、目標カードの条件を確認して加点して最も得点したプレイヤーの勝利となります。

今回はトリックプレイさんにて4人でプレイ。

IMG_0193

個人ボードはあみだくじのようになっていて、一度下に進めてしまうと上には戻ってこられない仕様。

全員、ルールは理解できても、点数をどのように稼いだらよいかサッパリ分からないといった感じでゲームが始まった感じ。私も多分に漏れずよく分からなかったのでとりあえず目標カードに描かれたシンボルを伸ばしていくことに。

ただ、悩ましいのは必ずしも自分の欲しい場所に欲しいシンボルの庭タイルが出てくるとは限らない(むしろ出てこない)し、出てきても手札が悪いと獲得できないという点。手札は使えば2度と同じ手札は出てこないので、自分の欲しいシンボルが描かれているものは特に慎重に使う必要があります。

特に今回は、序盤、庭タイルをめくってもめくっても同じタイルが同じ場所にオープンされるという微妙な場にw
4人居れば一巡の後、状況が変わっていても良さそうなものですが、あまり変わらない状況で手番が再び回ってきます。む、難しい……

点数の入り方も独特で、毎手番点数を得る事ができますが、だんだんと得点するために動かせるコマが無くなっていき ……なくならないまでも、得点を伸ばすためには動かせない場面もあって非常に悩ましいところ。

ふと隣を見ると、隣はとにかく「庭師」を使って縦の列を完成させようとしていて、なんとなくこれが正解っぽかったので便乗。極論言えば、一番下の行だけ表の庭タイルを置けば得点できるのでたぶんこれが正攻法。

ただ、仕掛けるのが遅く、動かせるコマが最後なくなってしまい、その間に最初から庭師を使ってうまく得点をしていた方に追いつけず。

終わってみれば最下位と良いところナシの結果でした。なかなか厳しいw


----所感
最初本当に何をすればよいのか分からないのが残念。故にゲームの勘所が分かった2回目から真に楽しめるゲームのような気がしますが、いかんせん地味なゲームなのでなかなか「もう一回!」とはなり難そうな印象。 

プレイ感は非常にシンプルですが、ルールはそれなりにあって、説明も難しそう。初心者に向けて出すのが良いのか、フリークに出すべきかを悩む感じです。プレイ時間はそこそこなので、初心者の方にも薦められそうではあります。

もう一度書きますが、とにかく地味w

ひたすら箱庭なので、かなり黙々と作業をしているような感じで、なんかこうみんなでワーッ!って盛り上がりに欠けるのが原因ですね。

ゲームとしては悩みどころも用意されていて、システムも面白いと思いました。戦略を理解できたので、機械があればもう一度プレイしてみたいです。

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは :-) 

クニツィア先生の描く京都のイメージ【京都】

▼京都 ★★★
(Kyoto)
版元:メビウスゲームズ
著者:Reiner Knizia
IMGP3396

メビウスゲームズさんの20周年企画のひとつとして製作されたReiner Knizia氏による作品「京都」
先日、兵庫の「トリックプレイ」さんにお邪魔した際にお持込みがあったのでプレイさせていただきました。

ゲームはクニツィア氏らしく非常にシンプル。
プレイヤーは手札となるタイルを1枚場にあるタイルにつなげていくだけです。
タイルを繋げたとき、「池」「岩」「植木」「紅葉」の4種類の絵柄のうち、同じ絵柄がつながったものについて、「配置したタイルを含まない」連結したタイルの数がそのまま点数となります。

また、各プレイヤーには公開情報として「得意の絵柄」が設定されており、 この得意絵柄は繋げると点数が1枚につき2点となります。

タイルを配置したら山札からタイルを1枚手札に補充(といっても常に1枚だけしか手札にはありませんが)します。これを繰り返して全てのタイルを使い切ったところでゲームが終了し、最も多く得点したプレイヤーの勝利です。

今回はトリックプレイにてお付き合いいただき4人でプレイ。

IMG_10190

私の得意絵柄は「池」
池のタイルは錦鯉が泳ぐ涼しげで綺麗なタイルです。恐らく4種類の絵柄は四季を表していて、彩が綺麗。 

配置するタイルには3~4種類の絵柄が描かれていて、もちろん得意絵柄が描かれていれば有利。加えて、配置時点でよく伸びている絵柄にも連結できるとベストな感じ。

しかし、そんな上手くはいくハズもなく。

4人居ると自分の手番に回ってくるまでに良い場所は結構埋められてしまっていたり、欲望のままタイルを置いてしまうと隣にトスすることになるので置けなかったりと、なかなか美味しい選択肢を素直にとらせてもらえませんw

当たり前ですが、妨害すれば自分の実入りは少なくなるので、妨害ばかりもしていられず。

私は自分の得意絵柄を含むタイルを結果的に100%引けたので大きく点数を穿つことなくコンスタントに稼ぐことができ、中盤まであまり点差が開かない展開から1歩いや、ほんの半歩くらいのリードをじわじわと積み重ねて点差を広げていく感じ。 

途中で、どうやら私の点数が他より多いということがバレるものの、最後まで点差をキープしてなんとか勝利することが出来ました。

きっと遠くからの来客ということで接待プレイですね(笑)


振り返って、ゲームのプレイ感としては非常に地味です。わびさびの世界とも言えなくもありませんが。
運要素も強め。悩ましさは存分にありますが、その悩ましさはクニツィア先生っぽくはなく。

悩みどころは「相手の広がりを抑える」「自分の点数をひたすら追及する」どちらで行くかのみで、妨害するくらいなら点を獲りに行って殴り合った方が大量得点の爽快感もありますし、戦略的にも強そう 。ただ、これをやってしまうとソロプレイ感が強く、地味な展開になりがち?

