どうでもいい は なし

「調布のあな」のかんちょーこと、川口正志(本名プレイ)がお送りする
「どうでもいい話」or「どうでもいいは無し」
そんな毎日

考察・コラム

たのしい外国人

最近、個人取引にハマっておりまして。
そのお蔭で色々レアなゲームを手に入れられたりしております。

現在、輸送中のものとして、最近のデロンシュブーム?の冴えたる例に挙げられる遺作「コンテナ」とその拡張(拡張はデロンシュ作ではありませんが、基本に増してレアかも)これらが新品(シュリンク品)で2セット。

これまたデロンシュの傑作と名高い「ビッグ・シティ」もシュリンク品があると言うので1つ。

更に、根強い人気を誇るシャハトの「王と枢機卿」も新品があるということなので1つ(未使用ってだけでシュリンクかかっていない可能性高し)

他は、まあ中古でラベンスのアベ・カエサルとか、もう一個 中古の王と枢機卿や、こちらは新品でハンス版のオレゴンのシュリンク品とか。

自分はいったいなにを目指しているのか?というラインナップですねw

ここまでは放出品で、あとは自分のものとしてシャハトの「DON」、クニツィア先生の「アムステルダムの商人」、先日遊んだ「たのしい動物園」それぞれシュリンク品を輸送中です。

日本で手に入らない絶版品でも、シュリンク品(新品未開封)で手に入るのは本当に嬉しい。

さて、そんな個人取引を楽しんでいる昨今で、先日上記にある「たのしい動物園」を購入した際、取引先のドイツ人からこんなメールをいただきました。(やりとりは英語)


▼原文ママ

Forgot something about O zoo le mio
I really like the game, but only with this variant : You get evry round a basic income which is
Basic Income 7-n;n=number of players
Then the game does not have a richer get rich problem

Best Regards



要約すると、

「"O zoo le mio(たのしい動物園)"は、お金を持つプレイヤーが有利過ぎるんで、毎ラウンド7-プレイヤー数の基本収入を得られるバリアント入れるといいよ!」

ってところでしょうか。

取引とは全く関係のない話題かつ、このメールは本当にこの文面だけで送られてきました。
商売っ気なしw

他にも何人かやりとりしましたが、

「旅行中だからちょっと待ってね!今、スゲー楽しいよ!」とか、
「オレ日本語知ってるぜ"ありがとう"だけね」とか、
「日本なんて遠い国から注文が来るなんてワンダフル!」とか

こんな感じで、結構ビジネスライクとは言えない内容がちょこちょこあります。
あと頼まなくても、ちょろっと値引きしてくれたり(嬉)

「一番安いやつサービスであげるよ」とか、
「15%割引してあげるよ」なんてものも
見積お願いしたら微妙に10ドル安くしてくれてたりとか、そんな感じで。

最近のネットショップでの買い物みたいに、カートに入れてボタン押せば2日以内に届くようなデジタルなショッピングではなく、PC介している割には物凄くアナログな取引なのですが、なんだか色々新鮮で楽しいんですよね。

ボードゲームって、もちろんプレイする楽しさもあるんですが、そこで出会う人たちとの盤上を逸した繋がり、やり取りが本当に面白いなと。
そんなことを再認識している今日この頃です。

そんな感じで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは。


今までと、今から(怪しい自己啓発セミナーではありませんw)

「自己啓発セミナーの宣伝をボードゲームコミュニティのイベントにいくつも作るの止めて欲しい」と常日頃より思っていても口に出せない小心者なワタクシです。こんにちは。

さて、怪しいタイトルで始めましたが、なんてことはない、自分がこのボードゲームをプレイするようになったキッカケなどの話と、そのキッカケがゴニョゴニョって話です。

正に「今までと、今から」(笑)

自分が初めてやったボードゲームは「ブラフ」でした。一昨年の震災の少し前ですかね?
これが結構面白く。

今にしてみれば確かに初心者に進めるには良いゲームだったなぁと、さすが大賞作品。
とはいえ、あまり興味が無かったので自分のなかではかなり敷居が高かったのですが、プレイをはじめたら確かにあった心の壁はすんなりと取り払われていました。

それでも、まだドップリというわけではなく、ブラフがいくらするゲームなのか調べたら4,000円もしたので(当時ゲームに4,000円払うなんて考えがサラサラなかったので)以降、頻繁に遊ぶわけではありませんでした。

結局モンハンをかなりプレイしていたのですが、間もなく震災があり、節電の風潮になったためボードゲームをプレイする機会が増えました。

その頃にプレイしていたのは主にドミニオン。定番ですね。今でも拡張ちゃんと買ってます。

それはそれで面白かったのですが、逆にドミニオン以外のゲームにあまり興味が行かないようになりました。
ドミニオンだけあればいいかな~って。

そんな中、出会ったのが「キャメロットを覆う影」で、これを7人フルで遊んでみたところ非常に楽しく、かつ、またこれが勝てないゲームなので非常に悔しくw

その魅力に感銘を受け、もちろん購入と共に他のゲームにも目が行くようになり始め、とうとう「調布のあな」という、ただ「キャメロットを覆う影をやりたい」という想いだけでゲーム会を始めるようになりました。

最近プレイできていないのが残念です。本当に好きなゲーム。7人居たら絶対やりたいゲームw


まあ、ここでひと段落つくわけですが、実は先日「好きなゲームデザイナーは?」と訊かれて、迷わず「シャハト」と答えたのです。

ブラフのボーグでもなく、キャメロットのカタラでもなく、もちろんバッカリーノでもなくw

じゃあなんで「シャハト」なのかと言えば、ゲームをたくさん買うキッカケは間違いなく「王と枢機卿」なんですね。

王と枢機卿に出会うまでは、古典(と言うには新しいですが)には興味が無く、現状手に入るものの中で遊んでいました。要はプレミアがつくような「名作」は興味はあっても「欲しい」というレベルには達していなかったんです。

そんな中、王と枢機卿をプレイし、その面白さにドップリハマりました。初プレイが3人であったのも今にして思えば良かったのだと思います。

クレオパトラの鼻があと数センチ低ければ歴史が変わっていたと言われるように、王と枢機卿の初プレイが4人や5人であったらきっと違う道をたどっていたに違いありませんw

すぐヤフオクで検索し、当時中古品を4700円で落札しました。これがボードゲームとして初の落札。

気が付けば、いま手元のゲームは350個となりました(笑)

ゲームを知ったキッカケは「ブラフ」
ケーム会を開いたキッカケは「キャメロットを覆う影」
ゲームを集めるキッカケは「王と枢機卿」

シャハトも多作なので、良いものも悪い物もありますが、総じてゲーム自体はシンプルで非常に解り易いところが好きです(反して決算が難しかったりしますがw)

で、そのシャハトが一体なんなんだ?ということなんですけども
この「シャハトが好き」発言をしたところ、こんなプレゼントが……

▼?!
DSC_1146.jpg

シャハトのサイン入りコロレットー!
貰ってしまいました(汗)

エッセン行ったんだから自分で貰ってこいよって話なんですが(笑)
そんな余裕も時間も無く、デザイナーさんにサイン貰う作戦をすっかり忘れていました。

本当にありがたく、ただありがたくいただくのみ。
嬉しくもあり、不甲斐なくもありw

次回、エッセンに行く際はちゃんとサイン貰うためにゲームを用意して行きたいと思いますw

そんな感じで、本当に「どうでもいい話」でした。

ではでは
 

 

拝啓 ランドルフ様

毎年2月に開催される「ニュンベルク国際玩具見本市」
こちらにも世界のボードゲームが集まるらしいのですが、今年は「チャオチャオ(ciao,ciao)」の再販について動きがあると聞いてワクワクしていました。

何気なく、そのあたりの情報を漁ろうとGEEKを覗いてみたら、あるじゃないの情報が!

……と言っても、パッケージのみですがw

▼チャオチャオ新版
pic1486828_md.jpg
※BoardGemeGeekより拝借

ロゴからイラストのテイストまでかなり変更されていますが、チャオチャオっぽさは出てますね。

ランドルフ氏もお亡くなりになられていて、版権の問題があるのか?なかなか再販やリメイクといった動きがなく、ここ1年でオークション等、値段が高騰していましたが、パッケージ情報も出てきたのでそろそろ値段も落ち着くでしょうか?

あ、そういえば、「高騰」関連でお正月にちょっと不謹慎になるかもしれない話をしたのを思い出したので、それはまた次の機会に書きたいと思います。(書くんかい!)


あーニュンベルクも行ってみたいけど、その場でゲーム買えないらしいんですよね。
その情報で断念w


そんなこんなで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは


最近、アプリもちょくちょくと

なかなかボードゲームをプレイする時間が確保できないなか、iPadやiPod touch、Androidスマホを利用してボードゲームのアプリをプレイすることも多くなってきました。

最近お気に入りは「サンファン」iPadでプレイしています。
DSC_1092.jpg

プエルトリコもダウンロードしましたが、いくらプレイしても全く勝てず……
DSC_1091.jpg

スマホでプレイも良いですが、やはりiPadのようなタブレット機の方が画面が大きくてプレイアビリティも高く、楽しいです。

結構ダウンロードしたアプリが溜まって来たので、紹介がてら感想など。

■サンファン(iPad)
プレイはサクサク、カードに言語依存がありますが、サンファンをプレイしたことがあれば、英語のテキストで内容が把握できるハズ。解らなくても、建物カードがプレイアブルになるとアイコンが光ったりするので、プレイしているうちにカードの能力が解ります。
CPUが弱いのか、負け知らず。フリークにはCPUは物足りないかも知れません。