あと、毎回発生する点数計算が面倒くさいのもネック。これは回避しようがないので、得点計算用のチップを用意することをオススメします。

簡単で手軽でそれなりに悩ましくアートワークも綺麗なので、決して悪いゲームとは思いませんが、なんかこうワイワイやるようなゲームではなくて、囲碁将棋のように考えながら静かにプレイしてしまう作品です。ただ、フリークには物足りないかもしれないので、是非、ボードゲームの導入的場面で使って欲しいですね。 最善手を捜す楽しさは確実にあるので。

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは :-)



 

島は常にひとつですけど気にしない!【七つの島】

▼七つの島 ★★★
(7 Islands)
版元:One Draw
著者:木皿儀隼一
IMGP3300

2年前のゲームマーケットにて発表されると即売り切れで入手困難となり、話題となった「七つの島」。これはその第二版で、当時はamazonにも並んでその勢いに驚かされたゲームです。

遊びに来ていた のっちさんが、最近ドミニオンデビューをして楽しんでいるという話を聞き、それならばとデッキビルドが流行っていた時期のヒット作を出してみました。

ゲームは「ドミニオン」を知っていれば直感的に入り込めるデッキビルド方のゲームですが、特徴的なのは「島の上陸」というワーカープレイスメント的概念。プレイヤーはお金とカードのアクションを駆使して勝利点を稼ぐことは勿論、島に上陸(ワーカー配置)して有利なアクションを得ることも出来ます。

島はいくつかの区画に分かれていて、それぞれの区画に入れる定員数に達すると様々なアクションが派生します。島は何枚か用意されていて、プレイごとに差し替えて遊ぶ仕様。

また、アクションカード(道具系カード以外)を使うには、食料を必要とするためリソース管理も必要です。

場に展開されたカードの山が3山枯れるか、勲章の山が枯れる、もしくはいずれかのプレイヤーが勝利点チップを20点分以上獲得したラウンドでゲーム終了。獲得したカードの勝利点を合計して最も多いプレイヤーの勝利となります。

今回は、のっちさん、スギさん、私、akiさんの4人でプレイ。

IMGP3084

私以外はみな初めてなので、とりあえず島は「始まりの島」から。
まず、ドミニオンをやっている人は、アクションと購入の回数制限がないことに驚きます。

そして、最初は喜びますが、結局お金に限りがあることと、アクションを使うために食料が必要な点からそこまで豪遊できないことにもすぐ気付きますw

きっとみんなオーソドックスにデッキビルドしていくだろうと思った私は、島への上陸を強化して勝利点チップを集めて勝利点を稼ぎつつ、さっさとゲームを終わらせる作戦に。

しかし、スギさんも のっちさんもピッタリと張り付いてきて点差が開かず。
akiさんも途中まで張り付いていましたが、途中からドローを強化し、お金チップも集めて勝利点を買いに行く作戦に切り替え、見事勲章類をゲット。

スギさんも途中で島への上陸チップ戦線は脱落し、私は のっちさんと一騎打ち状態。

この戦法を取るプレイヤーが居ると展開が速く、スギさんは切り替えてアクションの準備をしている間にゲームはもう終盤。
結局私が勝利点チップ20点分を早々に達成したため、スギさんはうまく得点まで結びつけることができず。

終わってみれば、1位は私で46点。次に勝利点をコツコツ買い集めていたakiさんが1点差で2位となりました。みんな初めてにしては上手く回していたなぁ~と。やはりドミニオンの経験があれば違いますね。


デッキビルド系ゲームの1つの選択肢として褪せない楽しさのあるゲーム。
島を差し替えることでプレイごとに必要とされる戦略を変えて遊べるのも良いです。

惜しむらくは、なんでしょう?やっぱり華が無いといいますか、カードのみ(一部トークンなどありますが)でプレイするドミニオンの方が華がある気さえします。プレイ感も見た目から想像するよりは地味な感じです。

安定した楽しさはもちろんありますが、突出したものはないため、よく言えば「安心」言葉を悪くすれば「物足りない」感じはします。カードがもっと沢山あれば(拡張が出ていれば)選択肢も増えて違っていたかもしれませんね。

とはいえ、本当に良くできていると思いますので、遊んで損は絶対にないと思います。

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは :-)



調布のあな
次回の「調布のあな」は
8月15日(土)開催となります

詳細&参加表明はコチラ
↓↓↓
http://twipla.jp/events/154272
ただいま紹介期間中です



【調布のあなスケジュール】

・第55回:2015年 8月15日(土)

・第56回:2015年 9月 6日(日)

・第57回:2015年10月11日(日)

・第65回:2016年 4月 9日(土)

・第66回:2016年 5月14日(土)

記事検索
オークション
アクセスカウンター
  • 累計:

RSS
Twitter プロフィール
ギルティギア界のそらい館長であり、「調布のあな」のかんちょーです。今は監査のお仕事…でも人を楽しませる仕事にしか興味アリマセン!カピバラさんには超思い入れアリアリアリーデヴェルチ!最近すっかりボドゲ野郎、あとお酒があれば本望!知り合い及びorそらい館知っているという方はリプライ下さい~フォロー返します