■プエルトリコ(iPad)
煩雑な処理がデジタルになるとこうも簡単にサクサクいくのかと実感できるゲーム。
こちらも建物の能力について言語依存が高いですが、並び順がボードゲームのプエルトリコと同じだったりするので、最初見比べてやってもよし。英語も難しくないのでそのままプレイしてもよし。
CPU若干強いです。強いと言うかいやらしい行動を結構とってきます。

■カタン(iPad&Android)
アップルとAndroid両方で出ているのが嬉しい(両方買ってしまいました)
スマホに落とすと画面が小さいのでプレイが若干し難いですが拡大すれば問題ないので慣れのレベル。
CPUの強さは調節できますが、弱いレベルでも3対1(CPU3人がかり)で立ち回られるので非常に厳しい展開になることもしばしば。
理不尽な展開に最近ちょっとプレイ離れ気味w

■カルカソンヌ(Android)
これもアップルとAndroid両方で出ています。とりあえずAndroidのみ購入。
プレイヤーはMAX5人ですが、世界大会仕様の2人プレイが時間つぶしには最適。
残りタイルの確認や、もう埋まる見込みのない場所の表示など親切設計なので、実際にボードゲームをプレイする際とはちょっとプレイ感覚が違ったり(オートでカウンティングしてくれているような感じ)
CPUは非常に弱いので物足りないかも?

■ケルト(iPad)
ちょっと画面が寂しい。元々アートワークで売っているゲームではないので仕方ありませんがw
iPadだと画面サイズを無理やり大きくするため画像が荒くなるのも画面の寂しさを助けているのかも?
CPUが強く、1回も勝てませんw

■ズーロレット(iPad)
画像は可愛いけれど、これもHD版が無いため、iPadだと画像が荒くなるのが残念なところ。
勝利ポイントを溜めると追加要素が購入出来たりと、ちょっとだけオマケ要素があり○
比較的煩雑なプレイ処理が楽なのも○
CPUは強くも無く弱くも無く。勝ったり負けたり良い勝負。

■RA(iPad)
セットアップと得点計算の煩雑さ解消が素晴らしく、サックサクにゲームが進むため1ゲームが非常に短い時間で回すことができます。
言語依存は無ありませんが、ルールについてはタイルの能力や得点方法を理解しておくか、英語の文章を読まないと知らない人には辛いかも?

■ドミニオン(Android)
公式ではなくAndroid専用の「Androminion」が本当に素晴らしい。
無料でしかも日本語化も対応(暗黒時代のみまだ英語)なので、ルールやサプライの能力を知らなくても確認しながらプレイできます。公式に比べると画像が無いため見た目の味気なさはありますが、ゲームのエッセンスはそのままなので問題なし。
更に、別のアプリで「ドミニオンシャッフル」を利用すれば、好きなサプライでプレイすることも可能(暗黒時代は現在未対応)
難を言えば、CPUが非常に弱いことくらい?

■チケット トゥ ライド(iPad)
システム、グラフィック、チュートリアルと非常に手を掛けた作りで、アプリとしては一番出来が良いのでは?
ゲームをやったことが無い人は、ルールブック読むより、このアプリのチュートリアルを遊ぶことをオススメします。もちろん日本語化されています。
エッセンのDays of Wonderのブースでも、このアプリを堂々と展示していましたので、版元としてもかなりの自信作なのかと。
CPUは弱いです。そこだけちょっと残念。

と、こんな感じで、ボードゲームと並行してアプリのダウンロードも着々と増えています。

電車移動中などにもってこいですが、くれぐれも、誰かと会っているときなど、目の前に人がいるのにプレイするような失礼なことはやめましょうw

人と一緒なら、お話したり、ゲームしたり、コミュニケーションを大切に!

そんなこんなで、今日も「どうでもいい話」でした。

ではでは
 

Essen Spiel 2012 四天王

今日は、明日の「第25回 調布のあな」に向けて、主宰としてインストできるように「エッセンの話題作をプレイしておきたい!」というワガママを通すため、突発的に呼びかけたところ、突発にもかかわらず、HTPさん、馬場さん、ひろぴさん、ヒリュウくんの4人の方にお集まりいただきプレイ会を実施出来ました。感謝。

あともうひとつの目的として、勝手にですが今年のエッセン話題作の中でも評判の高い作品「キーフラワー」「テラミスティカ」「ツォルキン」「蟻の国」の4つを四天王と位置づけ、本日はとりあえず未プレイだった「キーフラワー」と「蟻の国」をプレイして、最終的に私的な序列をつけてみようかなと。


結論から言うと、私的には以下のような順位となりました。

1.ツォルキン
2.テラミスティカ
3.蟻の国
4.キーフラワー


ハッキリ言って「ツォルキン」はダントツです。圧倒的に面白い。

DSC_1003.jpg

なにせ手番の行動がシンプル。
ワーカーを置くか、回収するかだけ。
アクションはワーカーを回収する時に発生し、もちろんそのアクション自体は多岐に渡るのですが、それぞれが心地よい分散と収束性を持っているため、アクションの選択肢が多いわりに非常に一貫性のあるまとまったゲームという印象が残ります。

一方で、次点のテラミスティカは、この点で「収束性」より「分散」が際立ち、プレイヤーごとのソロプレイ感がツォルキンより強いと感じます。

945764_1832355235_175large.jpg

ゲームとしての面白さは申し分ないのですが、得点方法も多く1人あたりの手番も長めであるため「みんなでひとつのゲームを遊んでいる」という感覚が薄く、私的には「面白いけど、楽しさは薄い」という位置づけです。
何度もやりたくなるゲームではありますが、ゲームが単純に楽しいからというよりは「三国無双で全キャラクリアしておきたい」といったものと同様の再戦欲でしょうか?


3番目に置きました「蟻の国」は、リソースマネジメントと陣取りを上手く組み合わせた秀作でした。

DSC_1005.jpg

非常にシステムとしては綺麗にまとまっていると思いましたが、ちょっとバランスの面で難しいなと。
と言うのも、ラウンド数(手番)の少なさ、カツカツのリソースマネジメントという2つの「ギリギリ要素」があるがゆえに、初手からかなり戦略を絞って立ち回る必要がある一方で、陣取りの要素で一度計画が阻害されてしまうと軌道修正が非常に難しく、立て直せずに沈む展開になりがちなのではないかと。
実際、半分くらいゲームが終わった時点で「こりゃー勝てないな」と分かってしまう点が残念でした。

ありんこ相撲させて遊んだりしちゃいましたw

DSC_1007.jpg



最後は「キーフラワー」です。

DSC_1008.jpg

これもシステムは独特でうなる部分はあります。確実に。
何がひっかからなったかといえば、方針をある程度決めて立ち回らなければ点数が稼げないゲームであるにもかかわらず、毎季節のタイルはランダム、競りに使うために取得するミープルもランダムという具合にちょっとランダム性が強いかなと。
戦略的な部分と、ランダム性が同居しているといえば聞こえは良いですが、若干バランスがランダム性に傾いている感があり、ゲームのコンセプトとの違和感を覚えました。
まあ、なんといっても、ラウンドが4ラウンドしか無いですから結構このランダム性はキツかったりするのですw


そんな感じで、トレンドと言うか4つ全てのゲームにいえることは「手番が少ないため、まず勝ち筋(戦略)を立てて、ブレないことが大事」ということだと感じるのですが、その「ブレない」をシステム的に素直に実行できるゲームが「ツォルキン」、実行できるがあまりにもプレイヤー(キャラクター)間でバラバラすぎてソロプレイ感が残念なのが「テラミスティカ」、阻害されると立て直しづらく残念なのが「蟻の国」、そもそも方針が立て切れず勝ち筋を狙いにくいのが「キーフラワー」といった感じで、そのまま順位になりました。

あくまで私見なので、楽しさはそれぞれだと思います。
参考程度にしていただければ幸いです。


色々書きましたが、まあ「参考になるかもわからん」ということでw
今日は「どうでもいい話」でしたー

 
調布のあな
次回の「調布のあな」は
8月15日(土)開催となります

詳細&参加表明はコチラ
↓↓↓
http://twipla.jp/events/154272
ただいま紹介期間中です



【調布のあなスケジュール】

・第55回:2015年 8月15日(土)

・第56回:2015年 9月 6日(日)

・第57回:2015年10月11日(日)

・第65回:2016年 4月 9日(土)

・第66回:2016年 5月14日(土)

記事検索
オークション
アクセスカウンター
  • 累計:

Twitter プロフィール
ギルティギア界のそらい館長であり、「調布のあな」のかんちょーです。今は監査のお仕事…でも人を楽しませる仕事にしか興味アリマセン!カピバラさんには超思い入れアリアリアリーデヴェルチ!最近すっかりボドゲ野郎、あとお酒があれば本望!知り合い及びorそらい館知っているという方はリプライ下さい~フォロー返します